《Summer Pockets》 Short Story~在夏日的绚烂之中~稻荷篇

来自萌娘书库
跳转至: 导航搜索

《Summer Pockets》 Short Story~在夏日的绚烂之中~

稻荷篇】

译者:书书

日本語 中文

<小さな体の、大きな記憶>

「じゃあね~、イナリ。今夜もありがと」
「ポン!」
 夜明け前、今夜分のお役目を終えた蒼ちゃんが、ハイリさんと山道を下りていく。
 ボクは、2人の背中が見えなくなるまで見送ります。
 キツネのボクが、こうやって人間の言葉を理解できるようになってどのくらいでしょうか。
 よく覚えていません。
 そういえば“ポン!”と、鳴くボクを、初めて出会う人間は本当にキツネかと疑います。
 鳴き声からか、真っ先にタヌキを連想するようですね。
 そんな人間に尋ねたいです。
 ポンと鳴くタヌキを見たことがありますか?
 まったく、失礼な話です。
 それともうひとつ、これもハッキリさせておきましょう。
 ボクは「メス」です。
 エッチな本とか、女の子のパンツに釣られたこともありますが、乙女です。
 同族オスよりも人間の女の子が好きなだけです。
「ポキュ……」
 いけません、ボクの眠気も限界のようです。
 ひとまず眠ることとしましょう。
「クゥ~……クゥ~……」
 自慢の尻尾を枕代わりに丸まって眠るのが、最近のトレンドです。
 ボクは山の奥にある巣穴で眠っています。
 外敵から身を守るために、安全な場所で眠るのは野生の本能。
 そういう意味では、蒼ちゃんは、本能を捨てています。
 村の中とは言え、無防備に眠りすぎです。
 もっとも、ボクが側にいるので危険は限りなくゼロですが。
 そういえば、蒼ちゃんはボクにとってなんでしょうか。
 トモダチ? オネエチャン? ゴシュジンサマ?
 あ……、ゴシュジンサマという響きにゾクっとしました。
 ひとまずゴシュジンサマとしましょう。
「ポ……キュ……」
 蒼ちゃんの前で芸をして褒められる夢を見ました。
 とても満ち足りた夢です。
 でも、そろそろ目覚ましが鳴る頃───……

 カコン、カコン、カコン、カコン

「ポキュ……」
 軽快な音に、尻尾が自然と揺れます。
 だから、否応なしに頭が揺れて目が覚めました。
「ポン~」
 巣穴から出ると、耳と背中と尻尾を目一杯伸ばします。
 山の瑞々しくて濃い緑の空気を、胸いっぱいに吸い込んで。
「ボキュッフ!」
 噎せました。
 軽快な目覚ましに誘われるように、ボクは茂みの中を進みます。
 視界が開けると、ボロボロの小屋があります。
 壁の隙間から中に入ると、人間が大きなしゃもじのようなもので、小さな玉を叩いています。
 確か、蒼ちゃんの愉快な下僕の1人です。
「ポン」
「むっ? おまえか、どうやらまた特訓に付き合いに来たのか」
「ポンポーン」
「ふっ……いいだろう、胸を貸してやる。行くぞ!」
 この人間のオス、偉そうにしていますが何様でしょうか。
「奥義! 舞卦処撥斗!」
「ポーーーン!」
 凄いスピードで玉がこっちに飛んでくるけど、尻尾の一凪であっさりと払い返す。
「がっはああああああああぁっ!!!」
 打ち返した玉が、額に当たって吹っ飛ぶ。
 いつものことです。
「な……何故だ……! どうしてキツネごときに勝てない! 天善! お前はこの程度か!」
 地面に拳を叩きつけながら、人間のオスが叫んでいます。
「イナリ! もう一本だ! 次は本気で行く!」
 何度も聞いている台詞だけど、このオスの本気は何段階あるんでしょうか。
「てんぜーーーーん! ファイッ! ファイッ! ファイッ!!」
「ポーーーーン!」
 ただ、何をやっても結果は変わらなくて。
「うっ……ひっく、ぐううううっ……何故っ……勝てんっ……!!」
 泣きながら地面の上で大の字になっています。
 誰も居ないところでは、臆面もなく泣くようです。
 弱者に多くの言葉を投げるのは、プライドを傷つけます。
「ポン」
 なので精進しろよ、と一言だけ声を掛けて去ります。
 ここまで含めて、よくある、朝の一幕です。

