《Summer Pockets》 Short Story~在夏日的绚烂之中~水织静久篇

来自萌娘书库
跳转至: 导航搜索

《Summer Pockets》 Short Story~在夏日的绚烂之中~

水织 静久篇】

ハサマ

译者:书书

日本語 中文

<胸に抱いた柔らかなもの>

 それは夏のある日。
 私は紬と羽依里くんを待って、灯台にいた。
「二人とも、駄菓子屋でお買い物かしら?」
 この灯台が、こんなに静かなのは珍しい。
 まあ、廃灯台なんだから、本来は静かなものかもしれないけど。
 でも、その灯台を見ていると……紬と出会ったあの日のことを思い出す
 そして、口から自然と、思い出の言葉が漏れた。
「……おっぱい」
 その言葉は、小さな波の音へと消えていく……。
 そんな静かな時間を楽しんでいると、二つの声が聞こえてきた。
 片方は、少し意外な声。
「おい鷹原、嘘をつくな」
「ホントだ。静久と仲良くなるなら、おっぱいの話をするのが一番なんだ」
「信じられん……」
「騙されたと思って」
「騙されてた場合の被害が大きすぎるだろ!」
 その声の主は、羽依里くんと加納くんだった。
 羽依里くんはともかく、加納くんがここにくるのは珍しい。
「よう、静久」
「おはよう、パイリくん。加納くんもいらっしゃい」
「は、はい! いらっしゃいました!」
 加納くんはよく、私の前だと緊張したように姿勢を正したり、緊張したような振る舞いになる。
 私が生徒会長だから気を使ってるのかもしれない。
「ほら、天善。おっぱいの話をしろ」
「こ、このタイミングでか!?」
「静久には挨拶レベルでおっぱいの話をした方がいい」
「う……む……。信じて……いいんだな」
「どうしたの、二人とも?」
「ああ、天善が静久に話があるらしくて」
「あらそうなの? どんなお話かしら?」
 私が加納くんに視線を向けると、彼は目をそらせながらこんなことを言い出した。
「に、肉体というのは……日々の修練と、意識の結果だと思います……。自堕落さも、努力も、すべて肉体に現れると……自分は思います」
「そうね。私もそう思うわ」
「な、なので……その……水織先輩の母性は、優しさは、素晴らしいと思います! それがその素晴らしい胸に現れているのではないでしょうか!?」
「え? あ……ありが……とう」
 急におっぱいを誉められて、心臓が少しだけ……トクンと音を立てた。
「その! 胸を誉めたのは、性的な意味ではなく、人間の肉体の美しさと言いますか……美術品のような意味でして!」
「私のおっぱいが……美術品!? ちょ、ちょっと待って加納くん……そんなに急に褒められたら、どうしていいのかわからないわ……」
 耳が……熱くなってきた。
「た、鷹原! こ、これは照れてらっしゃるのか!?」
「これだけ顔も赤いんだし、きっとそうだろ」
「――っ! 感謝する! よし、このまま俺は! 一世一代の発言をするぞ!!」
 加納くんは、少し照れた表情をしたまま、まっすぐ私に向き直った。
 そして覚悟を決めたように口が開いていく。
「み、水織先輩!」
「は、はいっ!」
「……あ、あなたの胸は……まるで白いピンポン玉のようだ」
「あ……」
「俺に……サーブ権をください!」
 そう言って、私の目をじっと見つめた。
 私は……それに対して……。
「……グランドピンポン」
「え? ……は?」
「加納くん……加納くんは卓球が『テーブルテニス』という呼ばれていることについてどう思う? まるでテニスの劣化したもののような名前だと思わない?」
「た、確かに!」
「そんな名前を付けられて、悔しくない? むしろ、テニスの方が卓球の亜種。グランドピンポンだと思わない?」
「――っ!!」
「それと同じ。あなたはおっぱいを白いピンポン玉って言ったけど、おっぱいはね……おっぱいなの。おっぱい以外で語っちゃダメ」





「おれ……は……なんてことを……」
 加納くんが膝から崩れ落ちてしまった。
「……間違いは誰にでもあるわ。大丈夫、おっぱいは……間違いすら包み込むような柔らかさを持っているの」
「なんと……慈悲深い! 確かに……この世界はすべてを包み込む」
「いや、天善。静久が言ってるのは世界じゃなくておっぱいだ」
「水織先輩がそんなことを口にするわけがないだろ?」
「え……でも……さっきからずっと……」
「しかし鷹原……ありがとう。そして水織先輩……出直してきます」
「うん、またね♪」
 そう言って加納くんは帰っていった。
「なあ静久、さっき『世界』じゃなくて『おっぱい』の柔らかさを語ったよな?」
「ええ、おっぱいを語ったわ」
 不思議そうな顔をしながら、羽依里くんは加納くんの後姿を見送った。
 そして近くのベンチに座ったので、私もそこに腰を下ろす。
「そういえば静久は、どうしてそんなにおっぱい好きになったんだ? いつごろからおっぱいなんだ?」
「ふふっ、パイリくんは、おっぱいに興味深々なのね♪ いいわ、おっぱいを教えてあげましょう」
「いやいやいや、おっぱいじゃなくて、静久のことを知りたいんだ」
「えっ? あ……そ、そんなこと言われると……照れちゃうわ」
 羽依里くんも自分の発言に気が付いたようで、軽く謝りながら照れたような表情を浮かべた。
 私は、少し顔を反らして灯台の方に顔を向ける。……思い出す。紬と会ったあの日のことを……。
「私がおっぱいになったのは……紬と出会った時からね」
「そうなのか」
「ええ、懐かしいわ……」
「……ん? でも……紬とあった時ってことは、おっぱい大好きになってから、まだ……」
「二ヶ月よ」
「……意外と歴史が浅い」
「おっぱいに時間は関係ないの」
「……そうなんだ」
 なんとも微妙な表情をしている。
 私は……そんな彼に、少しだけおっぱいの話を聞いてほしいと思った。
 それこそ"このお話"の結論であるように……。
「その時のこと、ちょっと話してもいい?」
「ああ、むしろ聞いてみたい」
 それじゃあ……と、私は口を開いた。


