《Summer Pockets》 Short Story~在夏日的绚烂之中~三谷良一篇

来自萌娘书库
跳转至: 导航搜索

《Summer Pockets》 Short Story~在夏日的绚烂之中~

三谷良一篇】

ハサマ

译者:书书

日本語 中文

<俺たちは、あの日の続きを…>

 人間、裸で生まれてくる。
 裸であることが自然なはずなのに、なぜ俺たちは裸でいられないんだ?
 なぜこんなにも、裸は怒られるんだ?
 裸になっても……裸の本を買っても……。
 裸に……自由はない。
 今日も俺たちは、アンチ裸派によって、地面に転がされていた。

「……どうするんだ? これからどんな顔して蒼に会えばいいんだ、俺」
「水織先輩に……よりにもよって水織先輩にぃぃぃ!」
「くそっ! 今日のハイドログラディエイター改は、やけに威力がつえーぜ……」
 ある日の午後、俺と羽依里と天善は秘密基地の床でゴロゴロと何度も転がっていた。
 俺はハイドログラディエイター改にやられ、身体に大きな傷を追い、二人はとあるミッションのせいで、心に大きな傷を負っちまった。
「なあ天善……大丈夫か?」
「大丈夫なわけがあるか! 見られたんだぞ! エロ本を買うところを……水織先輩にぃ!!」
「お、おう……」
「だから俺は! おとなしく卓球をしていようと言ったんだ!」
「いや、言ってなかったろ……。ノリノリでエロ本の話に食いついてきたろ」
「くあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~! きえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ~~~~~~!」
 ……おっかねぇ。
「羽依里、お前は別に平気だろ?」
「平気じゃない!」
「何でだよ? 別に買うところ見られたわけじゃないだろ?」
「あの時……お前、蒼になんて言ったか覚えてるか?」
「ん? ああ、エロ本買おうとして、蒼が邪魔だから外に連れ出したときな? なんて言ったっけかな?」
「じゃあ、教えてやるよ」
「おー、頼むー」
「お前は『羽依里が蒼に大事な話があるって言ってた』『あいつすげぇ本気だった』って蒼に言ったんだ」
「あー! 言った言った! で、あれどうなったんだよ?」
「あの後からすげぇ微妙な空気になったよ! 会うたびギクシャクするんだよ!」
「マジか……」
 そう、俺たちが心に傷を負ったミッションとは、夏のとある日に起きた『駄菓子屋でエロ本を買う』というミッションだ。
 三人で力を合わせて、エロ本を買うために奮闘した。
 裸の本を求めて、汗と友情が入り混じる、熱い一日だった。
 エロ本は手に入った。
 けど、それを得るためにそれぞれが犠牲にしたものは、あまりにでかかったようだ。
 なにせ、それを手に入れても、俺以外誰も読んでいない。
 それほど、心に傷を負ったんだ。
「俺は……どうすれば……」
「くっ……水織先輩」
 見てられねーな。
 ……ま、しょうがねー。
「なあ、二人とも。お前らの代わりに俺が一肌脱いできてやるよ!」
 友達が苦しんでんだ、俺が何とかしなきゃな。
「マジでやめて」
「良一、余計なことはするな……」
「え?」
 羽依里も天善も、真顔でこっちを見てる。
 ……ギャグで言ってんじゃねーのか?
「誰のせいでこうなったと思ってる?」
「……俺のせいか?」
「ああ、そうだ」
「ってことは、俺が責任をもって、これを解決しなきゃってことだよな?」
「お前ポジティブだな」
「まあ、任せとけって!」
「いや、これ以上ややっこしくしないでくれ」
「大丈夫だって、任せろ任せろ」
「……」
 羽依里が疲れたような顔をして、俺の顔を見てくる。
「一応聞くけど、どうやって解決するんだよ?」
「裸の心で、全部言うんだよ」
「心意気じゃなくて、具体的に」
「ああ。まあホントに全部言うだけだ。俺がエロ本買おうって言い出して、蒼に見られんのが恥ずかしかったから、俺が勝手に呼び出したって」
「うーん……」
「これなら、俺が勝手にしでかしたってことで、羽依里が変なことを言ったことにはならないだろ?」
 っていうかまあ、俺が勝手にしでかしたのは事実だけど。
「俺はよ。いつまでも落ち込んでて欲しくねーんだよ。羽依里は夏の間しかいないのに、こんな所でダラダラしてたらもったいないだろ?」
「……」
「俺に任せてくれねーか?」
「それならまあ……。わかった……任せる」
「おう! 任せとけって!」
 羽依里は俺に向けて、手を差し出した。
 俺はそれをギュッとつかんで、上下に振る。
「任せた!」
「ああ!」
「俺も任せたぞ!」
 なぜか天善も握手に混ざってる。
「お前はなんだよ……?」
「俺も、お前がしでかしたことにしてほしい!」
「お前のは、普通にお前が悪いだろ?」
「そうだろうか?」
「そうだろ……」
「じゃあ、事実じゃなくてもいい。お前のせいだということにしてくれ」
「お前すげぇな……」
「頼む!! 頼む!! 頼む!!」
「……わかったよ。何とかしてやるよ」
「本当か!?」
「ああ、そのかわりよ。夏の間は三人で思いっきり遊ぶって約束しろよな!」
「ふっ……それはどうかな? もしこのまま水織先輩とうまくいくことになれば……男と遊んでいる暇などなくなるからな」
「何でこの状況から、そんな未来が見えんだよ……」
 まあ、こいつはそういう前向きな奴だ。
「んじゃ二人とも、ちょっと行ってくる」
「おお、任せた!」
「頼む!」


 つーわけで、俺は駄菓子屋に行くことにした。
 途中でのみきに撃たれないように、今日は服も着ている。
 と、そんなことを考えながら歩いている時だった。
「あら、三谷くん」
「お、水織先輩じゃないっスか。ちぃーっす」
 駄菓子屋で、羽依里と蒼との話を解決する前に、水織先輩に遭遇した。
 ちょうどいい、こっちを先に解決しておくか。
 天善の喜ぶ姿が目に浮かぶぜ。
「はい、ちぃーっす。ふふっ♪ 三谷くんは今日も元気ね」
「うっす、今日は一回しか撃たれてないんで、元気があり余ってますよ!」
「あら、そういえば今日は服を着てるのね?」
「ちょっと今日は事情がありまして。あ、服着てるからって幻滅しないでくださいよ?」
「三谷くんは独自の価値基準に生きているのね」
 いつもニコニコしてるから、正直判断できないけど、水織先輩の機嫌は悪そうじゃない。
 んじゃあこのまま、あの話に持っていくか。
「まあ、俺は元気なんですけど……ちょっと天善が元気なくて」
「加納くんが? 卓球で負けちゃった……とか?」
「ああ、それは結構あるんで大丈夫っす。そうじゃなくて、水織先輩に見られた件です」
「……?」
「えっと、この前……駄菓子屋でおっぱいだらけのちょっとエッチな本を、買おうとしてたとこ、水織先輩に見られたって……」
「あっ。そういえば、そんなことがあったわね」
 意外なことに水織先輩は笑ってる。
 清純で、下ネタとか苦手だとばっかり思ってたけど、それほど気にしてないみたいだな。
 じゃあ、このまま続けるか。
「あいつ、それで落ち込んじゃって」
「ふふっ♪ もう、そんなことで落ち込んでたのね?」
「いや、男としては落ち込むんすよ……」
「別にいいのに。健全な男の子なら、おっぱいに興味を持つのは当たり前でしょ?」
「うお? 水織先輩、そういうの、寛大な感じなんすか?」
「ええ、おっぱいを見たいとか、おっぱいを触りたいとか、おっぱいの本が欲しいとか、おっぱいに包まれたいとか、いつでも、いつまでもおっぱいでありたいとか、それは自然な感情だと思うわ」
「マジっすか!?」
「だから、落ち込まないでって伝えておいて。そしてあなたは、立派におっぱいよ……って」
「わかりました!」
 一つ目のミッションは、思ったよりも簡単に片が付いた。
 つーか、結局天善が一人で恥ずかしがってるだけで、水織先輩は何も思ってなかった。
 裸で向き合ってりゃ、そんなこともなかっただろうに……やっぱり服着てる奴は、自分を守ろうとする奴は軟弱だな。
「そっか……加納くんも、ついにおっぱいに目覚めたのね」
「ん? ああ、あいつは昔から巨乳好きですよ?」
「――!? そ、そうだったの? 先天性のおっぱい好き……それを隠しながら生きていたのね」
「そうっすね! あいつ昔、船から落ちた巨乳の本を追って、嵐の海に飛び込んだことがあるんすよ」
「そんな行動ができるのに、今までおっぱい好きを隠してたなんて……尊敬するわ」
「まあ、そういうのは隠したいもんですよね」
「確かに……おっぱいは、服の下に隠してこその美しさというのはあると思うわ」
「ちなみに俺は、服とかいらない感じですけどね!」
「あら、やんちゃなおっぱいね♪」
 なんか、うんうん頷いてる。
 っていうか水織先輩、こんなにエロいことを話せる人だったなんて!
 っし! このまま続けて、天善のアピールをしといてやるか!
「あ、でも最近、あいつは足の良さも気づいたらしくですね」
「……あ、あし?」
「はい! なんつーか、胸だけで人を判断するのはよくない……的な?」
「……」
「くびれとかお尻とか、その辺りからのラインの美しさが好きみたいっすね」
「くびれ……? お、おしり……?」
「でもわかるんすよね。男ならそういうのにも興味出てきちゃうんすよね。なんつーんすか? アスリート体系みたいな!」
「~~~~~~~~~!」
「あれ?」
 水織先輩が、真っ赤になった。
 ちょっと待て……さっきのおっぱいの時と、反応が全然違うんだけど。
「あの……水織先輩?」
「は、破廉恥よ……。加納くんも、三谷くんも」
「うぇっ!? いや……えっと?」
「エ、エッチすぎるわ……! いやらし過ぎよ!」
「待ってください! 健全な男の子ならって言ってたじゃないっすか」
「くびれや、あしや、お、おしりは……不健全よ!」