※ ※ ※ ※ ※

 朝ご飯前の適度な運動は、健康の秘訣。
 ボクは明るい山道をのんびりと歩きながら下ります。
 人間が住む場所までやってきました。
 昔は、人間に近づいてはいけないと、野生の本能がいっていました。
 もう顔も忘れた母親からもそう聞かされていました。
 だけど、いつからかボクは人間の住む場所に通うようになりました。
 人間が怖いと思わなくなったからです。
 蒼ちゃんと一緒にいるせいでしょうか?
 人間の言葉が分かるようになったからでしょうか?
 分かっているのは、この島の人はみんないい人ばかりです。
 何より、ご飯に困ることがありません。
 というわけで、突撃島の朝ご飯の時間です。
 昨日は、食堂と呼ばれる場所でクリームパンを貰いました。
 一昨日は、蒼ちゃんがお仕事をしている場所で、かき氷をもらいました。
 (あれはお腹が膨らみません)
 さて、今朝はどこに行きましょうか。
「ポン?」
 良い匂いがしました。
 油の乗った甘い香り。
 その匂いだけを頼りに、道を歩きます。
 ふと、前を見ると見覚えのある人間のオスがいました。
 頭に固そうなものをかぶってて、慌てているようです。
「ちょ、ちょっと出かけてきまーす!」
 鉄の子馬のようなものに乗って、すごいスピードで去って行きました。
「遊んできまーす!」
 続いて小さな人間の女の子も飛び出してきました。
「くわばらくわばら」
 怯えた顔で出てきた家の方を何度も振り返りながら、小走りで去っていきました。
 良い匂いはあの家から漂っているのですが、何があるのでしょうか。
「ポン?」
 ボクは首を傾げながら、その家に近づきます。
 美味しい何かがそこにあるのだから。
「2人とも、朝ご飯も食べないで遊びに出かけるなんて、せっかちなのね」
 家の前に出てきたのは、鏡子さんという人間。
 何度か見かけたことがあります。
 甘い匂いは、この人の手から漂ってきています。
「ポンポン」
「あら? あなたは空門の蒼ちゃんとよく一緒にいるキツネさん?」
「ポン」
「丁度良かったわ。キツネなら油揚げ、好きだよね」
「ポーン」
「ふふ、じゃあ上がって。羽依里君もうみちゃんも食べずに遊びに行っちゃったから、たくさん余ってるの」
 どうやら、ボクは朝ご飯にありつけたようです。
 野生の勘の勝利です。
 昔、良い匂いがするので近づいたら金網に閉じ込められたことがありましたが、ボクは学びました。
 地に落ちているエサを漁る必要なんてないのだと。
 ボクのこの容姿で媚びれば、ご飯は簡単に手に入ります!
「ポン」
 自慢ではありませんが、愛玩動物としてはかなりの地位にいると自負しています。
 そこらの犬や猫に負けません。
 悔しければ人語の一つでも理解してみるがいいのです。
 音と雰囲気で反応するのではなく、言葉として理解してみるがいいのです。
「あらあら、なにか増長してる気がするわね?」
「ポンポン」
 尻尾を振って誤魔化す。
 この人間は、少し勘がいいようです。
「はい、イナリ寿司よ。どうぞ」





 お皿にのせられた、金色に輝く朝ご飯。
 それは人間よりも嗅覚の鋭いボクの鼻の中を、甘露とも言える芳醇な香りで埋め尽くしました。
 匂いを嗅ぐだけで、口の中に甘さが広がっていきます。
 こんなに素晴らしいイナリ寿司を見たのは初めてです。
 なのに……
 どうしてでしょうか。
 体が動きません。
 ご飯を前にして、食欲は促進しているのに、心が体を縛っています。
 ボクの、野生の本能が危険だと言っているようです。
「あら? 前は喜んで食べていたのに、どうしたの?」
「ポン!?」
 何ですかその記憶は?! ボクは覚えていません。
 もしやこの体が動かないのは本能ではなく、経験からくるものなのでしょうか?
 記憶を失うほどの何かで……、だけど体だけはそれを覚えていて。
「ポ……ポン……」
 食べては駄目です。きっと、食べれば、また食べたことを忘れてしまいます。
「もぐもぐ、うん、今日のは少し甘めね」
 どうしてこの人間は食べる事が出来るんでしょうか。
「あ、そうだ。沢山作ったから、空門さんの家にお裾分けしましょうか」
「ポン!」
 ボクはイナリ寿司にかぶりつきました。
 甘い。
 とても甘くて……体の中も、頭も蕩けそうです。
 比喩ではなく、です。
 気を緩めれば、簡単に意識が飛んでしまいます。
「気に入って貰えたみたいね、嬉しいわ」
 ……どうしてこの人間のメスは、このイナリ寿司を平気な顔で食べられていたんでしょうか。
 毒蛇が自分の毒で死なないのと同じ事ですか?
「ポ……ポン!」
 お皿にあるイナリ寿司を食べきる。
 だけど、お裾分けと言っていたから、もっとあるはず。
 ボクはお皿をテシテシと叩く。
「おかわりなの?」
「ポンポーン」
 ここで、全て食べきります。
 そうしないと、蒼ちゃんの身に危険が及びます。
 それだけは、させません。絶対に。
 蒼ちゃんは、ボクが守ります!