 それは梅雨が明けて、終業式の数週間前のことだった。
「なるせさーん! あの……ちょっとお話させて―」
「――っ! よ、用はないからっ!」
「あ……」
 白い影が、磯の岩場をひょいひょいと、跳ねるように走り去ってしまった。
 結果から言うと、私は逃げられたことになる。
 あまり学校にやってこない鳴瀬さん。
 そんな彼女と少し話をしてみてほしいと先生から頼まれ、この鳥白島に来ていた。
 彼女はただ後輩というだけで、あまり面識もなければ、話したこともなかったと思う。
 ではなぜそんな私が彼女と話すことになったのか。。
 それは生徒会長だから、人当たりがいいから、誰とでも仲良くできるから……ということらしい。
「そんなことないのに……」
 むしろその評価は、私にとってコンプレックスだ。
 変に真面目で……人の頼みごとを嫌と言えない。誰とでも話せるけど、親友のような友達がいない。
 辛いって程のことでもないけど、少し寂しくはあった。
「帰ろうかな?」
 時計を見ると、船の時間までまだまだある。
 この島で時間をつぶせる場所……。私が知っている場所は、あそこしかなかった。
「あれ、水織先輩? どうしたんですか、こんなところで」
「こんにちは空門さん。それに、三谷くんと美希ちゃんも」
 島にある駄菓子屋にやってきた。
 加納くんはいないみたいだけど、たぶんどこかで、卓球の練習をしているのだと思う。
 それよりも……。
「三人とも、難しい顔をしてるけど……どうしたの?」
「ああ、全然大した話じゃないんだが、この柄の名前をど忘れしてしまってな。三人で思い出そうとしているんだ」
 私も、その柄がプリントされているフェイスタオルを見てみる。
「この柄だったら、ペイズリーかしら?」
「なるほど! そうそうペイズリーっスよね!」
「そうだった。確かにペイズリーだったな」
「え!? ちょ、ちょっと水織先輩……急に何言いだすんですか。良一ものみきも……よくそんなことを口にするわね」
 何故か空門さんは、胸のあたりを手で隠しながら照れてしまった。
「蒼、何をそんなに悶えてるんだ?」
「だ、だって、みんなが急にパ、パイズ……とか言い出すんだもん!」
「言ってねーよ!」
「そもそも柄の話だったろ? 私たちはペイズリーって言ったんだ」
「それ、初めて聞く言葉だわ? どういうものなの?」
「い、いや。私としては、水織先輩はそういう言葉も知識も、知らなくていいと思う」
「で、ですね。なんか生々しいし」
「そうなの?」
 ……こういう時、何とも言えない疎外感を覚えてしまう。
 真面目であるがゆえに、そういう話が出た時には気を使われて。
 でも、エッチな話題も苦手だし自分から行くこともできない。
 人と仲良くなるには、ある程度の『恥ずかしさの共有』みたいなものが必要だと、私は思っている。
 それを自分から出せない私は、みんなとの距離を埋めていくことができない。
 四人でいるけど……イメージは三人と一人だ。
「それじゃあ、私は行くわね?」
「え? 船までまだ時間ありますけど?」
「ちょっと、観光とかしていこうかなって」
「わかった。また学校で」


 彼女たちと別れて、私はあまり人気のない方へと歩いて行く。
 何となく一人になりたかった。
 灯台にたどり着き、誰もいないそこで時間が過ぎるのを待った。
 ここには私一人しかいない。
 そう思っていたけれど、先客がいたようだ。
「こんにちは……。お隣、いいですか?」
 そこにいたのは、クマのヌイグルミだった。
 高そうな年代物……誰かの忘れ物だろうか?
 何となく、それを膝にのせてギュッとしてみる。
「こういうのを触るのも、久しぶりね……」
 小さな頃から、少し成長の早かった私は、ある誕生日からプレゼントが変わった。
「そろそろヌイグルミは卒業ね?」なんて親から言われて。
 私はそれに「うん、もうお姉さんだもん」と答えた覚えがある。
 本当はヌイグルミがよかったのに、親の喜びそうなものをねだったのだ。
 その頃から、他人の言うことをよく聞くいい子を演じていたんだろう。
 後輩から「胸を大きくする方法を教えてください」なんて言われたこともあった。
 私はその時、その知識を勉強して、みんなに教えたりもした。
 期待を裏切れない。
 私は、そんな自分の性格も、発育がいい体も、エッチな話もできないノリの悪さも……好きではなかった。
 ほんの少しでいいから、そんな自分を壊したかった。
 だから……。
 私はヌイグルミを置いて、海が見えるところに立った。
 今言える、精いっぱいのエッチなことを言って……少しでも自分を壊そう。
 そんな願いを込め、肺に目いっぱい空気を吸い込み、私は叫ぶ。





「おっぱーーーーーーーーーーーーーーーい!」
 恥ずかしい……。
 なんてエッチで、はしたないことを言ってるんだろう……私は。
 でも……そんな自分を変えるために!
「おっぱい! おっぱい! おっぱーーーーーーい!」
 力の限り叫んだ。
「ふぅ……」
 こうしていけば、もしかしたら少しは変われるかも。
 でもさすがに、こんなところを見られたら、恥ずかしくて死んでしまうかもしれない。
 叫び終わり、さっきまで座っていたベンチに視線を向けると。
「……」
「……むぎゅ」
 ……見られていた。
「よ、よーかいですか?」
 私が初めて見る金髪の女の子。
 その子はちょっと怯えながら、そんなことを聞いてきた。
 本来であれば『よーかい』と言われたことに、答えるべきところだけど……私は、少し違うところに意識がいっていた。
「……綺麗な髪」
「むぎゅっ!?」
 お人形のような外見。
 夕焼けを薄めたような、そんな印象のある髪色に、私はついそんなことを口にしてしまっていた。
「あ……急にごめんなさい。えっと……? 妖怪って、妖怪? あの、お化けみたいな」
「はい、そですね」
「私が妖怪だとして、いったい何の妖怪なの?」
「……おっぱいのよーかいです」
 どうやらというか、やっぱりというか、聞かれてしまっていたみたい……おっぱいを。
 今すぐ走って逃げたいけど、私はなんとか取り繕って、彼女との会話を続けた。
「私は妖怪じゃないわ。だから怖がらなくて大丈夫よ」
「そですか。えっと……おっぱいの妖怪だと思っていた方が、妖怪ではないわけですから……」
 女の子は少し考えると、納得したように何度もうなずく。
「なるほど。ではあなたは、おっぱいというわけですね?」
「わ、私はおっぱいじゃないわ!?」
「むぎゅ? では、あなたは……?」
「私は水織静久よ。その制服、うちの学校の制服ね? 知ってると思うけどそこの生徒会長をしてるの」
「しりません」
「ええ? 学校にいるのに、生徒会長を知らない生徒がいるなんて……」
 私はほとんどの生徒を覚えているのに。
 あれ? でも……。
「あの、あなた……学校に来てる? 見たことない気がするんだけど」
「いったことないですね」
「ダメよ、ちゃんと来ないと?」
「わかりました。ではぜひ今度、連れて行ってください」
「え? 行く気あるのに今まで行ってなかったの?」
「はい。今までは、色々やることがあったんです。これからはないので、行ってみたいです!」
 何だか複雑な事情がありそうだし、あまり深く聞かない方がいいのかも。
 それにしても、初対面の私に「連れて行ってください」か。
 人懐っこいし、反応が面白い。
「ふふっ♪」
「どうして笑ったんですか?」
「ううん、面白い子だなーって」
「むぎゅ?」
「学校は、もうすぐテスト期間になるし、それから終業式もすぐあるわ。みんなと仲良くなるなら、夏休み明けの方がいいかも」
「それはいつですか?」
「九月の一日ね」
 私がそう言うと、彼女はすごく寂しそうな顔をしながら「むぎゅ~」と唸った。
 その日にもしかしたら、何かあるのかもしれない。
 けれど、触れられたくないことかもしれない。
 だったら、あえて聞いてあげない方がいいだろう。
「あ……そろそろ船の時間だから、私は帰るわね」
「そですか……。もうちょっとお話したかったんですけど、船の時間だったらしょうがないですね」
 もうちょっとお話したい? 私と?
「島には、私より面白い人たちもいるから、その人たちともお喋りしてみたら?」
「でも、あなたはいい人なので、あなたとお喋りしたいです」
「そんな、いい人なんかじゃないわよ……」
「いい人です」
「どうして?」
「ヌイグルミを、ギューッとしてたので」
「……そこから見てたのね」
「こころない人たちは、けったり投げたりします」
「そんなことはしないわよ。あら? そういえば……あのクマのヌイグルミが見当たらないけど」
「むぎゅ! ……ふ、船です! シズクさん! 船がもう来ますよ!」
「あ、そうね。それじゃあ――」
 この島に来る用事なんて、たまにしかない。
 それこそ今日は偶然来ただけで、さらには灯台になんて来る理由はない。
 けれど私は、こう口にしていた。
「――またね」