「基準がわかんねー!?」
 なんかよくわかんないけど……とんでもない地雷を踏んじまったようだ。
 怒ってて、それで恥ずかしがってて、今まで見たことないような顔をしてる。
「三谷くん……」
「はい……」
「そういう本は……処分した方がいいと思うわ」
 真顔だ。
「いや! 何言ってんすか! 一つ一つに思い出が詰まってるんですよ!」
「でも……いけないと思うの……。今からそんなことに興味持っていたら……いつか身を亡ぼすわ!」
 ……本気で心配してくれてる顔だ。
 いやまあ、いい悪いで言えば、そんな本を持ってんのはよくないだろ。
 けどさ、こっちはそれをわかったうえで、買ってんだ……。
 俺たちの熱い思いを聞けば、水織先輩だってわかってくれるはずだ。
 なにせ、おっぱいのことに関しては、健全だって言ってくれた。熱く語れば、他の良さだってわかってくれるはずだ!
「水織先輩!」
「な、なに?」
「ちょっと、俺の……俺たちの話を聞いてもらえますか?」
「え、ええ……」
 俺は、足やくびれ……そういう本のすばらしさを、熱く語った。


「いやらしすぎよ~~~~~~~~~!」
「水織せんぱぁぁぁぁぁぁ~~~いっ!」
 水織先輩は半泣きになりながら逃げて行ってしまった。
「……ダメだったか」
 よく考えてみれば、女性相手に、何でエロ本の話をしてるんだ……。
「はぁ……途中まではうまくいってたのになぁ」
 むしろ何で、おっぱいのところまでは平気だったんだ……。
 考えても仕方ねーか。
「しゃーねえ。とりあえず、蒼のところに行くかな」
 天善と水織先輩の問題は後回しにして、いったん羽依里と蒼だな。
 俺はそのまま、駄菓子屋へと向かった。


「あ、良一」
「よ。今日もあちーな」
「そうね。にしても、今日はあんまり悲鳴が聞こえないと思ったら、服着てたんだ?」
「ああ、今日はちょっと色々あってな」
 そんな会話をしていると、蒼は手で髪をとかしたり、目だけでキョロキョロと辺りに視線を向けたりしている。
「えっと、今日は羽依里は一緒じゃないの?」
「ああ。俺だけだ」
「なんだ……」
 そう言いながら、髪をとかすのをやめた。
「あいつらは秘密基地にいんだよ」
「そう。……えっと、羽依里も?」
「おう! なんか今日はダラダラしてるけどな」
「そ、そっか……。ダラダラしてるんだ?」
 蒼はそう言うと、俺から軽く視線を外して言葉をつづけた。
「せ、せっかく島に遊びに来てるのに、ダラダラなんてもったいないわよね?」
「ああ、だよな。俺も言ったんだけどよ」
「だったら、あたしが遊びに誘ってあげて、島の案内とかしてあげた方がいいわよね?」
「お? おお……」
「ダラダラしてるよりは、いいと思うんだけど」
「まあ……そうだな」
「あたしが案内するんだもん、絶対喜ぶわよね! よ、喜ぶわよね? うん……喜んでほしいなぁ」
「……」
 蒼の表情が、コロコロ変わってる……。
「えっとさ……この前、急にあたしを呼び出した話って、何だったんだろう? あいつとあれ以降……あんまりちゃんと話せてないのよね」
「そ、そっか……」
「ねえ? なんか聞いてない?」
「あー……そ、そうだな」
 蒼が、エロネタもはさまずに終始しおらしい。
 羽依里の奴、あの日以降、ずっとこんな蒼に振り回されてんのか……。
 こいつはマジで俺が何とかしてやんねーと、こんな時の蒼は何を言っても勘違いに向かって一直線。
 しかも、かなり本気だから厄介だ……。
 俺は、一度こいつを落ち着かせるために、駄菓子屋前のベンチに座った。
「羽依里が何か言ってたか……だよな?」
「う、うん……あいつの言ってた本気の話ね……」
「いや、ドキドキするのやめろ」
「し、してないわよ!!」
 声が上ずってるじゃねーか。
「はぁ……」
 こいつに勘違いさせたことと、エロ本を買おうとしたこと。その二つを今から打ち明けることになる。
 少し胃がいてーけど……まあ仕方ねー。
「んで、この前の話な。まず、最初に謝っておく。……悪い!」
「な、なによ?」
「えっとな、あの時は……実は俺たちはエロ本を買いに行ったんだよ」
「え? どういうこと」
「そういうことだ。で、買ったところ見られると恥ずかしいから、お前を呼び出してその隙に買おうとしたんだ」
「はぁっ!?」
「それであんな嘘をついて、お前を呼び出したんだよ! 悪い!」
「なるほどね。はぁ……そういうことだったの」
 肩を落として、がっくりしている。
 ……悪いこと言っちまったかな。
「はぁ……あはは、まあそんなことじゃないかと思ってたわ……」
「お、おう、なんかわりーな」
「それじゃあ、あいつは別に、あたしにその……本気の話があったわけじゃ……」
「ないな。俺の嘘だし……」
「そっか……」
 ものすごい落ち込み方だ。
「えーっと、改めて悪かった。……んじゃ帰るな」
「はーい。……って、何も買ってかないの?」
「おお、この話をしに来ただけだからな」
「え? なんでわざわざ?」
「羽依里に頼まれたんだよ。蒼とギクシャクしてるから、ちょっと取り持ってくれって」
「そうなんだ……ふーん」
 気のない感じをさせつつも、なんかちょっと嬉しそうだ。
「やっぱお前がいつもと違うの、結構気にしてるみたいだぜ」
「そ、そっか……。気にかけてくれてるんだ……」
「おう! いつもの蒼と一緒にいる羽依里は、楽しそうだからな!」
「ん……そっか。あいつ……いつものあたしといると、楽しそうなんだ……?」
「おう! 落ち込んでたら、あいつも悲しむぜ!」
「そ、そうなの?」
「間違いないぜ!」
「そっか……そうよね! 何勝手に勘違いして、勝手に落ち込んでるんだろ?」
 蒼はいつもみたいに、晴れやかな笑顔を俺に向ける。
 いや、きっとこれは俺に向けてじゃない。
「いつものあたしに戻ってるから、変に気なんて使わないで、駄菓子屋に来てってあいつに伝えといて♪」
「おう!」
 そうして俺は駄菓子屋を後にした。


「たっだいまー!」
「む、帰ったか? 水織先輩はなんと言っていた!?」
「蒼はどうなったんだ?」
「おお、落ち着け二人とも。今話してやるからよ」
 俺たち三人は、秘密基地のゴザの上に、円になって座る。
 天善も羽依里も、不安げに俺を見てそわそわしていた。
「さて、まずはどっちだ?」
「では、俺からいいだろうか?」
「オーケー、水織先輩の件だな」
「ああ……頼む!」
 天善がつばを飲み込む音が聞こえる。
「まあ、半分くらい成功したかもな」
「半分? 半分とはなんだ?」
「なんつーか……半分は絶賛されたんだ!」
「よくわからん……」
 とりあえず、順を追って説明することにした。
「おまえが『おっぱいだらけの本を買うところを、水織先輩に見られてショックを受けてる』って話をしたんだ」
「なっ!? それでは俺が、異常に胸が好きな人間みたいではないか!!」
「それはあってるだろ」
「だが、水織先輩にそれを知られたということだろう!?」
「いや、それがびっくりすることに受け入れられてよ。『おっぱいに興味持つのは健全よ』みたいなこと言ってた」
「な……っ!? そんなことを?」
「まあ、静久だからな」
「なんなんだあの人は……聖母か?」
「いや、あいつはただのおっぱいだ」
「貴様ぁっ! 水織先輩をただのおっぱいとは、何を言う!」
「いや、実際そうだから……」
「しかし……そうか。そんな様子だったか。良一、ありがとう」
「いやいや。んで、話には続きがあってよ」
「なに……?」
 安心しきっていた天善の顔が、こっちに向けられる。
「天善は昔から巨乳が好きって言ったら、すげぇ感心してくれてよ」
「そ、そうか! 感心してくれたのか!」
 いつもの天善からは、考えられないくらいの笑顔だ。
「おお! んで! 最近は足とかくびれとかお尻にも興味持ってきたって話をしたんだ」
「なるほど!」
「そしたらもう、顔を真っ赤にしてさ!」
「ああ!」
「すっげぇ幻滅された!」
「……なっ!?」
「加納くんも三谷くんも、エッチすぎるわー! とか言われてよ!」
「おい!」
「でもおっぱいの話の時は、すげぇ寛容だったし、こりゃ足やくびれやお尻も、その魅力を語ればいけるんじゃないかと思って熱く語ってみたんだけどよ!」
「嫌な未来が待っている気しかしない!」
「そしたら走って逃げるほどひかれちまったよ!」
「おお! おおおおおおおおおおおおおおおおお!」
「ごめんな!」
「きえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!」
「何なんだよその叫び……」
 聞いたことない種類の雄たけびだ。
 勢いのまま喋り続ければ、押し切れんじゃねーかと思ったけど……さすがに無理か。
「貴様! 半分成功したと言っていなかったか!?」
「いや、前半のおっぱいに関しては予想以上に成功だったろ?」
「後半で全てを失っているだろ!」
 まあ、そういうとり方もできるな……。
「しかし! 何故だ! 何故そんなにひかれてしまったんだ! 途中までいい感じだったんだろ!?」
「だなぁ」
「良一も天善も勘違いするな。静久はエロに寛容なんじゃない……むしろそういう話題は苦手な方だぞ?」
「じゃあ、何で前半はよかったんだよ」
「さっきも言ったけど、静久がおっぱいだからだ。エロに寛容なんじゃない、おっぱいに前のめりなだけなんだ」
「なに言ってるかわかんねーよ……」
「俺もだけど、事実そうなんだ」
「俺はこれから……どうすれば。水織先輩に、嫌われてしまった……」
 天善が卓球台に突っ伏して泣き始めた。
 初めから別に、そんな好かれてるわけでもないだろうに……何でここまで落ち込めるんだよ。
 今こいつに、何を言ってもダメだろう。
「んじゃ、次は羽依里の番だな」
「あ、ああ。天善見てると、嫌な予感しかしないけど」
「そんなことねーよ。こっちはいい感じにまとまった」
「そっか、じゃあよかった」
「おう! 蒼も『そっか。あいつ……いつものあたしといると、楽しそうなんだ』みたいなこと言ってたし、次からはいつもの蒼で来ると思うぜ!」
「え? ……ちょっと待って」
「こっちに関しては、ちゃんと誤解もなくなったから、安心してくれ」
「いや、あの……蒼、そんなこと言ってんの?」
「おう! 勘違いとかじゃなくて、そんな感じになったぜ!」
「意識しちゃうから!」
「ん? 何でだよ?」
「女の子にそんな気持ちがあるってこと知られたら、男子校出身は意識しちゃう!」
「いや、友達同士だったら言うだろ? ……まあ、もしかしたらお互い違うのかも知んねーけど」
「意識しちゃうから後半を言わないで」
 シティボーイは繊細だ。
「大丈夫だって、向こうが普通に接してきたら、こっちもそんな意識しねーよ」
「……そう、なのか?」
「行ってみるか、駄菓子屋に!」
「わかった」