※ ※ ※ ※ ※

「っポン!?」
 目を覚ますとボクは浜辺にいた。
 焼けた砂浜の熱と、潮の香りのする風。
 ボクはどうしてここに居るんでしょうか?
 どうやって来たのか、全く覚えていません。
 ただ、お腹がいっぱいで、何かをやり遂げたという満足感に満ちています。
 まあ大切な事なら、いずれ思い出すでしょう。
 忘れたと言うことは、その程度のことです。
「はぁはぁ……」
「ポン?」
 浜辺の入り口に人間のオスがいました。
 あれは、蒼ちゃんの愉快な下僕のもう1人の方です。
 よく脱皮しています。
 今も脱皮していますが……浜辺の入り口で何をしているのでしょうか。
「ポン」
「ん? ああ、蒼んとこのイナリか、わりぃが今お前に構ってられねぇんだ」
 オスは周囲に神経を張り巡らしているようです。
 何を警戒しているというのでしょうか。
「……ごくり」
 唾を飲み込んで、浜辺から一歩足を出しました。
 その瞬間、体を浜辺側に倒して、転がります。
 チュイン!とレーザーのような水が、オスの居た場所を通り過ぎて、砂浜に拳(人間の)ほどの大きさの穴をあけました。
 野生の目を持つボクの目はごまかせません。
 遠くにある鉄の塔の上から、確かな殺気を感じました。
 たしか、蒼ちゃんのトモダチの、ノミキと呼ばれている女の子です。
 凄い勢いで水を出す道具を使って、人間のオスをハンティングをしているようです。
『そこの露出狂! 服を脱いで良いのは海水浴場だけだ。外に出たくば服を着ろ!』
「だから服を風で飛ばされちまったんだっていってんだろぉ!」
『知らん。予備を持っておけ』
「無茶言うなよ! じゃあお前が持ってきてくれよ! 服!」
『断る。どうせお前は私が鉄塔から離れたら、その隙に浜辺から出ていくつもりだろう』
「ちっ……バレてやがる」
 蒼ちゃんの下僕は、かなり姑息な男のようです。
「……クソ、ただ家に帰りたいだけなのにっ、早く帰らないといけないのに……」
 いえ、きちんと理由はあるようですね。
「ワールド不思議発見の再放送が……! 裸族の回が見れねえ!!」
 どうでも良い理由でした。
「……ん……?」
「ポン?」
 目が合いました。
「イナリ……お前ってキツネだったよな?」
「ポン」
「……人類がまず体を隠すのに使ったのは植物の葉だ。でもあれは耐久力が低いし、なにより卑猥だ」
 下僕が何か難しいことを言いながら近づいてきます。
「原始より現代に至るまで受け継がれている衣服がある。だから、それを手に入れれば俺はここから出られる」
「ポ……ポン……?」
 目が危険でした。ボクの身の危険も感じています。
「キツネの毛皮ぁーー! それよぉこぉせぇぇぇぇーー!」
「ポ、ポ---ン! ポーーーーン!!」
 慌てて逃げようとしましたが、気迫に飲まれて、あと足場が砂だったので踏ん張りがきかず転けてしまいます。
 ガシッと、武骨なオスの手がボクの体を掴みました。
「イナリ、ゲットだ!」
「ポーーン! ポンポーーン!」
「からの……インストーーーリング!」
 どこから取り出したのか、下僕のオスは紐でボクを体を自分の胸にくくりつけました。
 かなりしっかりと、ぎっちりと。
「ポ……ポキュ……」
 これはどういう辱めでしょうか。
 なぜボクがこんなオスに密着させられ、しかも衣服呼ばわりされなければいけないのでしょう。
「へへ、Hな本に載っていた縛り方が役に立ったぜ」
 一体どういう縛られ方をしているのですか???
 もしかしてボクは乙女として自害した方が良い目に遭っているのでは??
 下僕が得意げに、鉄塔の方に指を向けます。
「ノミキ! これで文句ねえだろ! 上等な毛皮を着てるぜ!」
 こいつ、アホです。
『くっ、認める』
 あっちもアホです!
 下僕は意気揚々と浜辺を出ました。
 まさかとは思いますが、このまま人間が沢山居る居住区まで歩くつもりでしょうか。
 噂に聞く公開処刑とはこのことでしょうか。
 絶望に目を閉じます。
 た……助けて……蒼ちゃん……。
「こらーーー! 何やってんのよーーー!」
 聞き覚えのある声に目を開けると、同時に体が軽くなりました。
 ボクを捕縛していた紐がほどかれて、下僕から解放されたようです。
 そして、固いオスの肉の壁と打って変わって、柔らかな包まれるような肉の塊に抱き締められます。
「イナリ、大丈夫!?」
「ポンーー! ポーーン!」
 蒼ちゃんがボクを助けてくれました!
『そこの露出狂、海水浴場以外の場所で服を脱ぐことは禁止されている、死ね』
「そ、そんな! ぎゃああああああーーーー!」
 下僕がノミキに水の銃で撃たれる。
「ぎゃっ! ひっ! ちょ、も、もど……るっ! ぎゃっ! ぶ……」
 動かなくなるまで打たれ続けました。
 当然の報いです。
「まったく、ノミキが教えてくれなかったら酷いことになるとこだったわね」
 蒼ちゃんがボクを抱き締めたまま、優しく頭を撫でてくれる。
「怖かったわね、イナリ。もうこのバカに近づいちゃ駄目よ」
「ポン……ポン~」
 ボクは素直に蒼ちゃんの胸に甘えました。
 柔らかくて幸せです。
「さてと、ついでだし一緒にバイトに行こっか、イナリ」
「ポン」