 船に乗りながら、私はさっきの発言を思い出していた。
 自分でも不思議だった。
 特に用事もなく、理由もなく、そんな約束をしてしまうなんて。
 もしかしたら、彼女のあの人懐っこさに影響されてしまったのかもしれない。
「不思議な子ね……」
 そう言いながら笑みがこぼれてしまった。
 今度、島に用事がある時にでも、また彼女に会いに行ってみよう。
 あの……。
 ……あれ?
「名前……聞いてなかったわ」


 翌日、私はまた島にやってきた。
 とりあえず、彼女へのお土産でも買っていこうと、駄菓子屋に行くことにした。
 するとそこには、空門さんと美希ちゃんがいた。
 あの子がよく買うものを聞いてみようと思うと……。
「え!? 金髪の子に会ったんですか!? あの、洋風の座敷童みたいな子」
「あ、なんかそんな雰囲気だったわ。人懐っこくて楽しい子よね?」
「なっ!? "ツムギちゃん"と喋ったのか? いや、何というか……さすが水織先輩だな」
「な、なに? "ツムギちゃん"って? この島の子じゃないの?」
「うーん。その子、都市伝説みたいな子なんですよ。時々現れて『つむぎちゃんでーす。つむぎちゃんをよろしくおねがいしまーす』って言って、どこかに帰っていくんです」
「そんなこと、全然言われなかったけど……」
「そうなのか。そういえば、梅雨が明けたあたりから、全然見かけないな」
「へー……」
 その後も、三谷くんや加納くん。会った人に聞いてみると……みんな同じような回答をしていた。
 でも、不思議と怖い感じや、嫌な印象は持っていないようだった。
 私は、そんな聞き込みをしながら灯台に向かう。
 あの時「またね」といった手前、私は彼女に会いに行くべきだろう。
 ……ううん、ちょっとちがう。
 私もきっと、彼女ともう少し喋ってみたくなったんだろう。
 だから、用事もないのにこの島に来た。
「こんにちはー」
「むぎゅ! シズクさんです」
「ふふっ、むぎゅ~♪ ツムギちゃん」
 彼女の挨拶らしきそれを、私も真似てみた。
「わたしの名前、知ってるんですか?」
「ええ、駄菓子屋さんで聞いたの。漢字で書くと、糸に自由の由になるで紬……でいいのかしら?」
「糸……自由……なるほど。そですね、それがわたしの漢字です」
「ええ。じゃあそう呼ばせてもらうわ」
「今日はどうしたんですか?」
「そうね。昨日、紬ちゃんにお喋りしたいって言われたから、来ちゃったの」
「おー。やっぱりシズクさん、すごくいい人です」
「そんなことないわよ」
 本当に、何となく会いたくなって来ただけなんだから。
 彼女のことを思ってのことではない。
「~~~♪」
「なあに、その鼻歌?」
「楽しい時に歌うものです。私の一番のお友達が、よく歌ってました」
「そうなのね」
 この子にも、いるんだ。
 そういう、仲のいいお友達が。
 ……少し、うらやましくて……少し、悔しい。
「そのお友達は、ここには来ないの?」
「そですね……。来るはずなんですけど、ずっとここには来ていないみたいです」
「そう……なんだ」
 何だか深い事情がありそうで、聞いてはいけなさそうな雰囲気だ。
 なのに……何故か、私はそのことを聞きたくなってしまった。
 でも……と、心の中で首を振る。
「それじゃあ、紬ちゃんの言っていた、お喋りをしましょうか?」
「はい! では、シズクさんのことが知りたいです!」
「私? 私は……そうね……」
 彼女は、これといって話題があるわけでもなく、聞きたいことがあるわけでもなく……こう言うのは少しおこがましいかも知れないけど、純粋に私と話してみたかったようだ。
 一つの話題が終わって、無言の時間が流れても、何となく……心地が良かった……。
 なんの意味もない話をして、無駄に時間が流れて、何でもないことで笑う。
「シズクさん。昨日はどうしてで、ここに来てたんですか?」
「え? どうしてって……」
「あと、何でおっぱいって叫んでたんですか?」
 少しだけ、言うのをためらった。
 真面目な自分を壊したい……とか、今までの私のこととか。
 そんなどうでもいいことを聞いても、彼女は楽しくないだろう。
 ……でも。
「なんかちょっとね、すっきりしたかったのかな?」
 私はそう言った。
 きっと誰かに、聞いてほしいって思っていたのだ。
 どうでもいい私の思いに、踏み込んできてくれる人を……待っていたのかもしれない。
「おっぱいって言うと、すっきりしますか?」
「ふふっ……ちょっとだけ♪」
「では、わたしも……」
 彼女は、昨日の私と同じように、海の方に向かって叫んだ。
「おっぱ~~~~い」
 そして私の方を向きなおす。
「……実感がありません」
「そう? すっきりした顔してるわよ?」
「……言われてみれば。モヤモヤがなくなってます」
「ふふっ♪ 冗談よ」
「むぎゅ!? うそ……だったんですね。むぎぎぎぎぎ……」
「ごめんなさい♪ でも、あなた……なにかモヤモヤしてることがあるの?」
「そですね。でも、ちょっと解決しました」
「どんなモヤモヤなの?」
 私は、自分の発言に驚いていた。
 今までだったら『あえて聞かないであげるべきだろう』なんて思ってたのに。
 彼女が踏み込んできてくれたおかげなのか、それとも……彼女に踏み込みたいと思っているのか。
 どちらにせよ私は、この時点で……彼女のことを好きになっていた。
 お友達になりたいって、そう思っていた。
「わたしのモヤモヤはですね。お話しできる人が少なくなってしまったので……ちょっと寂しいということです」
「そうなんだ。えっと島の人たちは?」
「むぎゅ……。変なこと言われたらいやなので……お会いしたくないです……」
「変なこと? 何か言われたの?」
「……昔、髪の色と目の色を……変な色といわれました……」
「あ……」
 特徴的な金髪と、碧色の瞳。
 島のお年寄り、それにまだ一人で島外に出ていない小さい子なんかにとって、少し珍しいかも知れない。
「それじゃあ……私がお友達になってあげる!」
 と、そう言おう思った。
 でもそれは、なんか少し違うような気がした。
 きっとそう言えば、私たち二人は仲良しになれるだろう。
 時々、私がここにきて、二人の時間を過ごす。
 なんでもない話をして、どうでもいい時を楽しく過ごす。
 きっと年齢も違うし、おそらく国も違う。
 そんな二人が、誰も来ないここで仲良くしている。
 うん……親友っぽい。
 でも、それじゃダメな気がした。
 私は彼女に、島のみんなの良さを教えてあげたかった。
「私の後輩、いい子ばっかりでしょ」って。
 そして島のみんなにも、彼女の良さを教えてあげたかった。
「私の親友、かわいいでしょ」って。
 だから、お節介をすることにした。
 彼女に……人に、踏み込んでいくことにした。
「あのね……私、自分の胸が……あんまり好きじゃないの」
「むぎゅ? どうしてですか?」
「なんていうのかな? 大きいせいで、私も変な目で見られるからかな? 大人っぽく思われたり……頼れるって思われたり」
「わたしと、同じなんですね……」
「そうね。変な目で見られる仲間ね」
「そう言われると、ちょっとだけうれしいです」
「それに、すごく邪魔だなって思うことがあるの。こんなに大きくても、無駄で……意味がない」
 でも……。
 彼女と過ごした意味のない時間は……とても楽しかった。
「私はね、あなたの髪も目も、すごく綺麗だと思うの。うらやましいって思うわ」
「むぎゅっ! て、照れます……」
「私も、胸をうらやましがられることがあるわ」
「はい。わたしもかっこいいと思ってました」
「うん。きっとそういうことよ……」
「……」
 彼女は何度もうなずき、そして首を傾げた。
「どういうことです?」
 通じてなかった。
「周りの人からはうらやましいって思われてるの。でも、自分はそれに悩んでいる。……とらえ方次第なのに」
「つまり……どういうことです?」
「ふふっ♪ あなたが何を言おうと、私はあなたの髪が好きってこと。そしてそれをみんなに伝えたいってこと」
「おー。なるほどです」
「ねえ、触ってもいい?」
「目はいやですけど、髪ならいいですよ」
「ふふっ♪ 大丈夫、髪の毛しか触らないわ」
「だったら。……どぞです」
 そう言って彼女は、私の横に座って頭を傾けてきた。
 それにそっと触れて、手櫛を通すようにスーッと撫でていく。
「綺麗で、サラサラで……気持ちいい」
「あ、ありがとうございます」