 俺は、羽依里を連れて再び駄菓子屋にやってきた。
「ん、良一、あんたまた来たの? ああ、羽依里も一緒か」
「ああ、ちょっと買い物にさ」
「はいはい、今日は何買うの? またエロを求めてきたの?」
「いや! ちがっ――」
 と、そこまで言った羽依里の口をふさぐ。
「(なにすんだ?)」
「(いや、もう蒼からエロ本買っちまえよ。そのぐらいの晒した方が、友達としてうまくいくんじゃねーか?)」
「(ま、まあ……言われてみれば)」
 羽依里の口から手を離す。
 すると、決意を固めたように蒼の方を向き直った。
「ああ、今日はエロを求めてきたんだ」
「そうなんだよ。こいつ、急に欲しがってよー」
「あはは、それじゃああたし求められちゃってるかー」
「え?」
「ほら、あたしとあんたが一緒にいると、エロちゃうわーってよく叫ぶし」
「あ、そっか。そうだな」
「ちょっと、ネタの説明させないでよね」
「悪い」
「ま、いいけど……」
 平静を保ちつつ、なんかすげぇ意識してるように見える。
「ちょっと別のこと考えててさ」
「別のこと?」
「駄菓子屋で蒼がエロってさ、あのハプニング思い出してさ。確かにあれを考えれば蒼をエロととれなくないって」
「あ……。そ、そうね。そういうのもあったわね」
「だな」
「っていうかあれ、あんたの中ではエロって認識に入るんだ」
「いや、それはまあ……そうかな」
「ふ、ふ~ん……」
 蒼が恥ずかしそうにうつむいた。
「……エ、エロちゃうわー」
「あはは……だよなー」
「そこは……使い方が違う、とかでしょ」
「ああ、そうだな」
「そうよ……」
「…………」
「…………」
 ……二人とも黙った。
 すげぇ意識し合ってんじゃねーか。
 っていうか。
「お前ら二人……俺の知らないところで何があったんだよ?」
「「な、何もないけどっ!?」」
 何もない奴らのセリフじゃねー。


 その後、俺たちはまた秘密基地に戻ってきた。
 天善は……まだ泣いていた。
「お前、いつまでそうしてんだよ?」
「お前が、水織先輩との仲を取り持ってくれるまでだ。それまで俺はここを動かん!」
「人任せなわりに決意がかてーな」
「鷹原の方はどうだった?」
「いや……まあ」
「なんだその返事は?」
「こいつは、より一層意識し合うことになった」
「そうか……。大変そうだな」
 二人はため息をついている。
 ……まあ、俺のせいでもあるし、最後まで力になってやらねーとな。
 けど、俺の力じゃどうしようもねーのが現実だ。
 そこをどうするかだ。
「あ……っ!」
 そうだ! あいつらの手を借りよう!


「どうした? こんなところに呼び出して」
「むぎゅ。何かあったんですか?」
「よう、二人とも。よく来てくれたな?」
 俺は、のみきと紬をこの秘密基地に呼び出した。
「……なぜ二人がここにいるんだ?」
「呼ばれたから来ただけだ」
「そですね。れんこ―されました」
「良一、一体どういうことだ?」
「おお! いやなに、ちょっと考えたんだよ。俺の実力じゃ、この状況をどうにかすることはできないってな」
「満場一致でそうだろうな」
「だからよ、誰かに力を借りようと思って、この二人に声をかけたんだ」
「かけられました!」
「あのさ、何でのみきと紬さんなんだ?」
「蒼と水織先輩の親友だろ? あの二人のことを相談するには、ちょうどいいと思ってさ」
「……意外と考えてるんだな」
「しかし、俺たちがエロ本を買ったところを、この二人にも知られるんだぞ?」
「それはまあ、しょうがねーだろ?」
「大丈夫だって、二人とも案外心は広いからな。許してくれんだろ」
「いや、単純に恥ずかしいんだが……」
 というわけで、俺たちはのみきと紬に相談をすることにした。
 まずはあの時の状況を事細かに説明する。
「というわけで、エロ本を買おうとしたことが原因で、こんなことになったんだよ」
「はぁ……」
 紬の気のない返事だ。
「……はぁ」
 のみきのため息だ。
「ちょっと引いてます」
「私は呆れている……」
「話が違う……。明らかに俺たちの株は下がっている」
 まあ、犠牲はつきものだ。
「というわけで、手を貸してくれねーか?」
「わかった……島民の関係がこじれていては困るからな」
「わかりました。シズクが恥ずかしがって、島に来なくなってしまってもいやですから」
「おう! 助かるぜ」
「裸の男とちびっ子二人か……」
「……不安だな」


「蒼、話がある」
「こんにちはです、アオさん」
「のみきと紬? と、また良一……」
「おう、何度も悪ぃな!」
 のみきによると、羽依里を連れてくると話がややこしくなりそうとのことで、俺たち三人だけで来ている。
「お前また、鷹原相手に食い気味のチョロさを発揮したらしいな?」
「なによ、食い気味のチョロさって?」
「お前が鷹原相手によくやっているだろう? 彼が意図してないのに、勝手にチョロさを発揮して、勝手に落ちていく状態だ」
「なってないわよ! 今までだって一回もそんなことないし、落ちてもないし!」
「アオさん。お言葉ですが、タカハラさんの前だととてもよくなっていますよ?」
「え……うそ?」
「むじかくですか」
「これは危険だな。正直、お前の鷹原に対してのチョロさに、私は少し引いているレベルだ」
「引いてっ!? え? 親友にすごいカミングアウトされた!」
「みなさん、けっこー心配しています」
「そうだぜ! 羽依里がいい奴だからいいけどよ」
「ちょ、ちょっと、大げさじゃない? あたし、そんな変なことしてる?」
「お前な……そのチョロさ、羽依里が男子校出身じゃなかったら、どうなってると思うんだよ?」
「それは――」





 のみきと紬と俺の説教は、その後2時間くらい続いた……。
 まあ、説教というより、蒼が自覚していない部分を自覚させたというか……。
 そんな感じでひたすら蒼に話をした。
 そして……。
「いいか、もし今後、鷹原がお前からエッチな本を買おうとしても、それは別に気があるわけじゃない」
「で、でも……もしその表紙があたしそっくりだったら……それはやっぱり!」
「アオさんそっくりの本ですか、それはすごいぐーぜんですね!」
「ああ、紬の言う通りたまたまだ。そもそも、好きな女の子そっくりのエッチな本を、その子から買うなんていうアプローチの仕方はない。あったとしても、そんな男はやめておけ」
「それ以前にお前、自分そっくりのエロ本買われて、どんな気持ちになるんだ?」
「え……? あ、あたしのこと、そういう面でも意識してくれてるのかな……って」
「お前スゲーな!」
 二時間かけてわかったことは、こいつに何を言っても無駄だってことだけだった。
 乙女っぽい思考と、エロい思考が見事に混ざって、どうにもならねー……。
 こうなると、ホントに一直線だ。少しでも客観的に自分を見れりゃいいんだけどな。
「ん……そうか……」
 蒼に、自分の姿でも見せてやれりゃいいんだ。
「なあ、三人とも……。ちょっと相談があるんだ」
「え? 何よ……急に?」
「実はよ……この前、天善に『羽依里が良一に大事な話があるって言ってたぞ』って言われたんだ」
 俺の作戦はこうだ。
 俺が蒼に言ったことの登場人物を変え、さらに俺は蒼のような反応をして、どれだけバカな反応をしているか見せるというもんだ。
「な、なんかあいつ、すげぇ本気らしくてよ……。何の話だと思う?」
 まるで俺が、羽依里に気があるように恥ずかしそうに言ってみる。
「き、禁断の関係というやつか……」
 のみきがのって来やがった!
「流されてくるゴミの中に、時々そのような本を見ることがあります」
 そういうことじゃねー!
「あいつ……あたしだけじゃなくて良一にもそういう感情持ってるってこと!? なに? 二股!?」
 あれー……?
「ちげー! ちげー! ちげー! 何でそうなるんだよ!?」
「良一、本気には本気で答えてやらねばならないだろう?」
「やらねーよ!?」
「そですね。タカハラさんもミタニさんもいい方なので、応援します!」
「いらねーよ!」
「そっか……そういうことか。なんか色々スッキリした気がするわ……」
「なに納得してんだお前!」
「夏休み中、あいつ……あた――女の子になんて目もくれず、ずっと良一たちと遊んでたもんね」
「おおおおおおおおおおおおおおおおお! ちげぇのに状況証拠が揃っていく!」
 予定と全然ちがう展開になってんぞ!?
「そっか……もう、あた――女の子には興味ないんだ……」
「そういうことだろう。だから鷹原に会っても取り乱すな、蒼。わかったな?」
「うん!」