※ ※ ※ ※ ※

「ありがとうございましたー」
 蒼ちゃんはこの島の駄菓子屋というところでバイトをしています。
 看板娘、というそうです
 バイトというのは、労働と引き換えに食べ物を貰うことらしいですね。
 オツケモノと呼ばれている、野菜とかを酸っぱくさせた物を持って帰っています。
「さて、と……」
 蒼ちゃんが少しそわそわしています。
 窓ガラスに自分の顔を映して、前髪を指でいじります。
 スカートの裾を気にしたり、上着の胸元を少し下げたりしています。
 お店の奥にいって、深呼吸を何度もしています。
 原因は知っています。
「くーださーいな」
 ハイリと呼ばれている人間のオスです。
 この人間がくると、蒼ちゃんは……ぶっちゃけて発情しています。
 野生のボクは見逃しません。
「あんた、また来たの? 毎日暇してんのねえ」
「そう言うなよ、もうちょっと愛想良く接客してくれ」
「別にあんたが来たところで嬉しいわけじゃないし」
 嘘です。蒼ちゃんは今、めちゃくちゃ喜んでいます。
「俺はうれしいんだけどな」
「え……!? あ、あたしに会えることがうれしいの??」
 今、間違いなく発情しました。
「いや、こういうみんなが集まれる場所ってのができたことが」
「あ……あ……そ、そうよねー! こういう場所っていつまでも記憶に残って良い思い出になるわよねー」
 蒼ちゃんがいつものように、自爆じみた問答を繰り返しています。
 本当に見慣れた光景です。
 だけど、この光景を見ることがとても嬉しく感じます。
 それはきっと蒼ちゃんが、幸せそうだからでしょうか。
 ボクでは満たせないものを、ハイリさんが満たしてくれているのは分かっています。
 短い時間ですが、彼を近くで見ていてそう感じます。
 眠る蒼ちゃんの側にいてくれたり、心配してくれたり。
 彼がいる間は、ボクは安心して居られます。
 それは蒼ちゃんも同じなんだと思います。
 だから──……
「ふわあぁぁ~……」
「ぽきゃぁ~……」
 2人で大きな口を開けて、あくびをしてしまいます。
「蒼……女の子なんだから、せめてあくびの時は口を手で隠せよ。あと、イナリのあくびは斬新すぎてちょっと、その、困る」
「う~ん……店番、ちょっとお願いして良い」
「分かった、どうにも出来なさそうなのがきたら起こすからな」
「うん……」
 蒼ちゃんが眠ったのを見て、ボクも目を閉じる。
「イナリも寝たのか? って、そこ日なたじゃないか」
 眠ったボクの体が、ハイリさんに持ち上げられる。
 日陰に運んでくれるようですね。殊勝な心がけです。
 しかし、この宙に浮き、ゆらゆらと風の波に揺られるような感覚。
 昔を思い出します。