 くすぐったそうに、照れたように、私に笑顔を向けてくれた。
「きっと……みんなそう言ってくれると思うの? 綺麗だって」
「むぎゅ。ですが……やっぱり、ちょっと怖いです」
「みんないい人たちよ?」
「わたしはこうして時々、シズクさんが来てくれれば……それでいいです」
 不安そうにそう言ってきた。
 私は、彼女と……さっきまでの自分に、こう答えた。
「それはダメよ?」
「むぎゅ?」
「あのね……私これからコンプレックスだった胸に、誇りをもって生きるわ」
 そう、彼女をまっすぐに見ながら言った。
「あなたが綺麗って、かっこいいって言ってくれたから、それを信じてみることにする」
「……むぎゅ」
「だからあなたも、その髪と目にコンプレックスを持たないで。……私の言うことを信じてみてくれない?」
「……」
 すると彼女は……ちょっと不安そうに、ゆっくりと頷いた。
 私の顔は……自然とほころんでいた。
「それじゃあ、みんなのところに行ってみましょうか?」
「わ、わかりました。……ですが、その前にお願いがあります」
「ええ、何かしら?」
「あなたがわたしの髪をキレイと触ってくれたように、わたしもそのおっぱい……触りたいと思います」
「え? さ、触るの? ……おっぱいを?」
「触ります。……撫でます」
「結構ちゃんと触るつもりなのね!」
 今までの私なら、そんなの断るけど……。
「どうぞ」
 私は、そう生きるって決めた。
 今日から私は、おっぱいに対して肯定的に積極的に生きていく。
 それを見せて、彼女を勇気づけなければならない。
「では、触らせていただきます」
 彼女の手が、正面から私の胸を触ってきた。
「ど、どうかしら?」
「なんでしょう。すごく……幸せな気持になりました」
「私のおっぱい……触ると幸せになれるのね」
「なります」
「わかったわ。それじゃあみんなにも、触ってもらうわ」
「いいと思います」