「ナイスパスだ良一。まさかこんな方法で納得させるとはな」
「ちげーよ! そんなパス出してねーよ! どうしてくれんだおい!?」
 灯台に向かいながら、俺たちはそんな会話をしていた。
「ちがったのか?」
「全然ちげーよ! 俺は蒼がどれだけ羽依里にチョロいか、客観的に見せてやろうと思ったんだよ!」
「なるほど……そうだったのか。だが蒼も納得したし今更だな、下手に刺激するとぶり返すだろうから、そっとしておいてやろう」
「うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉ! マジかぁぁぁぁぁーーー!」
 のみきの言うことはわかる。
 このまま放っておくのが蒼にとっても、羽依里にとってもいいだろう。
 ……。
 ……いいのか!?
「では次は、シズクとカノーさんですね」
「そうだな。正直私は、水織先輩を説得できる気がしない。きっかけはこちらで作るが、説得は任せていいか?」
「俺もしばらく、立ち直れそうにねー……。任せるぜ……」
「おまかせください!」
 そんなことを言いながら三人で歩いて、灯台に辿り着く。
 水織先輩なら、ここで紬を待っているだろうとやってきた。
「シズクー! やっぱりここにいましたか」
「紬、今日はどこに行ってたの?」
「すみません。ミタニさんに呼ばれて、秘密基地と駄菓子屋さんに行っていました」
「あ……三谷くんに美希ちゃんも」
「あ、どもっす」
「え、ええ……こんにちは……」
 やっぱり、ものすごくよそよそしい。
「紬……その、変なことされなかった?」
「し、してないっスよ!」
「シズク、変なこととは、どんなことでしょう?」
「それはその……足を……。す、すごく見られたり……」
「足を見られるのは、変なことなんですか?」
「そ、そんなの……私の口からは言えないわっ!」
 やっぱり基準がわかんねー……。
「水織先輩、ちょっといいだろうか?」
「どうしたの?」v 「その……天善のエッチな本の件なんだが」
「え? そ、そういう話は……私、苦手で……」
「それはわかるのだが、まあ聞いてほしい。そういうことに興味を持つ男子を、許してやってほしい」
「で、でも……不健全だわ! おっぱいの本だけあれば――」
「シズク、聞いてください」
「……?」
「人はおっぱいのみに生きるにあらずです」
「人はおっぱいのみに生きるにあらず!?」
 なんだその諺(ことわざ)!?
「くびれやあしも、必要としている人がいるんです」
「そう……そうなのね。悲しいけれど、それが現実なのね……」
 ……なんか納得してるな。
「でもそれは、彼らにはまだ早いと思うの……健全じゃないわ。おっぱいは赤ちゃんの頃から必要でしょう? でもあしやくびれは、必要にならないわ」
「むぎゅ……そういうものですか……。それは…………いけませんね」
 すげー速さで説得された。
「負けんな紬!」
「はい! ここからです!」
 紬が気合を入れて、もう一度、水織先輩に向き直る。
「シズク……おっぱいではないエッチな本を、カノーさんやタカハラさん、ミタニさんが見ていたとしても、許してあげてほしいんです」
「ダメよ?」
「シズクの心は、おっぱいのように柔らかく……なんでも受け止められるはずです。シズクの心は、そのおっぱいのように大きいはずです」
「私の心が……おっぱい……!」
 その言葉に、水織先輩は柔らかく微笑み、コクリとうなづき。
「おっぱいのような私の心は、おっぱい以外は許さないわ」
 やっぱり断った。
「……ばんさくがつきました」
「二個しかなかったじゃねーか。万もねーよ」
「万策は『できる限りの手立て』という意味だ」
 はー。勉強になるな。
 でも、このままじゃ何も解決せずに終わっちまう。
 仕方ねー……あんまりこの手は使いたくなかったが、天善のためだ。
 男っていうのは、その程度のエロはまだまだ序の口で、天善がどれだけ普通の位置にいるか教えてやる。
「水織先輩、あしやくびれなんて大したことないっスよ」
「そんなことないわ……とてもエッチよ」
「いやいや、普通の男はもっと、やばい感じのエロに興味があったりするんですって」
「や、やばい感じ……? し、舌を絡めるキス……とか?」
「全然そんなんじゃなくて、例えばですが……」
 俺は軽めに自分の性癖を言ってみる。
「俺なんかは妹モノが好きだったりするんスよ」
「年下の女の子が好きってこと?」
「そうじゃなくて、自分を慕ってくる妹とか、ツンツンした妹とか……まあ妹っすよ」
「そ、そういうのもあるのね」
 そんなことを言っていると。
「良一、お前……本気で言ってるのか?」
「ん? あ、ああ」
 のみきが、ものすげぇ引いていた。
「美希ちゃん……どうしたの?」
「い、いや……こいつ……その……。実際に妹がいるんで」
「あら、そうなのね。……――えっ!?」
「ちょっと二人とも! なんすかその反応!? 現実とエロ本の区別くらいついてますよ!」
「むぎゅ? どういうことです?」
「すごく危険ということだ! 下がれ紬!」
「おおおお!? 危険じゃねーよ!?」
「そうね、危険なのは妹さんの方ね」
「そっちも危険じゃねーーーーーー!! 俺が好きなのは妹モノであって、妹じゃねー!」
「よくわかりませんね」
「パリングルスのバーベキュー味は好きだけど、本物のバーベキューはそんなに好きじゃねーみたいなもんだ!」
「あー……」
 よくわかってない顔をしてやがる!
「……よくわかりません」
 案の定だ!
「なあ水織先輩。こいつ危険思想に比べれば、あしやくびれなんて大したことないだろう?」
「そ、そうね。ただ女の人の体の部位に興奮しているだけだものね」
「ああ、そういうことだ」
「男はみんな、そういうものを持ってるんスよ。人に言えない……秘密のエロへの趣向を」
「だからシズク、みなさんを許してあげましょう?」
「ん……」
 水織先輩は柔らかく笑いながら、ゆっくりと頷いた。
「そうね……そういうのを持っているのが普通なのね」
「きっと、そです」
「だったらきっと、加納くんも、パイリくんも……すごく普通の男の子ってことなのね」
「ああ、その通りだ!」
「許してあげましょう!」
「ええ!」
「うおぉぉぉぉぉ! ナチュラルに俺の名前が入ってねーーーーーー!」


 辺りはもう、真っ暗になっていた。
「良一、ナイスパスだったぞ!」
「ん? 何がだ」
「妹モノと答えたところだ。あの嘘のおかげで、説得がしやすくなった」
「いや、別に嘘とかついてねーけど」
「ん、そうか。――そうなのか!?」
 のみきがハイドログラディエイター改を構えた。
「いや、だから、妹と妹モノは別だぞ!? 分別ついてるからな」
 まあそんな感じで途中までのみきと一緒に、俺は家へと帰っていった。
「あいつらへの報告は、明日でいいか……」


 翌日、俺は秘密基地で、羽依里と蒼のギクシャクも終わらせ、天善と水織先輩の悩みも解消した報告をした。
 というわけで、俺たちは早速、エロい本を買いに行くことにしたんだ。
「ほら! 行くぜ羽依里!」
「いや、蒼がいるだろ!」
「大丈夫だって、話はつけてあんだからよ!」
「だからって、わざわざいる時に買うようなもんじゃないだろ!」
「おい蒼! 羽依里がこれ欲しいってよ!」
「やめて!」
「はーい、800万円ね」
「……あ、ああ」
 何を恥ずかしがってんだこいつは?
「ほら天善も買えよ?」
「ああ、わかった。俺は卓球以外に心を乱されることはない。蒼からも躊躇なく買うぞ!」
 そう言った時だった。
「こんにちはー」
「あ、水織先輩。いらっしゃいませ!」
「な……に?」
「あら、加納くん。それに三谷くんとパイリくんも」
「水織先輩! ご、ご機嫌うるわしゅーございます!」
「ええっ♪ あら……加納くん、エッチな本を買うのね?」
「あ、いえ! これは……!」
「男の子なんだもの私は気にしないわ。足とか……くびれとか、そういうのもちゃんとバランスよく買いましょう?」
「そんな! これはその……卓球の筋肉の!」
「いいのがあるといいわね♪ それじゃあ邪魔しちゃ悪いし、またあとで来るわ」
「あ、はい……」
 俺たちは三人とも、お目当ての本を買って外に出る。
 すると、小さな影が二つあった。
 それは、この件で力を貸してくれた二人だ。
「今日は店番をするように蒼に言っておいたが、様子はどうだった?」
「シズクを連れてきましたが、どでしたか?」
「のみきに紬! 三人とも買ったけど、蒼も先輩も普通だったぜ!」
「そですか、それはよかったです」
「それが戦果か? 目当てのものは買えたのか?」
「ああ……! だが、失ったものはあまりに大きい! 水織せんぱーい!」
「しかし、卓球にしか興味がないと思っていたが、天善も人並みにそういう本を読むとは……」
「ぐっ……やめてくれ」
「タカハラさん」
「ん? どうした?」
「タカハラさんは、お目当てのものは買えましたか……?」
「あんまり女の子に言うことじゃないことだけど、好みじゃないのしかなかったよ」
「それはかわいそうです」
「まあ田舎だし、仕方ないよ」
「そうです! 灯台の近くに、時々エッチな本が流れ着いたりするのですが、タカハラさんのために、次からはとっておきます!」
「そんな気の使い方しないで!」
「どうなんだ天善? やはり卓球のユニフォームを着た本とかが好みなのか?」
「外国の本なんかもありますよ。流れ着いたものはきっと濡れてしまっていますし、わたしが丁寧に乾かしておきますね」
「や、やめてくれ!」
「ホントに、そういう気遣いいいから!」