 そう、あれは3つくらい前の夏でしょうか。
 まだ人間の言葉を理解出来なかった頃の事です。
 夜になると、灯籠を持って暗い山道を歩く人間がいました。
 その夏は、大人の人間ではなく、子供のメスが灯籠を持って歩いていました。
 馴れない足取りで、怯えながら歩いています。
 ボクたち野生の動物は、その人間に近づきません。
 なぜなら、その人間はとても危険な物を引き連れているからです。
 山の中に時々飛んでいる光る蝶々。
 人間には見えない方が多いようですが、ボク達野生の動物には見えています。
 そしてそれらに触れてはいけないことも、ボクたち山に住む動物は本能的に知っています。
 なので、触れることはありません。
 でもその子供のメスは、愚かにも蝶々に触れていました。
 理解しがたい行動ですが、興味が湧きました。
 なぜなら、蝶々に触ってもしばらく動かなくなるだけで、すぐにまた歩き出すからです。
 もしかして、あの蝶々は本能が告げてくるほど危険な物ではないのでしょうか?
 好奇心も湧きました。
 なので僕は蝶々を探しました。
 そして見つけた光る蝶々は、とても小さくて光り方も弱々しかった。
 ボクは思いました。
 勝てる──と。
 意味も無く勝てると、思ってしまいました。
 愚かな野生の本能です。
「ポーーーーン!」
 結果、光る蝶々に触れたボクは、頭の中をよく分からない意識に埋め尽くされてしまいました……
 とてつもない情報量。キツネのボクでは理解できない知識に記憶に感情に……
 触れてはいけない理由を身をもって知りました。
 ボクはこのまま死ぬんだと、これもまた本能的に感じました。
 だけど……
 薄れる意識の中で、不思議な白い花畑を見みました。
 この山にこんな場所があったなんて知らなかったです。
 あの世というものでしょうか? たくさんの光る蝶々が飛んでいました。
 ふわふわと、冷たくない水の中で漂うような感覚。
 明滅する視界の中で、人間の声だけがずっと聞こえています。
(────の元気がないと、わたしも元気になれない)
 誰のことでしょうか……
(──ゃんが笑えないと、わたしも笑えな──)
 ボクももう笑えなくなるのでしょうか……
(夜の山は────ど……、がんばる)
 がんばると……いいことがあるのでしょうか?
(わたしは、────のお姉ちゃんだから)
 ボクは……お姉ちゃん……? 誰の?
(──ちゃん、待ってて)
 誰を……待たせているのでしょうか……
 ずっと誰かのことを心配している声。
 ボクはその感情に包まれ続けました。
 抱かれ続けました。
 頭の中に絶えず注ぎ込まれ続け、溢れ零れ続けます。
 意識が完全に途切れる、その瞬間まで。