「そうして私は、紬を連れて駄菓子屋に行ったの。もちろん、すぐに受け入れてくれて、今の関係になったわ」
「……」
「だから、紬の隣にいる限り……私はおっぱいでいるの。あの子が自分の容姿に、あの綺麗な髪と目に……自信を持てるように、ずっと笑顔でいるように……いつまでもおっぱいなの」
「……そうか」
「どうしたの?」
「いや……思いのほかいい話だった」
 羽依里くんは、とても複雑な表情をしていた。
「あと、気になるのは……おっぱいはみんなに触らせたのか? 良一とか、天善にも……」
「その頃はおっぱい初心者だったから、結局誰にも触ってもらってないわ」
「……そうか」
「ええ、そう」
「じゃあなんていうか、ちょっと前まで結構頑張っておっぱいって言ってたんだな」
「そうね。まあすぐに、おっぱいは独り歩きを始めたたけどね」
「お、おう。よくわからない」
「でも、おっぱいのおかげで、パイリくんとも仲良くなれたんだし、やっぱり感謝ね」
「俺、そんなにおっぱい感出してないと思うけど……。おっぱいきっかけで仲良くなる要素って何かあったか?」
「あら? 初めて会った時、私のおっぱいを凝視してたじゃない」
「……。ばれてたのか」
 ちょっと恥ずかしがるような表情をしながら、そっぽを向いてしまった。
 男の子って感じで、なんだか少し可愛い。
 けれどそのまま、羽依里くんは立ち上がって海の方へと歩いて行った。
 なにをするのかと思ったら。
「おっぱーーーーーーーーーーーーーい!」
 あの時の私たちと同じように、彼もまたおっぱいと叫んだ。
 これは……。
「パイリくんも、モヤモヤしてることがあるの?」
「ああ、俺も二人ともっと仲良くなりたいから、ちょっと言ってなかった話をしようと思ってさ」
「ふふっ♪ じゃあ聞かせてもらいましょうか」
「実は俺は、水泳部だったんだけどさ――」
「うんうん」
 自分探しをしている紬。
 自分のやるべきことを無くしてしまった羽依里くん。
 自分を抑えてきた私。
 自分を見失っていた私たちは、偶然にもこの灯台に集まってきた。
 でも、それは必然なのかもしれない。
 だってここは灯台なのだから。
 船を導くことは出来なくても、ほんの三人くらいなら導けるかもしれない。
「そんなことがあったのね……」
「まあ。……軽蔑したか?」
「ううん、仲良くなれた気しかしないわ」
「そっか……ありがとな」
 さて、灯台に導かれた私たちは、これからどこに向かうのだろう?
 それは、きっと各々が決めることだ。
 それがきっと、自分なんだと思う。
「それじゃあパイリくん。まだ誰にも言っていない、とっておきのお話をしてあげるわ」
「おお、聞かせてくれ」
「ええ。でも、そろそろ夕方だし……また明日にしましょうか?」
「え? 自分からふっておいてそれかよ」
「いいじゃない。だって……」
 無駄な話と、意味のない時間を積み重ねて、を私たちの関係は深まっていく。
 今後、私たちはどうなっていくのだろう。
 それは、想像ができないけど……そんなに慌てることもないだろう。
 だって……。
「夏休みはまだまだ長いんだし」

<怀于胸中的柔软之物>

那天是某一个夏日。
 我在灯塔等着紬和羽依里。
「他们是不是去粗点心店买东西去了啊?」
 这座灯塔难得能够有这份静谧。
 不过这灯塔本身就被废弃了,周围安静一些才是正常的吧。
 只是,每当看着灯塔……我就不禁想起和紬相遇的那个日子。
 然后,我就很自然地,说出了一句话。
「……欧派」
 这两个字随着海浪声,渐渐变小……。
 我正享受着这份静谧,耳边传来了两个人的声音。
 其中一个人的声音,可以说出乎意料。
「喂,鹰原,你没骗我吧」
「没骗你啊。如果你要和静久搞好关系,聊欧派是最好的」
「难以置信……」
「大不了当我忽悠你嘛」
「被忽悠的话后果很严重的好吗!?」
 声音的来源,是羽依里和加纳同学。
 先不说羽依里,加纳同学出现在这里也太少见了。
「哟,静久」
「早啊,羽依里。加纳同学也来啦」
「是!没错!我来了!」
 在我的面前,加纳同学经常会显得很紧张,不是姿势端正,就是动作夸张。
 应该是因为我是学生会长,他在我面前不敢太放纵吧。
「上啊,天善。去聊聊欧派啊」
「在,在这个时候吗!?」
「和静久的打招呼的话,用欧派开头效果很好的」
「呜……呜……我就……信你这一把」
「你们这是怎么了吗?」
「对了,天善有话想对静久说」
「是吗? 什么事情啊?」
 我转而看向了加纳同学,他看向了别处的同时,这么说到。
「所,所谓肉体就是……每天的修炼,以及,内心意识的表现……无论是堕落,还是努力,我觉得……都会最终体现在肉体上」
「确实是呢,我也是这么觉得的」
「所,所以说……那个……我觉得,水织学姐的那种母性、那份温柔,都无与伦比! 这是不是那无与伦比的欧派所表现出来的呢!?」
「啊? 谢……谢……你」
 突然被赞美欧派,真的,内心突然有点……咚地一声。
「那个! 我赞美您的胸部,并不是什么性暗示,而是真心赞美人类肉身的那种魅力......应该说是艺术品!」
「我的欧派是……艺术品!? 等,等一下加纳同学……突然这么夸我,我有点跟不上啊……」
 耳朵……稍微有点热了。
「鹰,鹰原! 她,她这是在害羞吗!?」
「她脸都这么红了,肯定是啦」
「是吗! 非常感谢你! 很好,那么! 我要说此生最重分量的话了!!」
 加纳同学的脸上稍微有点害羞,看向了我。
 他似乎是做好了觉悟,开口说到。
「水,水织学姐!」
「什,什么!」
「……您,您的欧派……仿佛就像是雪白的乒乓球一样」
「啊……」
「请将……发球权交给我吧!」
 他这么说着,眼睛笔直地看向我。
 我的……回答是……。
「……地面乒乓(ground pin-pon)」
「嗯? ……啊?」
「加纳同学……你对于乒乓球被称作『tabletennis』是怎么想的呢? 会不会觉得这个名字显得乒乓球比网球低一等呢?」
「确,确实是啊!」
「乒乓被这么称呼,是不是感觉很不甘? 不如说,网球才是乒乓的亚种,被称作ground pin-pon才对不是吗?」
「啊!!」
「同理。虽然你说欧派像白乒乓一样,不过呢,欧派……就是欧派。她是不可以用其他东西来形容的」

「我……居然……说了这种话……」
 加纳同学膝盖一软,跪倒在地。
「……谁都会犯错的。没事的,欧派啊……她的柔软是可以包容错误的」
「她居然……这么仁慈! 确实……这个世界,确实能够将万物包容啊」
「等下,天善。静久说的可不是世界,是欧派啊」
「水织学姐怎么可能说这种话?」
「这……可是……她刚才一直都……」
「不过鹰原……谢谢你。还有水织学姐……我下次再来」
「嗯,下次见♪」
 加纳同学留下这句话,转身离开了。
「我说静久,你刚才说的不是『世界』而是『欧派』的柔软吧?」
「对啊,我说的是欧派啊」
 羽依里满脸不可思议,就这么看着加纳同学的背影。
 然后他坐在了旁边的长椅上,我也顺势坐下了。
「话说回来,静久为什么变得那么喜欢欧派啊? 从什么时候开始变成这样的?」
「哼,乳依里,对欧派很有兴趣嘛♪ 可以啊,让我来告诉你许多欧派的事情吧」
「不不不,我不是说欧派,我是想了解静久」
「嗯? 啊……突然这么说……我也怪不好意思的」
 羽依里似乎也发现自己刚才说出的话,满脸害羞地道起歉来。
 我则是把脸转向了灯塔……开始回想和紬相遇的那一天……。
「我变成的欧派是从……遇到紬那一天开始吧」
「那样啊」
「是啊,好怀念啊……」
「……嗯? 不过……既然是和紬相遇开始,那么,变得超喜欢欧派,也才……」
「两个月哦」
「……这历史意外的短呢」
「欧派和时间可是无关的」
「……这样啊」
 他脸上的表情可以说很是微妙。
 我不自禁地……想对他说起有关欧派的事情。
 这样才能跟他说清楚这来龙去脉……。
「那么,能稍微说一下那个时候的事情吗?」
「好啊,不如说我真的想听听」
 那么……我这么说着,开始讲述那时的故事。