「うっし! 帰ろうぜ!」
「……ああ」
「うむ……」
「よかったな二人とも! エロ本も買えるようになったし、むしろもらえるようになったし、蒼とも水織先輩とも元通りだしな!」
「……元通りか?」
「また別の方向に行ってしまった気がするが……」
「テンション低いな、どうしたどうした!」
「いや……確かに得たものは色々あるが」
「なんだか、それと引き換えに、大切なものを失った気がする……」
「そうか?」
 まあ、そうなのかもしれない。
 けど……気にすることはねー。
 俺は二人より、少しだけ先行して天を仰ぐ。
「天善……羽依里。お前らは今日、恥という服を脱ぎ捨てたんだ」
「あいつはなにを言ってるんだ?」
「俺たちを慰めようと、いいこと言おうとしてるんだろ」
「裸で歩くのは、そりゃ最初は慣れない……。けどよ! 俺を見てみろ! 裸であることも、そのうち楽しくなってくるんだぜ!」
「そうか……」
「ほら! 基地に戻って、みんなでエロ本読むぜー!」
「まあ、楽しそうではあるが、ああはなりたくないな……」
「そうだな……」
 俺は二人の言葉に耳も傾けずに走り出す、裸の本を片手に、秘密基地に向かって。
 バカだと思われるかもしれない、恥ずかしい奴だとののしられるかも知れない。
 けど俺は、この夏に出会った親友、羽依里と……裸でぶつかり合って、裸で語り合いたい。
 羽依里がいる時間は短い。
 裸でいられる時間も短い。
 だから、羽依里といる時も、裸でいる時も、その一瞬一瞬を大切にしていきたい。
 大切なものを失った気がする?
 バカ言うな、今のこの時間以上に大切なものなんてねーよ。
 だからもし、それを失うのが怖くないのかって聞かれたら、こう答えてやる。
「裸の奴に、失うものなんてないんだぜ!」

<在那天之后,我们…>
 
 人类,生来就是赤裸的。
 赤裸本应是天经地义的事情,为什么我们就不能保持赤裸呢?
 为什么,赤裸会让人生气呢?
 无论是赤裸上身……还是买充满裸体的本子……
 哪里都……没有赤裸的自由之处。
 我们今天,也被反裸派,打倒在地了。

「……怎么办啊? 我以后该怎么见苍啊……」
「水织学姐……偏偏是被水织学姐啊啊啊啊啊啊啊!」
「可恶! 今天的Hydro Gladiator改的威力还是这么强啊……」
 某天下午,我、羽依里、天善三人,在秘密基地的地板上反复打滚。
 我是被Hydro Gladiator改狙击,身负重伤,而他们俩是因为某件事情,受到了不小的心理打击,现在情绪相当低落。
「我说天善……你没事吧?」
「怎么可能没事啊! 被看到了啊! 我买小黄本的时候……被水织学姐看到了啊!!」
「哦,哦……」
「所以! 我当时是说我在练乒乓球的啊!」
「不是,你没说吧……反而是兴致勃勃地聊起了小黄本啊」
「啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊! 吖啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊~~~~~~!」
 ……这人不行了。
「羽依里,你应该没事的吧?」
「什么没事啊!」
「怎么了你? 你也不是买本子的时候被别人看到吧?」
「那你还记得……你当时对苍怎么说的吗?」
「嗯? 啊,当时买黄本的时候,因为苍很碍事,所以我把她支开的时候吧? 我说了什么来着?」
「那我就告诉你」
「哦,告诉我我说了啥」
「你说:『羽依里说他有很重要的事情想对苍说』『他那表情是认真的』」
「啊! 对对对,我是这么说的! 那,后面咋样了?」
「后面整个气氛就很微妙了啊! 每次见面都特尴尬好吗!」
「不是吧……」
 我们的心灵之所以会受到如此重创,是因为在这暑假里的某一天,我们挑战了一下『在粗点心店买小黄本』。
 我们三人齐心协力,为了买黄书付出了很大努力。
 那一天,我们追求充满赤裸的本子,我们的汗水和友情充分交融,十分热血。
 小黄书,我们确实买到了。
 可是,为了得到它们,我们每个人好像都付出了巨大的牺牲。
 毕竟,在把它们买到手之后,只有我一个人看了。
 这恰恰说明,他们俩受到了多大的心理创伤。
「我……该怎么办啊……」
「呜……水织学姐」
 真的看不下去了。
 ……啧,没办法了。
「我说,你们俩啊。要不,我来替你们俩来脱一发吧!」
 朋友们这么痛苦,我确实应该做点什么。
「求你了,别这样」
「良一,就不要再做多余的事情了……」
「啊?」
 羽依里和天善都用很认真的面孔看向我。
 ……他们不是在开玩笑啊?
「你不想想是因为哪位才会变成现在这样啊?」
「……我的错吗?」
「对啊」
「也就是说,我得负起责任,把这件事情解决掉?」
「你还真是积极啊」
「没事,交给我吧!」
「算了,我可不想让事情越变越复杂了」
「没事的啦,交给我就行啦」
「……」
 羽依里满脸疲惫地看着我。
「姑且问一下,你打算怎么解决啊?」
「坦诚相待,全部说出来啊」
「我问的不是你的态度,而是具体的方法啊」
「那个啊,反正该说的肯定要说。就说是我说要去买小黄本,然后因为你不想被苍看到,所以就让我把她支开,就这样」
「嗯……」
「那么,干脆说成是我擅自说的,也就不再是你说的话了吧?」
 虽然,这本来就是我擅自说的话。
「我啊,真的不想看到你们这么颓废啊。羽依里你本来就只在这呆一个暑假,这么颓废真的好吗?」
「……」
「你就不能拜托我吗?」
「这样的话……我明白了……拜托你了」
「哦! 就交给我吧!」
 羽依里转向我,伸出了手。
 我紧紧握住他的手。
「交给你了!」
「啊!」
「我的事儿也拜托了!」
 不知为何,天善也混进来了。
「你又是怎么了……?」
「我也希望变成是你干的事情!」
「你那事儿不应该就是你搞出来的吗?」
「是吗?」
「是的吧……」
「那就算不是事实也行,总之你背锅就对了」
「你好过分啊……」
「拜托了!! 拜托了!! 拜托了!」
「……我明白了。想想办法就是了」
「真的吗!?」
「当然,不过作为交换,这个暑假要三个人一起好好玩一通!」
「哼……那又如何呢? 如果我能够和水织学姐的关系更进一步……那就没有和男人们玩的闲暇了」
「为啥你能够从现在这状况中看到那种未来啊……」
 不过,他这家伙就是这么乐观的。
「那么两位,我就先走了」
「哦,拜托你了!」
「拜托了!」


 说起来就是这么一回事,所以我现在正在去粗点心店的路上。
 为了不被野美希狙击,我特意好好地穿上了衣服。
 我正好走在路上琢磨着等下怎么说才能解决羽依里和苍之间的事情。
「哎呀,三谷」
「哦,这不是水织学姐吗,好啊」
 我在粗点心店前见到了水织学姐。
 正好,干脆先把这边的事情解决了吧。
 感觉眼前已经浮现出天善那高兴的脸庞啊。
「嗯,好啊。哼哼♪ 三谷你今天也很精神嘛」
「对啊,今天完全没有被打,所以精神得很啊!」
「对耶,说回来,今天你穿着衣服啊?」
「恰好今天有点事情。啊,别因为我穿了衣服就打哈哈啊?」
「三谷还是那么我行我素啊」
 因为水织学姐基本一直都是这幅笑眯眯的样子,所以不好判断她的心情,不过今天应该心情不错。
 要不干脆就直接说说那件事吧。
「我是很精神……可天善他有点低落啊」
「加纳吗? 莫非……打乒乓球的时候输了?」
「那个倒是常有,他也习惯了。我也不是说那个,是被水织学姐看到那件事」
「……?」
「那个,之前啊……他在粗点心店那里,想要买一些充满了欧派的、稍微有点下流的本子,结果被水织学姐看到了……」
「啊,说起来是有那么回事呢」
 水织学姐居然露出了笑脸。
 我一直都觉得她是个很纯洁、也很回避那种话题的人,不过看起来也不是那么敏感啊。
 那就继续说吧。
「结果,他现在就很失落」
「哼哼♪ 什么啊,这点事就能让他这么低落吗?」
「不是,他那是身为一名男性的悲伤……」
「无所谓啊,既然是身心健全的男孩子,对欧派感兴趣不是理所应当吗?」
「哦? 莫非,水织学姐对这类东西,还是很宽容的?」
「对啊,想看欧派,想摸欧派,想看欧派的本子,想处于欧派之中,无论何时都想成为欧派,这不都是再正常不过的情感吗?」
「真的吗!?」
「所以,请告诉他,不用那么伤心了,然后,他就会是一名合格的欧派了」
「我明白了!」
 这第一件事,好像远比我想象的要简单啊。
 到头来,合着只是天善一个人自作多情,水织学姐根本就没想法嘛。
 如果大家都是坦诚相见也就没这么多事了……看来穿衣服的人,对于自己想要守护的对象,都很脆弱嘛。
「这样啊……加纳他,终于对欧派觉醒了啊」
「嗯? 哦对,他老早以前就是个巨乳控了」
「!? 真,真的吗? 居然天生就喜欢欧派……可还要压抑着这个兴趣吗」
「是啊! 那家伙,之前为了捞回从船上掉下去的本子,结果差点被海浪卷走啊」
「明明都有那种行动力,却还要压抑着自己的兴趣……太令人尊敬了」
「毕竟这种兴趣,确实是不太能见人的」
「说得对啊……欧派正是因为藏身于衣服之下,才更能显示出她的魅力啊」
「然后,我觉得衣服完全没有必要啊!」
「哎呀,小伙子你很野嘛♪」
 不知道怎么了,学姐她频频点头。
 还有,水织学姐居然能够这么轻易地就聊起这些下流话题吗!
 行! 干脆说到底,顺便帮天善好好宣传他吧!
「不过他最近,发现脚也不错诶」
「……脚?」
「对! 总感觉,光凭胸部来评判别人有点……不太好?」
「……」
「包括腰部啊臀部啊,他也挺喜欢那里呈现出来的线条呢」
「腰……? 臀……?」
「不过学姐应该明白吧,毕竟男孩子会对这些感兴趣嘛。咋说呢? 那种健美的身材!」
「~~~~~~~~~!」
「嗯?」
 水织学姐已经满脸通红了。
 等等……这和刚才说欧派的时候,已经完全变了个人了。
「我说……水织学姐?」
「太,太下流了……。加纳也是,三谷你也是!」
「啊!? 不是……这?」
「太,太污了……! 太色了!」
「等一下啊! 你刚刚不是说身心健全的男孩子有这种兴趣不是很正常吗!?」
「腰、脚、臀……这些都不健全啊!」
 