「……大丈夫? ねえ、生きてる、の?」
 声が聞こえました。人間の女の子の声です。
 どうしてか、たまらなく懐かしいと感じる声です。
 目を開けると、灯籠を持ったあの人間の女の子が、不安そうにボクを見ています。
 白いお花畑はどこにもありません。
 ボクは山道の真ん中で倒れていたようです。
「ポ……ポン……?」
「良かった~、動かないから心配したわよ」
 シンパイシタワヨ──心配したわよ……?
 この時、ボクは人間の「言葉」を聞いていました。
 それまでなんとなくの感情を含んだ音として聞こえていた人間の声ですが、「意味」が分かります。
 どうしてでしょうか。
 ボクは人間の言葉が分かるようになっていました。
 頭の中は、何かで一杯になってパンクして、でもそのほとんどが零れてしまいましたが、人間と繋がる知性だけは残ったようです。
「あれ? んー……あんた、キツネよね?」
「ポン?」
「……何でかしら、懐かしいって思っちゃうんだけど……?」
 蒼ちゃんは首を傾げる。
「ポン……」
 すぐにボクも首を傾げる。
 どうして、この人間の女の子を「蒼ちゃん」だと思ったんだろう?
 首を傾げたまま、「蒼ちゃん」を見上げる。
 胸の中に、不思議な感情が渦巻きました。
 嬉しくて、悲しくて、喜びと、申し訳なさと、愛しさと。
 そして、使命感──
 「蒼ちゃん」の為に、あの光る蝶々を探さなきゃいけないと、強く感じていました。
 ボクは一体どうしてしまったんでしょうか。
「とりあえず、お役目続けないと」
 蒼ちゃんが暗い山道を見つめています。
「ポン、ポン」
 ボクは蒼ちゃんの前に移動して、尻尾を振る。
「え? なに?」
「ポン」
 何度も振り返りながら、蒼ちゃんが進むだろう山道を先に歩く。
「ついてこいって言ってるの?」
「ポン!」
 野生のボクは、光る蝶々がいる場所が分かります。
 本能的に危険な気配がする場所に、飛んでいるのですから。
 だから、蒼ちゃんを導く事も、避けさせることも思いのままです。
 あっさりと光る蝶々を見つけて、蒼ちゃんに知らせます。
「あっ! 七影蝶! すごいじゃない、キツネ!」
 蒼ちゃんに褒められました。
 とても……とても嬉しい気持ちになりました。

「ポキュ……」
 風の匂いが変わって、目が覚めました。
 どうやら、もう夕方になっているようです。
 ずいぶんと眠っていたみたいですね。
 懐かしい頃の夢を見ました。
 後ろ足で立ち、耳と背中と尻尾を目一杯伸ばします。
 さて、蒼ちゃんは……
「すぅ……すぅ……」
 ハイリさんの膝の上でまだ眠っていました。
 そしてハイリさんも、どうやら眠っているようです。
 2人とも、夜のお役目で疲れているのでしょう。
 仕方ありません、ボクが店番をしておきます。
 また、夜になると蒼ちゃんもハイリさんも無理をしてしまうのですから。
 夏の太陽は、頑張り屋さんです。
 沈んでも、まだ空を明るくしようとします。
 冬は暗くなり始めると、あっという間に真っ暗になるのに。
 少しでも、蒼ちゃんが休めるようにと、気をつかってくれているんですね。
 ボクはそんな太陽に、前足を掲げました。
 だけど、やっぱりどうしても夜はやってきます。
 夜の山は、決して静かではありません。
 沢山の虫が鳴いています。
 賑やかだけど、気持ちが落ち着きます。
 そんな夜虫たちの合唱を聴きながら、ボクは1人山に繋がる道の前で座っていました。
「あれ? 蒼はまだ来てないのか」
「ポン」
 今夜はハイリさんが先に来ました。
「あいつ、居眠りしてて来ないとかないよな」
 それは大丈夫です。
 キツネの嗅覚は、人間の数百万倍。
 ボクはすでに、ここに向かって近づいてくる蒼ちゃんの匂いを嗅ぎ取っています。
 これは走っていますね。
 あ、立ち止まりました。一生懸命息を整えているようです。
 少ししてから、蒼ちゃんが姿を現しました。
「待たせたかしら? ちょっと遅れちゃったわね」
「そう思うなら、走って来るなりして申し訳なさをアピールしてくれ」
「そんなことしたら巫女装束が乱れるでしょ。男なら「今来たとこだよ」くらい言いなさいよね」
「それは走ってきた女の子に対してかける言葉だろ」
 蒼ちゃんは素直じゃありません。
 遅れては来たものの、早くハイリさんに逢いたくて走っていました。
 でも、これはボクだけが知っていて良い、蒼ちゃんの可愛い部分です。
「それより、今夜も頑張るわよ」
「ああ、気をつけろよ」
「気をつけるのはあんたよ。絶対に七影蝶に触っちゃだめだからね」
「だから気をつけろよ」
「え? その返しはどういう意味? まさか……七影蝶には触らないけどあたしに触るって事!?」
「いや、隙あらば七影蝶に触ってみようかと」
「だからそっちは触んなーーーー! あたしに触れーーーーー!」
「えっ、いいの!?」
「ど……どうしても触りたくなったら……まあ、ちょっとくらいなら」
 相変わらずの蒼ちゃんです。
 だけどこのやりとりで、蒼ちゃんは元気になります。
 だから、必要なことなんだと思います。
「さ、行こうぜ」
「絶対に七影蝶に触っちゃ駄目だからね」
「はいはい」
「返事軽い!」
 2人が山道を登り始めます。
 改めて見ると、不思議な光景です。
 蒼ちゃんが誰かと一緒に並んで歩く姿を見る日が来るとは思っていませんでした。
 この夏の夜のお役目。
 蒼ちゃんが無事に家に帰ることが出来るように、お供をする。
 それがボクの使命だと思っていました。
 そのことに誇りも持っていました。
 光る蝶々に蒼ちゃんが触れる数も、調整してきました。
 それがボクにできる……、キツネであることの限界です。
 残念ですが、そのくらいしか出来ません。
 でも、この夏は仲間が増えました。
 この人間なら、きっと蒼ちゃんを支えてくれることでしょう。
 ボクに出来ないことを、してくれます。
 それは少しボクとしては残念だし、寂しいことです。
 だけど、蒼ちゃんのことを思うなら、喜ぶことです。
 なにより──
 蒼ちゃんの笑顔が増えました。
 蒼ちゃんが、可愛くなりました。
 蒼ちゃんの独り言が増えました。
 蒼ちゃんが、時々恥ずかしいことを言ってきます。
 蒼ちゃんが、惚気てきます。
 ボクにとっては、それはやっぱり嬉しいことです。
「イナリ? どうしたの?」
「早く先導してくれよ、おまえが引っ張ってくれなきゃ俺たちも困るんだから」
「ポン!」
 ボクは蒼ちゃんが大好きです。