 那时,梅雨季刚过,离学期末还有几个星期吧。
「鸣濑同学! 那个……稍微找你有点事情」
「啊! 跟,跟我没关系!」
「啊……」
 那洁白的影子,在石堆上跳跃了几次,便逃离了我的视线。
 到头来,我又让她跑了。
 鸣濑同学她不怎么来学校。
 因为老师拜托我能不能跟她交流交流,我才来到这鸟白岛的。
 因为她仅仅是我的学妹,如果不怎么熟的话,也很难说上话的。
 可是,为什么是我来跟她谈话呢。
 好像是因为……我是学生会长,又容易说话,和谁都能好好相处。
「明明我不是这样的……」
 我反倒觉得这个评价,让我心里感觉很复杂。
 说来也奇怪……我从来不会拒绝有求于我的人。我虽然和谁都能说话,可是却没有哪怕一个挚友。
 虽然说不上很难受,只是,总觉得有点寂寞。
「要不回去吧」
 看了眼手表,离下一班渡轮还有不少时间。
 这岛上能够打发时间的地方……我只知道那里。
「嗯,水织学姐? 怎么跑到这里来了」
「中午好啊空门同学,三谷同学和美希也在啊」
 我走到了岛上的粗点心店。
 不过我没有看到加纳同学,估计他在哪里练着乒乓球吧。
 话说回来……。
「三个人脸色都不好呢……怎么了吗?」
「对了,虽然不是啥大不了的事,只是忘记了这个花纹的名字,在正在三个人一起回想呢」
 我也看向了印有那个花纹的毛巾。
「这个花纹的话,应该是佩斯利吧?」
「原来如此! 对对,是佩斯利来着!」
「确实啊,是叫佩斯利来着」
「嗯!? 等,等一下水织学姐……突然都在说些什么呀。良一野美希你们也是……还真的是那么习惯说那些东西吗」
 不知为何,空门同学突然用手捂住胸部,害羞起来。
「苍,你怎么了,突然这么扭捏?」
「因,因为,大家突然说些什么派斯……还一直说个不停啊!」
「我才没说好吧!」
「况且我们在说花纹吧? 我们说的可是佩斯利啊」
「那个,我头一回听说啊? 什么意思啊?」
「不,不是。我只是觉得,无论是这词还是知识,水织学姐还是不要知道的好」
「是,是啊,总感觉有点那啥」
「是吗?」
 ……每当这个时候,我就觉得自己是个局外人。
 或许是太正经了,所以聊这个的时候别人都会稍微克制一下。
 不过,我自己就不熟悉这方面的事情,也不可能主动去讨论。
 人与人之间,需要一点“共同的羞耻”才能互相亲近。
 我恰恰因为做不到,所以才和他人有这么大的隔阂。
虽然这里有四个人……但实际上是三个人加上另一个人才对。
「那么,我就先走了?」
「啊? 离渡轮还有不少时间啊?」
「我稍微在岛上逛一下」
「知道了,那么学校见」


 我们分开后,我走向了没有什么人烟的地方。
 有点想一个人待一会儿。
 我走到灯塔,在这无人之处等待时间的流逝。
 这里只有我一个人。
 虽然我是这么想的,不过好像有人先到了。
「你好……请问,能坐在你旁边吗?」
 那是一只玩偶熊。
 好像很有年头了……是谁忘在这里的吗?
 不知不觉,我把她放在膝盖上揉了起来。
「已经,很久没有这么摸过玩偶了呢……」
 我还小的时候,因为我发育比较早,所以,生日礼物也突然变了。
「差不多也不用再要玩偶了吧?」父母这么说到。
 我记得,我的回答是「嗯,我已经是大姐姐了」。
 其实玩偶就可以的,不过我还是说了让父母感到开心的话。
 大概从那个时候开始,我就努力‘当好’大家口中的好孩子吧。
 曾经也有学妹问过我「请告诉我将胸部变大的方法吧」。
 我就在那个时候,开始接触这方面的知识,并且教给了大家。
 不能辜负别人的期望。
 我……一点也不喜欢这样的自己……无论是自己的性格、发育良好的身体、不能和其他人一起说一些下流的事情。
 有点想破坏掉这样的自己,哪怕一点点也好。
 所以……
 我把玩偶放下,站在了看得到大海的地方。
 趁现在,尽可能地说一些下流的东西……感觉这样就能些许地破坏自己。
 怀着这样的愿望,大吸了一口气,我大喊了起来。

「欧派————————————————!」
 太羞耻了……。
 我真的是……到底在说些什么下流的东西啊。
 不过……为了改变这样的自己!
「欧派! 欧派! 欧派——————!」
 喊到了极限。
「呼……」
 只要这样,或许就能改变些什么。
 不过,如果被人看到的话,还是会害羞地想死吧。
 叫完只有,我回过头,看向了刚才的长椅。