「完全不懂你的标准啊!?」
 虽然有点没绕明白……不过应该是踩到大地雷了。
 毕竟,学姐她不仅在生气,还满面通红,这种神情我以前见都没见过。
「三谷……」
「在……」
「那种本子……还是处理掉吧」
 她的神情非常认真。
「别啊! 你在说什么啊! 这些本子都是一份份的回忆啊!」
「可是……我觉得不行啊……。如果现在还有那种兴趣的话……以后会死的啊!」
 她那表情……真的是很担心我。
 不过也是,真的要说,拿着那种本子的我们确实不对。
 可是,我们也是在明知这点的基础上,才买来的啊……。
 只要告诉她我们的这种想法,就算是水织学姐应该也能理解的。
 毕竟,她连欧派都觉得很健全。那么,只要我说的够激情,她也一定能够明白其他部位的魅力!
「水织学姐!」
「什,什么?」
「能稍微,听听我……听听我们的故事吗?」
「嗯,嗯……」
 我……十分激动地,讲起了关于腰部和足部的,那些本子的魅力。


「太下流啦啊啊啊啊~~~~~~~~~!」
「水织学姐~~~!」
 水织学姐带着一副哭脸跑掉了。
「……看来不行啊」
 想想也是,我为什么要跟一个女孩子讨论小黄书呢……。
「唉……明明中途还很好的啊」
 毕竟,她对胸部居然一点都不敏感……。
 想也想不明白。
「算了算了,先去趟苍那里吧」
 天善和水织学姐的问题就先放一边,先解决羽依里和苍的事。
 我径直走向了粗点心店。


「啊,良一」
「哟,今天还是那么热啊」
「是啊,话说我正奇怪今天没怎么听到你的悲鸣,原来你穿上了衣服啊?」
「是啊,今天毕竟有不少事情要做」
 苍一边说着,另一边,手已经打算要解开头发了,而且眼睛还四处瞅着。
「那个,今天羽依里不和你一起吗?」
「对啊,就我一个」
「什么啊……」
 说着这句话,想要解开头发的手又放下了。
「那俩人在秘密基地呢」
「这样……等等,羽依里也在?」
「对啊! 总感觉他今天有点怠惰」
「这,这样……他有点怠惰吗?」
 苍说这话的时候,两眼稍微有点向外飘。
「难,难得来这里玩一次,这么怠惰,有点浪费啊?」
「是啊,我也这么说他啊」
「那么,要不我试着邀请一下,我带他去岛上看看?」
「嗯? 嗯……」
「怎么都比怠惰着强啊」
「啊……也对」
「毕竟是我带啊,他肯定会开心的! 会开心的吧? 嗯……希望他能开心啊」
「……」
 苍的表情变得很微妙……。
「啊对了……上次你把我叫出去,是讲了什么来着? 那之后……我就没好好和他说过话了」
「啊,是吗……」
「对吧? 你知道点什么吗?」
「啊……这,怎么说呢」
 苍也不跑火车了。
 合着,那天之后,羽依里就一直在回避着苍啊……。
 这下子我真的要做点什么了 ,不然无论苍说什么他都会误解的。
 况且这情况还挺严肃的,不好办啊……。
 为了冷静下来好好想清楚接下来该怎么办,我索性坐在了店门口的长凳上。
「羽依里他……应该说过什么吧?」
「嗯……好像他很认真啥的……」
「我说,你能别显得心跳加速吗」
「才,才没有好吧!!」
 可是声音不是上来了吗。
「哈……」
 看来,我必须跟她挑明两件事:一是她误会了什么,另一个就是我们在买小黄本。
 虽然感觉有点胃痛……没办法了。
「嗯,上次那事啊。首先,请让我道个歉……抱歉!」
「怎,怎么了?」
「那啥,那时候……我们其实要去买小黄本的」
「哎? 什么情况啊」
「就是那意思。因为你在场的话我们很不好意思买,所以就让我把你支开,然后趁机把小黄本买了」
「哈!?」
「所以我才扯了个谎把你叫出去的! 抱歉!」
「这么回事啊。唉……原来是这么回事啊」
 她松了口气,肩膀也松下来了。
 ……不会是说错了啥吧。
「哈……啊哈哈,既然是这样,那也没办法啦……」
「哦,总感觉很对不起啊」
「那么,他说的那个,有很严肃的事情……那个难不成也是……」
「假的,那也是我扯的……」
「这样啊……」
 她显得很是失落。
「那,反正确实很抱歉就是……那我回去了」
「好吧……嗯,不买点什么吗?」
「不啊,我就是为了说这事来的」
「啊? 为啥啊?」
「羽依里要我来的。因为他觉得现在和你太尴尬了,所以要我帮帮忙而已」
「这样啊……嗯……」
 虽然装作漫不经心,不过她好像还挺开心的。
「看来如果你不是平常那样子,他还是很在意的」
「啊,是吗……他会在意的啊……」
「是啊! 因为如果身边是平常的你,羽依里他可是很开心的啊!」
「嗯……是吗,他……如果是在平常的我身边,会很开心啊……?」
「对啊! 如果你心情不好,他也难受啊!」
「是,是吗?」
「错不了的!」
「这样……对嘛! 我为啥要自怨自艾啊?」
 苍总算是摆出了平常的那副笑脸。
 不过这笑脸肯定不是给我看的。
「我也想通了,所以也不用多想了,告诉他过来就行♪」
「行!」
 然后我就离开粗点心店了。


「俺回来啦!」
「嗯,回来啦? 你和水织学姐说得怎么样!?」
「苍那怎么样了?」
「你你,你们俩先冷静点。现在就跟你们说」
 我们仨围坐在秘密基地的席子上。
 天善和羽依里眼神里都是不安。
「那么,先说哪边呢?」
「那先说我这边吧」
「OK,水织学姐那事吧」
「是啊……请说吧!」
 甚至都听得到天善吞唾沫的声音。
「算是,成功了一半吧」
「一半? 怎么个一半啊?」
「该怎么说呢……前一半她可是赞不绝口啊!」
「搞不懂……」
 我还是老老实实按顺序描述了一下。
「我就跟她这么说的『因为你正想买充满欧派的本子,却被水织学姐看到了,所以很受伤』」
「啊!? 那我不就成了一个一场喜欢胸部的人吗!!」
「本来就这么回事吧」
「可是你让水织学姐知道了可怎么办啊!?」
「可是,她居然很轻易的就接受了。她还说『对欧派有兴趣很健全啊』」
「这……!? 她居然这么说吗?」
「唉,毕竟是静久啊」
「难道说,那个人是……圣母吗?」
「不啊,她只是个欧派而已」
「你丫的! 你怎么能说水织学姐是个欧派呢!」
「可实际上就是这么回事啊……」
「可是……好吧。居然是这样的吗。良一,谢谢你」
「等下等下,话还没说完呢」
「什么……?」
 天善本来都安心了,马上把脸转了过来。
「我说你老早以前就是个巨乳控,她居然很敬佩啊」
「是吗! 她很敬佩吗!」
 天善露出了平常难以见到的灿烂笑容。
「是啊! 然后! 我就说你最近对足啊、腰啊、臀啊有了兴趣」
「是吗!」
「然后,她就满脸通红了!」
「然后呢!」
「整个气氛都没了呀!」
「……什么!?」
「还说什么“加纳和三谷都太污了啊”之类的!!」
「喂!」
「可是之前聊欧派的时候都那么宽容,那么如果跟她说清楚其他部位的魅力,肯定也能明白的,所以我就很热情地跟她讨论了起来!」
「感觉肯定不会有好事发生了!」
「结果就是直接跑掉了啊!」
「哦哦哦哦哦哦哦哦哦哦哦哦哦哦哦哦哦哦哦哦哦!」
「对不起啊!」
「呀啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊!」
「你这什么个叫法啊……」
 完全没听过的叫声。
 本来以为顺势一把就能搞定……果然还是太天真了。
「你丫的! 你刚刚不是说成功了一半吗!?」
「可是前面聊欧派的时候确实是完全出乎意料般地成功啊?」
「这后面一半不是前功尽弃吗!」
 确实是这么回事……。
「可是! 为啥啊! 为什么反应会这么大啊! 前面一半不是还挺好的吗!?」
「是啊」
「良一,还有天善,你们真的别误会,静久她完全不对那玩意宽容……倒不如说她很怕这类的话题啊?」
「那为啥前半这么顺啊」
「我刚刚也说了,静久她就是个欧派啊。她对黄色可一点也不宽容,倒不如说只有欧派她会用非常积极的眼光看待」
「完全听不懂你在说啥……」
「我也知道,可这就是事实啊」
「我以后……该怎么办啊,我被水织学姐讨厌了……」
 天善开始趴在乒乓球桌上哭了。
 其实最开始她就不怎么喜欢他……为什么会这么低落呢。
 现在已经啥都不能说了。
「该羽依里了」
「啊,不过,看天善这样子,我可没有啥好的预感」
「没事的没事的,这边完全没有问题」
「是吗,那就好」
「对吧! 反正她也说『是吗,他……如果是在平常的我身边,会很开心啊……』这样的话,下次她应该也就恢复正常了」
「嗯? ……你等一等」
「这边是完全消除掉误解了,没问题的」
「不是,我说……苍真说过这话?」
「对啊!这可不是啥误会,她真这么说的!」
「你这不是让我容易想多吗!」
「嗯?什么意思啊?」
「你让我一个男校出来的人知道有女孩子会这么想,我肯定会想多啊!」
「不过,那应该是对朋友说的话吧? ……或许,是我想少了吧」
「求你不要说后面那半句话啊,会想多的」
 这城里人真的是心细啊。
「没事的啦,她应该也还是之前那样子,你也别想那么多了」
「……是,吗?」
「干脆这样,去一趟粗点心店吧!」
「行吧」