<小巧身躯中的庞大记忆>

「那么再见啦~,稻荷。今晚也谢谢你了」
「pon!」
 破晓前,完成了今天使命的小苍和羽依里慢慢地从山上走了下来。
 我一直目送着二人直到他们从我的眼中消失。
 我明明是一只狐狸,可究竟是什么时候开始,我就能听懂人的语言了呢。
 我也快记不清了。
 说起来,因为我的叫声,第一次见到的人都怀疑我究竟是不是狐狸。
 好像他们都会觉得我是狸猫。
 我就很想问他们一句。
 你们见过这么叫的狸猫吗?
 这想法太不礼貌了。
 顺便,我还有一件事情想澄清一下。
 我是雌性♀的。
 虽然我会被小本本和女孩子的小裤裤所吸引,但我的内心还是很女孩子的。
 仅仅是因为,比起同族的雌性,我更喜欢的人类的雌性而已。
「poq……」
 不行了,根本抵挡不住睡意。
 总之先小睡一会吧。
「呼~……呼~……」
 我最近还是很喜欢用我那大尾巴将我自己卷起来睡觉的。
 我自己是睡在山里的一个巢穴中。
 因为野兽的本能,就是让自己处于一个远离危险的安全地带。
 从这点上,小苍其实已经舍弃掉自己的本能了。
 哪怕这是村里,她睡起来也完全没有防备。
 虽然只要我在,她遇到危险的可能性就基本是零。
 说起来,小苍究竟是我的什么人?
 朋友? 姐姐? 主人?
 啊……这‘主人’两个字好像让我内心有点悌动。
 总之先算主人吧。
「po……q……」
 梦到我在小苍面前表演杂技,然后被小苍夸了。
 这梦让我非常满足。
 不过,差不多该醒了───……

 砰、砰、砰、砰......

「poq……」
 我随着这轻快的声音,摇起了尾巴。
 所以,我也下意识摇起了头,然后就醒了。
「pon~」
 我走出洞穴,好好地伸展了一下耳朵和尾巴。
 好好吸了一口山里那清新的空气。
「pokiv!」
 呛到了。
 我似乎是被那‘闹铃’所吸引了一般,走向了灌木丛中。
 走出灌木丛,眼前是一个破旧的小屋。
 从墙缝里走进去,发现里面有个人拿着一个很大的、木勺般的东西,拍打着一个小小的球。
 没记错的话,他应该是小苍那令人愉快的仆人中的一个。
「pon」
「嗯? 是你啊,又来和我特训了吗」
「ponpon——」
「哼……行,那我就和你来一把,接招!」
 这个雄性人类,看起来很拽,不过他丫的是谁啊。
「奥义! 舞卦处拨斗!」
「pon————!」
 虽然那颗球飞过来的速度很快,不过我稍微甩一下尾巴就扫回去了。
「呃啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊!!!」
 打回去的球击中了他的额头。
 一直都这样。
「为……为什么啊……! 为甚连区区狐狸都赢不了啊! 天善! 你就这点能耐吗!」
 这个雄性人类一边锤着地,一边叫喊着。
「稻荷! 再来一次! 这回我要认真了!」
 虽然这话都听了不知道多少次了,这个雄性究竟有多少个级别的认真啊。
「天善——! 嗨! 嗨! 嗨!!」
「pon——————!」
 只是,无论多少次,结果都不会改变。
「呜……呜,咕————……为什么……赢不了……!!」
 他整个人瘫倒在地上哭着。
 因为没有别人,哭的很彻底。
 对弱者说太多的话,会伤到他们的自尊。
「pon」
 所以我就说了一句要努力,然后就离开了。
 直到这里,都是我平常早晨的一幕。