「……」
「……姆Q」
 ……还真被人看到了。
「你,你是妖怪吗?」
 这个金发的女孩子我第一次见到。
 那孩子稍微有些害怕地问着我。
 既然她问我是不是妖怪,我怎么也应该说点什么……可我却注意到了别的地方。
「……好漂亮的头发啊」
「姆Q!?」
 人偶一般的外表。
 因为那发色,仿佛让夕阳也变得黯淡了。所以我不自禁地这么说出口。
「啊……对不起。那个……? 妖怪是说,妖怪吗? 那种,怪物吗」
「对,就是那个」
「如果我是妖怪的话,那是哪种妖怪呢?」
「……欧派的妖怪」
 不知道该说是理所应当呢,还是果不其然呢,看来……她真的听到我喊欧派了。
 虽然现在真的想赶快跑掉,不过我还是试着去和她对话。
「我不是妖怪哦,所以也不用害怕的」
「这样啊。那个……如果把自己当欧派妖怪,才不可能是妖怪的吧……」
 女孩子稍微思考了一下,仿佛接受了这些般地不停点头。
「原来如此啊,那么你就是欧派吗?」
「我,我可不是欧派啊!?」
「姆Q? 那么,你到底是……?」
「我叫水织静久。你身上那身校服,是我们学校的吧? 虽然你应该知道,我是那里的学生会长」
「我不知道」
「嗯? 学校里居然还会有不知道学生会长的学生吗……」
 明明我能记住几乎所有的学生的。
 等下? 等一下……。
「那个,请问……你有来学校吗? 我好像感觉我没见过你」
「我没去过呢」
「不行啊,还是要好好来学校的」
「我知道了。那么下次请带我去吧」
「嗯? 明明想去,可是到现在都没有来过吗?」
「是啊。因为到最近都一直有别的事情在做。不过之后就没有事情了,所以想去!」
 她好像有些隐情,不过还是不要深究了。
 不过,明明是第一次见,就对我说“请带我去”吗。
 她很亲近人不说,反应也很有趣。
「哼♪」
「为什么要笑啊?」
「没什么,只是觉得你好有趣啊」
「姆Q?」
「学校差不多要开始期末考试了,然后就是结业式。如果想要和大家搞好关系的话,还是等暑假结束比较好吧」
「那要到什么时候啊?」
「九月一号吧」
 我这么说出口后,她默默地低下头,念叨着「姆Q~」。
 看来,那一天会发生什么。
 不过,也许那也是她不愿意触及的地方。
 那么,还是不要触碰比较好吧。
「啊……差不多渡轮要开了,那我先走了」
「是吗……明明还想和你说说话的,不过既然是要坐船就没办法了」
 还想说说话? 和我?
「可是岛上还有不少比我有趣的人啊,要不要试试和他们聊天?」
「不过,你是好人啊,所以我想和你说话」
「可是,我也不是好人啊……」
「你是好人啊」
「为什么?」
「因为你有好好地抚摸玩偶啊」
「……那时候你就在啊」
「没有良心的人,基本都会把它扔出去的」
「我才不会做那种事呢,等等? 说回来……那个玩偶熊去哪里了呢?」
「姆Q! ……船,船来了! 静久同学! 渡轮来了!」
「啊,确实呢,那我先走了——」
 本来,我来这个岛的理由就很少。
 所以今天我也是偶然过来,更没有理由再去灯塔。
 可是,我却不自禁地这么说到。
「――下次见」


 我坐上了船,想起了刚才的对话。
 自己也觉得不可思议。
 没有原因,没有理由,就结下了这么一个约定。
 说不好,是被那孩子的亲近给感染了吧。
「真是个不可思议的孩子呢……」
 我不自觉地笑了出来。
 下次等有事再上岛的时候,再去见见她吧。
 那个……。
 ……等等?
「名字……忘记问了」


 第二天,我又来到了岛上。
 我为了给她买点东西,就先去了趟粗点心店。
 恰好空门同学和美希都在那里。
 正好寻思着问问她经常买什么东西……。
「什么!? 你见到那个金发的孩子了!? 那个和洋玩偶一样的女孩子」
「啊,她确实是那种感觉呢,应该是个很亲近人的好孩子吧?」
「啥!? 你居然和“小紬”说话了吗? 不是,该怎么说……不愧是水织学姐啊」
「什,什么? “小紬”是什么意思啊? 她不是这岛上的人吗?」
「怎么说呢。那孩子,就跟都市传说一样。时不时跑出来,然后说着『我是小紬——,请多指教——』,然后就不知道回到哪里去了」
「她根本就没说过这种话啊……」
「这样子啊。话说回来,自从梅雨季节过了之后,就没怎么看到她了」
「这样啊……」
 在这之后,我也问了三谷同学和加纳同学,还有其他见到的人……大家的回答几乎都一样。
 不过,仅仅是不安和恐惧,并没有谁讨厌她。
 我一边打听,一边走向灯塔。
 那时候都说了‘下次见’了,我也应该去找她吧。
 ……不对,稍微有点不同。
 我肯定是,想再和她说说话吧。
 所以,明明没事,却还是过来了。
「中午好啊」
「姆Q! 是静久同学啊」
「哼哼,姆Q♪ 小紬」
 我稍微模仿了一下她打招呼的样子。
「我的名字,你知道的吗?」
「是啊,我在粗点心店问过了,写出来的话,绞丝旁加上自由的由……那个‘紬’没错吧?」
「绞丝旁……自由……原来如此。确实呢,我的名字是那么写的」
「是吗。那么就这么叫你了」
「今天怎么了吗?」
「怎么说呢,昨天,小紬你也说过想再和我说说话的吧,所以我就来了」
「哦——果然静久同学是一个好人呢」
「才没有那种事呢」
 因为,我真的是不自觉地就过来了。
 并不是想着要见她。
「~~~♪」
「什么啊,那首歌?」
「我开心的时候会哼的。我最好的朋友经常会唱的」
「这样啊」
 原来,这孩子也有的啊。
 那种,关系很好的朋友。
 ……稍微,有点羡慕……有点,不甘。

「你朋友没过来吗?」
「怎么说呢……应该会来的,可是一直都没来」
「这样……吗」
 好像有什么隐情,还是别继续刨根问底了。
 可是……我有种莫名地想要打听的冲动。
 不过……还是打消了这个念头。
「那么,小紬,我们来聊点什么啊?」
「好啊! 那么,我想了解静久同学!」
「我? 我啊……怎么说呢……」
 她既不像是借题发挥,也不像是有事想问……虽然这么说有点可笑,她仅仅是想和我说话。
 聊完一个话题,时间流逝,不知不觉……心情舒畅……。
 扯扯毫无意义的话,打发打发时间,因为莫名的理由发笑。
「静久同学,你昨天为什么要来这里呢?」
「嗯?为什么啊……」
「还有,为什么要大喊欧派呢?」
 我稍微,有点犹豫。
 我有点想说……破坏掉以前正经的自己。
 可是说这些东西,她作为听者也不会舒服吧。
 不过,我还是……
「我应该,只是想发泄一下吧,能清爽不少呢」
 我还是说出来了。
 我肯定是希望,有人能够听听我的想法吧。
 我肯定是,在等待着……等待着有人能够走进我这思绪之中。
「大喊欧派能够让人清爽吗?」
「哼哼……稍微吧♪」
「那么,我也……」
 她学着我昨天那样,面朝大海,大喊到。
「欧派————」
 然后又转向我。
「……没有实感呢」
「是吗? 可是表情清爽了不少哦?」
「……这么说起来的话,心里痒痒的感觉没有了呢」
「哼哼♪ 开玩笑的」
「姆Q!? 原来……是骗人的吗。姆叽叽叽叽叽叽……」
「对不起啦♪ 不过……你有什么心事吗?」
「确实有呢,不过现在稍微有点舒坦了」
「什么事情呢?」
 我不禁惊讶于我说出口的话。
 如果换做以前,我肯定是『刻意不去听』的。
 应该说是因为她走进来了呢,亦或是说……我想走进她的世界呢。
 不管怎么说,我在那个时候……就喜欢上她了。
 我希望能够成为她的朋友。