 我又把羽依里拉到了粗点心店。
「嗯,良一,你又来啦? 啊,羽依里也来啦」
「是啊, 稍微来买点东西」
「好啊好啊,这次来点啥? 又来买限制级书刊吗?」
「不! 才不――」
 我立刻堵上了羽依里的嘴。
「(你干什么呀?)」
「(我说你,干脆就买了算了。大大方方的表达自己的兴趣,这不才是朋友应该做的吗?)」
「(啊……你说的也对)」
 我拿开了堵在羽依里嘴上的手。
 然后,他仿佛下定了决心,转向了苍。
「是啊,今天是来买限制级物品的」
「是啊是啊,这人突然想要」
「啊哈哈,那么不就是在要我嘛——」
「啊?」
「你看,好像我跟你在一起的时候,不经常叫唤着“我才不色呢!”之类的」
「啊,对啊,好像是这么回事」
「我说你,能不要说出来吗」
「抱歉」
「倒是无所谓……」
 脸上看着很平静,估计脑子里想入非非吧。
「稍微想了点其他东西啊」
「其他的?」
「你这不是再说说着色不色的,我就想起来那档子事了,然后回过来想,苍你确实是挺色的……」
「啊……确实,是有那么档子是啊」
「对啊」
「难不成,在你眼中,我这人已经打上“色情”的烙印了吗」
「啊,这个……或许吧」
「嗯……」
 苍害羞地低下了头。
「……我,我才不色呢」
「啊哈哈……也对」
「你这……应该说我用错了地方吧」
「啊,对哦」
「真是的……」
「…………」
「…………」
 ……俩人沉默不语。
 俩人怕不是都想到一起去了。
 话说回来。
「你们俩……肯定在我不知道的地方有了啥小九九吧?」
「「啥,啥都没有好吧!?」」
 一看就是话中有话啊。


 我们又回到了秘密基地。
 天善他……还在哭。
「我说你要这样子多久啊?」
「在你没有把我和水织学姐的关系修复前,我绝不动一步!」
「拜托别人还这么坚决啊你」
「鹰原那边怎么样啊?」
「那个……还行」
「这又是怎么回事啊?」
「感觉这俩心理关系又近了一步啊」
「是吗……还真不容易」
 俩人都叹起了气。
 ……毕竟都是我的原因,还是得帮到最后啊。
 可是,我一个人的力量确实不够用。
 这该怎么办呢。
「对啊……!」
 对啊! 拜托一下她们吧!


「怎么了? 把我们叫到这里」
「姆Q,出什么事了吗?」
「哟,你们俩都来了啊」
 我把野美希和紬叫到秘密基地来了。
「……为何你们俩在这里?」
「他叫我来我才来的啊」
「是啊,一直在叫我」
「良一,到底怎么回事啊?」
「这个啊,我想清楚了,现在这情况,只凭我是搞不定的了」
「估计在场的人都赞成吧」
「所以我就想着要拉别人来帮忙,就把这俩给叫来了」
「就被叫来了!」
「所以,为啥是野美希和紬啊?」
「她们俩不是苍和水织学姐的好朋友吗? 既然是和那俩人谈,肯定需要她们的吧」
「……你居然会想到这么深啊」
「可是这不就是要想她们挑明我们要买小黄书的事情吗?」
「都现在这样,没办法了吧?」
「放宽心啦,这俩人意外的宽容,应该没事的」
「不,是我们害羞啊……」
 总之,我想野美希和紬讲了一下状况。
 最开始还是仔细描述了一下当时的情景。
「说到底,我们只是为了买小黄本,结果成了现在这个样子」
「哈……」
 紬的反应很呆滞。
「……哈」
 野美希则是叹气。
「稍微有点受不了啊」
「我真是服了你们……」
「这话不对啊……我们的评价明摆着下滑了」
 没办法,总会有牺牲的嘛。
「总之就是这么回事,能帮我们一把吗?」
「行吧……毕竟我也不想看到岛上大家的关系紧张啊」
「我明白了,毕竟我也不想静久因为害羞就不来岛上了」
「哎呀! 帮大忙了」
「一个裸男和俩小屁孩……」
「……心里不安啊」


「苍,有事找你」
「中午好啊,苍」
「野美希和紬? 良一又是你……」
「哦,来这么多次还真对不起啊!」
 因为野美希觉得把羽依里带来的话,事情肯定会更复杂,所以就我们三个人来了。
「我说你,是不是又对着鹰原卖弄色相了?」
「什么卖弄色相啊?」
「你不是经常对鹰原这样吗? 明明他都没啥想法,结果你自己倒是卖弄色相,然后自顾自的发情好吧」
「才没这回事吧! 到现在为止,我从来没卖过,也没发过情啊!」
「苍,虽然你这么说,可是好像你在鹰原面前经常这样吧?」
「这……不会吧?」
「自己都没意识到吗」
「这真的有点危险啊,说老实话,每次看着你对鹰原卖弄的样子,我都觉得有点恶心」
「恶心!? 啊? 我都被好朋友们讨厌了吗!?」
「大家都很担心你啊」
「是啊! 还好羽依里他人不坏啊」
「等,等下,是不是太夸张了啊? 我真的是这样子的?」
「你啊……如果羽依里他不是男校出身的,看着你这么卖弄,你不知道会变成什么样子吗?」
「这个……」
 
我和野美希和紬,教育了苍足足两个小时……。
 虽然我也不知道,这到底是算说教,还是让苍发觉自己以前都没注意到的地方……。
 反正就是这么个样子。
 然后……
「听好了,就算鹰原以后到你这买小黄书,那也不说明他对你有意思」
「可,可是……如果那封面和我差不多的话……那不还是!」
「可是,如果真的很像,那也是很偶然的事情啊!」
「是啊,就像紬说着一样,偶然情况罢了。话说到底,我也没听说过‘从喜欢的女孩子那里买和她本人很像的小黄书’这样的接近方式。如果真的有,那种男人不要也罢」
「再换个角度,如果有人跟你买和你很像的小黄本,你会咋想?」
「嗯……? 或许,应该对我有那么一点,那方面的想法吧……」
「我真服了你啊!」
 我们跟她说了两个小时,只明白了一件事:就是这人完全说不开窍。
 这人已经把少女心和下流心完全混杂在一起了,没办法分开啊……。
 这样真的只能一条路走到黑了,只希望她能些许客观地看待自己了。
「嗯……对啊……」
 只要让苍看看自己的样子不就行了吗。
「对了,你们仨……稍微有点事情」
「嗯? 怎么了……这是?」
「实际上啊……天善之前跟我说『羽依里有很重要的事跟良一说』」
 我的想法是这样的。
 把当时我跟苍说话时的人物变换一下,然后给她看看她当时到底是怎么想的。
「好像他还挺认真的……你们觉得是啥事情?」
 我说得仿佛真的是羽依里对我有意思一样。
「难,难道说是禁断的关系……」
 野美希突然搞起来了!
「好像那些飘过来的垃圾里也有那样的本子呢」
 我不是这意思啊!
「那家伙……难道他不仅对我,对良一也有这意思!? 什么啊? 脚踩两条船!?」
 等等……?
「不是! 不是! 不是啊! 怎么成这样子啦!?」
「良一,既然人家是认真的,那你这么敷衍不好吧?」
「你在说什么呀!?」
「是啊,你们俩可都是好人的,我会加油的!」
「不要好吧!」
「是吗……这么回事啊。好像舒坦了不少……」
「你到底想通了什么啊!」
「毕竟,他这个暑假……连我、连女孩子也不看,光顾着和良一玩了」
「哦哦哦哦哦哦哦哦哦哦哦哦哦哦! 明明不是这样子,可是这状况证据都在啊!」
 这和我想的完全不一样啊!?
「是吗……原来他,已经对我、对女孩子没有兴趣了啊……」
「就是这样,所以以后你见鹰原也别自乱阵脚了,知道吧?」
「嗯!」