「我的心事啊。因为愿意和我说话的人越来越少了……稍微有点寂寞呢」
「这样啊,那么和岛上的人呢?」
「姆Q……因为被说了奇怪的话,我心里不舒服……所以不想见他们……」
「奇怪的话? 你被说什么了?」
「……以前,大家都说我的头发和眼睛……颜色和奇怪……」
「啊……」
 很有特点的金发碧眼。
 对岛上的老一辈,或者还没有出过小岛的孩子们来说,确实是很奇怪了。
「那么……我来当你的朋友吧!」
 我正想这么说。
 可是,一般应该不是这样的。
 只有这样说,我觉得才能和她变得亲近。
 我时不时过来这里,两个人一起打发时间。
 随便聊聊天,开心地消遣时光。
 我们肯定年龄不同,恐怕国籍都不一样。
 那样的两个人,在这种没有人烟的地方独处。
 嗯……跟挚友一样。
 不过,这样是不行的。
 我真的,很想把她介绍给岛上的人。
「看,我的学弟学妹们都是好人吧」。
 同样也想把她的优点介绍给岛上的人。
「我的挚友很可爱吧」。
 所以,我就变成了引路人。
 走进了她的……走进了别人的世界。
「那个……我,不是很喜欢……自己的胸部呢」
「姆Q? 为什么呢?」
「该怎么说呢? 因为大,所以经常被异样的眼光看着吧? 比如看起来很成熟……看起来很可靠」
「我也是这样的呢……」
「对吧。我们都是被异样眼光围观的伙伴呢」
「听到这个,稍微有点高兴了呢」
「而且,我有时候也觉得很碍事。这么大的话,完全……没有意义啊」
 不过……。
 和她在一起的时间……真的很快乐。
「我真的觉得, 你那头秀发,和那双眼睛,很漂亮啊。感觉好羡慕」
「姆Q! 怪,怪不好意思的……」
「我也是,胸部被各种人羡慕呢」
「是啊。我也觉得超帅气的」
「嗯。肯定是这样的……」
「……」
 她点了无数次头,然后歪了下脑袋。
「什么意思啊?」
 看来她没懂。
「有些东西,他人艳羡不已。但是,自己却因此而烦恼……主要是立场问题呢」
「所以……是什么意思啊?」
「哼哼♪ 不管你怎么说,我确实很喜欢你的头发。只是想把这点告诉大家而已」
「哦——原来如此」
「我说,能让我摸一下吗?」
「眼睛还是不想的,不过头发可以」
「哼哼♪ 没事的,我仅仅会摸头发哦」
「那样的话……请吧」
 她一边这么说着,一边坐到我身边。
 我轻轻地摸了上去,仿佛梳子一般地捋过她的头发。
「又漂亮有顺滑……好舒服啊」
「非、非常感谢」

 她好像很痒,又好像害羞般地笑着。
「你一定……想要大家都这么说吧? 比如头发很漂亮、」
「姆Q。可是……我还是很害怕」
「大家可都是好人哦?」
「如果像是静久同学这样,时不时过来的话……我就没问题」
 她有点不安地回答到。
 我,面对着她……以及以前的自己,这么回答到。
「那样可不行哦?」
「姆Q?」
「那个啊……我以后,就要以这从前困扰我的胸部为荣活着了」
 对,我径直地看着她,这么回答道。
「你说她们美丽、帅气,那么我也就决定了,相信你说的话,然后这么活下去」
「……姆Q」
「所以,你也别觉得那头发和眼睛是负担了……愿意相信我说的话吗?」
「……」
 她……虽然有点不安,不过还是缓缓点了头。
 我的表情……很自然地放松了。
「那么,我们去大家那里吧?」
「我,我明白了……不过,在那之前我有个请求」
「行啊,是什么啊?」
「像是你抚摸我的头发那样,我也想……摸摸你那个欧派」
「啊? 要,要摸吗? ……欧派?」
「要摸……想抚摸一下」
「还真是想好好摸的啊!」
 如果是以前的我,肯定会拒绝的……。
「请」
 我已经决定了,这样活下去。
 从今天开始,我要对欧派持着肯定的态度。
 我必须这样做,才能带给她勇气。
「那么,我开始摸了」
 她的手,从正面摸上的我的胸部。
「怎,怎么样啊?」
「怎么说呢。感觉……很幸福」
「我的欧派……摸了能让人感到幸福啊」
「真的能感觉到的」
「我明白了,那么,也让大家摸摸」
「我觉得可以有啊」


「然后,我就把紬带到了粗点心店。自然了,大家都很快接受了她,然后就一直到现在了」
「……」
「所以,只有我在紬身边……我就会是欧派了。想让那孩子,对着自己的外貌、那头发和眼睛……充满自信、一直面带笑容……我就一直是欧派了」
「……这样啊」
「怎么了吗?」
「不是……感觉这故事还挺好的」
 羽依里满脸复杂。
「还有,有一点很在意……你真的让大家都摸了吗? 良一啊,天善他们……」
「因为那时候我还是欧派的初学者,所以最后谁都没摸呢」
「……这样啊」
「嗯,没错」
「那么该怎么说呢,在那之前还是很努力才能说出欧派的吧」
「是呢,不过很快,我就作为欧派出师了」
「哦,不是很懂」
「不过,因为欧派我也才能和乳依里变得亲密,果然还是很感激啊」
「虽然我不觉得我对欧派有兴趣……因为欧派才能变得亲近的原因是什么?」
「你想想? 第一次见面的时候,你不是凝视着我的欧派吗?」


「……暴露了吗」
 羽依里脸上稍微有点害羞,把脸转了过去。
 他确实是个男孩子,感觉挺可爱的。
 不过,他就这么站起来,走向了海边。
 正想着他要做什么。
「欧派——————————!」
 仿佛我那时候一样,他也大喊着欧派。
 这是……
「羽依里也有什么心事吗?」
「因为想和你们更亲近,所以也想说说以前没说过的话」
「哼哼♪ 那么说说看吧」
「其实我啊,以前是游泳部的……」
「嗯」
 寻找自己的紬。
 丧失自己目标的羽依里。
 压抑自己的我。
 丢掉自己的我们,偶然这个灯塔相遇了。
 不过,那应该是必然。
 因为,这里是灯塔啊。
 哪怕不能再引导船只了,但或许能作为单独的三个人的路标。
「居然有过那种事吗……」
「是啊……你看不起我了吗?」
「没有啊,我只觉得和你的关系更好了呢」
「是吗……谢谢啊」
 那么,被灯塔引导的我们,又该走向何方呢?
 这肯定是我们自己才能决定的事情。
 那样才是真正的自己啊。
「那么乳依里。我也来说说还没和别人说过的话好了」
「哦,洗耳恭听」
「好啊,可是已经快傍晚了……要不明天再说吧?」
「啊? 明明是你自己说的话」
「不也挺好的嘛,反正……」
 无意义的时间,无意义的交流,我们的关系就这样一天天更紧密。
 我们以后会怎么样呢。
 虽然有点无法想象……不过也不急于一时。
 反正……
「暑假还长着呢」