「良一你这还真是好球啊,居然能够这样说服苍」
「什么啊! 我才没传这种球啊! 我这该怎么办啊喂!?」
 我们一边走向灯塔, 一边这么说着。
「不是吗?」
「完全不是啊! 我是想让她客观地看看自己在羽依里面前是有多么软啊!」
「这样啊……这么回事啊。不过苍现在都已经接受了,再乱刺激怕是比以前还严重,就这样吧」
「呜哦哦哦哦哦哦哦哦哦哦! 不是吧——————!」
 当然我也明白野美希的意思。
 现在这状况,对苍来说,还是对羽依里来说,都是最好的。
 ……
 ……真的好吗!?
「那么下一个就是静久和加纳的事情了吧」
「是啊,说真的,我不觉得我能够说服水织学姐,总之我可以帮你做出聊天的契机,不过说服的工作就得交给你了」
「我估计也不太行……还是交给你吧……」
「交给我吧!」
 我们边说边走,也走到了灯塔。
 因为我们觉得水织学姐会在这里等着紬。
「静久! 你果然在这里啊」
「紬,你今天跑哪里去了啊?」
「不好意思,因为今天被三谷叫上,去了趟秘密基地和粗点心店」
「啊……三谷和美希啊」
「啊,学姐好」
「嗯……你好……」
 果然,学姐对我很是警戒啊。
「紬……那个,他没对你做什么奇怪的事情吧?」
「才,才没有好吧!」
「静久,那个奇怪的事情是什么事情啊?」
「就是那个……比如说……一直盯着脚看……」
「脚被盯着看是什么奇怪的事情吗?」
「这,这个……我不能说出来啊!」
 果然我不太懂她的标准……。
「水织学姐,能稍微说点事情吗?」
「什么事情啊?」
「那啥……天善买小黄本那是」
「啊? 那,那个的话……我很怕的……」
「这个我知道,不过还是听听吧。我希望能原谅带这种兴趣的男孩子」
「可,可是……这很不健全啊! 如果只是欧派的本子还就算了——」
「静久,听我说」
「……?」
「人不能只靠欧派活着啊」
「人不能只靠欧派活着!?」
 这什么谚语啊!?
「也有人会对腰啊,脚啊有需求的」
「是吗……是这样子啊。虽然感觉很悲伤,不过这就是现实啊……」
 ……好像接受了。
「不过,我感觉这对他们还是太早了……这一点都不健全。欧派毕竟婴儿就需要吧? 可无论是脚还是腰,都不需要啊」
「姆Q……确实啊……这个…………确实不行啊」
 紬以肉眼可见的速度被说服了。
「别输啊紬!」
「嗯! 接下来才重要呢!」
 紬吸了一口气,转向了水织学姐。
「静久……就算鹰原、三谷、加纳他们在看不是欧派的小黄本,也希望你能原谅他们」
「不行哦?」
「静久的内心,应该像欧派一样柔软……什么都能够接受的。静久的心胸,也应该像欧派那样宽广」
「我的内心……欧派……!」
 听着这句话,水织学姐微笑地点了点头。
「正因是像欧派一样的内心,所以我不能原谅欧派之外的东西哦」
 果然还是不行。
「……万策皆尽了」
「你刚才不就试了两次吗,还万呢」
「她那话是说‘她已经没办法了’」
 哦,学到了。
 可是这样下去就啥都解决不了了。
 没办法了……虽然这招我不是很想用,可为了天善,豁出去了。
 我就告诉她,男人的色心有多么恐怖,然后显示出天善他是多么的普通。
「水织学姐,无论是腰或者是脚,都没啥大不了的」
「怎么会呢……这都太污了」
「不是不是,男人会喜欢比这更糟糕的东西啊」
「更糟糕的……? 舌吻……之类的?」
「不是啊,举个例子的话……」
 我稍微聊起了我自己的性癖。
「我自己还喜欢妹系的作品呢」
「喜欢比自己小的女孩子吗?」
「不是,比如说崇拜自己的妹妹、傲娇的妹妹……总之就是妹妹啦」
「还有,这种兴趣的吗」
 她刚说出口。
「良一,你……认真的吗?」
「嗯? 嗯,是啊」
 野美希瞬间很表情就很那啥。
「美希……怎么了?」
「不,那个……这人……他……真的有妹妹啊」
「哎呀,这样啊……啊!?」
「你们冷静啊! 怎么这个反应啊!? 就算是我也能区分现实和小黄本啊!」
「姆Q? 什么意思啊?」
「总之这人很危险! 紬你快推开!」
「哦哦哦哦哦!? 我可不危险啊!?」
「是啊,妹妹才危险呢」
「她也不危险好吧!! 我喜欢的是妹系作品而不是妹妹本身啊!」
「我没听太懂」
「就像是你很喜欢烧烤味的品客但不喜欢烧烤本身!」
「啊……」
 脸上摆明了不太懂啊!
「……不是很懂啊」
 果然啊!
「我说水织学姐,比起这人,腰啊脚啊,不就安全多了?」
「是啊,仅仅是对女性的部位产生兴奋而已啊」
「就是这么回事」
「男人们啊,大多有这种秘密的兴趣……特别是对着限制级的物品啊」
「所以,静久也原谅他们吧?」
「嗯……」
 水织学姐微笑地点了点头。
「是啊……这种兴趣反而很普通呢」
「肯定是的」
「所以,加纳也罢,乳依里也罢……都是普通的男孩子呢」
「是啊,是这样啊!」
「原谅他们吧!」
「嗯!」
「呜哦哦哦哦哦哦哦哦哦哦! 我的名字就这么没算上啊——————!」


 周围都变暗了。
「良一,这球传的真好啊!」
「嗯? 什么啊」
「你说你喜欢妹系啊,得亏你扯的这谎,终于说服她了」
「可那也不是谎啊」
「哦,这样......你说什么!?」
 野美希架起了Hydro Gladiator改。
「所以说啊,妹系和妹妹是两码事啊!? 我可是区别开了的」
 最后我就是和野美希走了一路,然后我就独自回家了。
「明天再跟他们说吧……」


 第二天,我回到秘密基地,告诉他们俩所有事情都解决了的消息。
 所以我们马上出发去买小黄本了。
「好啦,去吧羽依里!」
「不要,苍在那的吧!」
「没事啦,事情都解决了!」
「所以你也没必要趁她在的时候买啊!」
「喂,苍! 羽依里他想要这本!」
「不要啊!」
「好的,800万!」
「……啊」
 这人到底在害臊什么啊?
「好啦,天善你不去买吗?」
「我啊,肯定买啊。我可从来不会因为乒乓球之外的事情而慌乱。从苍那里我也能心平气和的买!」
 话音刚落。
「大家好啊」
「啊,水织学姐。欢迎光临啊!」
「什……么?」
「啊,加纳啊,三谷和乳依里你们也在啊」
「水织学姐! 您,您贵安吗!」
「是啊♪ 哦呀……加纳,你这是在买小黄本吗?」
「啊,不是! 这个……!」
「毕竟是男孩子嘛,我也不在意的。脚啊……腰啊,买的时候稍微均衡着点买吧?」
「这个! 这是为了……打乒乓球的肌肉!」
「希望能买到好东西吧♪ 再这么打扰也不太好,那我就等会再来啦」
「啊,好……」
 我们仨买好了想要的东西,走出了小店。
 门外站着两个小小的人影。
 正是在这件事情上帮了大忙的那俩人。
「我跟苍说了今天她来看店,情况怎么样?」
「我也把静久带过来了,怎么样啊?」
「野美希和紬啊! 我们仨都买了,苍和水织学姐都没啥异样的!」
「是吗,那就行」
「那就是战果啊? 买到想买的了吗?」
「是啊……! 可是,失去的东西也未免太多了! 水织学姐!」
「说回来,我还觉得你就是个除了乒乓啥都不感兴趣的人,到头来还就是个普通人啊……」
「咕……别说了」
「鹰原」
「嗯? 怎么了?」
「鹰原买到想要买的东西了吗……?」
「虽然我也不是很想跟女孩子说,可没有喜欢的东西就买不到了」
「那也太可怜了」
「毕竟是乡下啊,没办法了」
「对了! 灯塔附近时不时漂来基本小黄本呢,鹰原,我以后就把它们捞上来吧!」
「求求你不要这样啊!」
「你觉得咋样啊天善? 难不成你喜欢乒乓球训练服的那种本子吧?」
「我记得还有外国人的本子呢。因为是漂来的,肯定会湿漉漉的,我会先把它们晒干的」
「求,求你别这样啊!」
「真的不用你这么费心啦啊啊啊!」


「好了! 回去吧!」
「……啊」
「嗯……」
「这不挺好的嘛! 小黄本能买了,甚至是白拿,苍和水织学姐也恢复原样啦!」
「……原样吗?」
「总感觉她们往别的方向去了……」
「你们也太低落了,咋了嘛这是!」
「不是……确实是得到了很多东西啊」
「可是,作为交换,好像也丢了不少东西……」
「是吗?」
 或许吧。
 不过……还有啥呢。
 我向前一步,仰望天空。
「天善……羽依里。你们今天,将名为羞耻的衣服脱掉了」
「他这是在说啥啊?」
「应该是在安慰我们而说点好东西吧」
「脱掉衣服走在路上,最开始肯定不习惯……可是啊! 你们看看我啊! 脱掉衣服,也会有不少乐子的啊!」
「是吗……」
「好啦! 回到基地里去看小黄书啦!」
「看你这样子确实挺开心的,可我不太想成为你那样子啊……」
「是啊……」
 我对俩人的话充耳不闻,径直走向了秘密基地。
 我知道或许会被别人当成傻瓜,会被别人骂不知羞耻。
 可是,我希望,我能和羽依里——我在这个夏天里认识的挚友……坦诚相见、坦率相谈。
 羽依里在这里的时间很短暂。
 能够坦诚相见的时间也很短暂。
 所以,无论是羽依里在的时候,还是我和别人坦诚相见的时候,我都想好好珍惜。
 感觉失去了很重要的东西?
 说什么话啊,还能有比现在这段时间还宝贵的东西吗。
 哪怕,别人问我,害不害怕失去这段时间,我就会这么回答。
「像我这样不穿衣服的人,已经不需要担心再失去什么了!」