※ ※ ※ ※ ※

 在早饭前锻炼是保持健康的秘诀。
 我顺着光亮的山路慢慢往下走。
 走到了人类居住的地方。
 以前,身为野兽的本能告诉我,靠近人类是很危险的。
 连已经忘记面孔的母亲也这么告诉过我。
 不过,不知什么时候开始,我就逐渐地走向人类居住的地方了。
 因为我不再觉得人类很可怕了。
 是因为和小苍待在一起了吗?
 是因为我能够明白人类的语言了吗?
 我知道岛上的人心肠都很好。
 最根本的,我根本不用担心吃饭的问题。
 所以,现在该解决早饭了。
 昨天,我从食堂那里得到了奶油包。
 前天则是从小苍打工的地方那里拿到了刨冰。
 (虽然那玩意吃不饱)
 那么,今天该去哪里呢。
「pon?」
 我闻到了一股香味。
 这油香之下还有一股甜香。
 我顺着那个味道走过去。
 突然间,视野中出现了一个认识的雄性。
 往脑袋上扣了一个很坚硬的东西,慌慌张张的。
「我,我稍微出去一下!」
 骑上了铁质的小马,以很快的速度离开了。
「我出去玩了——!」
 在这之后,还有个女孩子跑出了房门。
「神仙保佑神仙保佑」(桑田咒)
 她一脸害怕的神情,不断望着跑出来的屋子,小声念叨着。
 屋子里面倒是传出了很香的味道,可这是为什么呢。
「pon?」
 我一边思考着,一边走了过去。
 因为那里有好吃的东西。
「两个人都不吃早饭就出去了,太浪费了」
 走到门前的,是名为镜子阿姨的人类。
 我见过她很多次了。
 这个人的手上传来了很香甜的气息。
「ponpon」
「哎呀? 你不是空门家小苍那里的那只狐狸吗?」
「pon」
「正好,狐狸应该会喜欢油炸的东西吧」
「pon!」
「是吗,那么进来吧。因为羽依里和小海都不吃就出去了,剩了不少呢」
 看来,早饭是有着落了。
 这是野兽直觉的胜利。
 虽然以前在闻到气味后被关在金属网里过。不过,我已经学会了。
 没必要去碰放在地上的诱饵。
 我只要靠我这张脸,就不愁吃的!
「pon」
 虽然也称不上是自吹自擂,在宠物界里,我还算是很有地位的。
 至少不输于其他的猫猫狗狗。
 如果不服,那就试着去理解人类的哪怕一句话吧。
 不是靠声音和氛围,而是真正意义上的去理解语言吧。
「哎呀,似乎有什么东西增长了哦?」
「ponpon」
 我摇了摇尾巴来打哈哈。
 这个人类,直觉似乎有点强。
「来,稻荷寿司,请吧」
 
 在碟子盛着的,是散发的金色光芒的米饭。
 对我这种远比人类敏锐的嗅觉而言,已经称得上是芳醇般的香气了。
 试着闻了一下味道,口中都开始散发香气了。
 这么棒的稻荷寿司还是头一次见。
 可是……
 为什么呢。
 身体动不了。
 都快要吃饭了,食欲都在涨,可是身体被内心控制了。
 我那野兽的本能在告诉我很危险。
「怎么了? 上次还吃的很开心的,这次是怎么了?」
「pon!?」
 那是什么记忆啊!? 我可不记得。
 或许这其实不是本能,而是经验在作祟吗?
 那已经是让我失忆的东西……然而身体还有记忆。
「po……pon……」
 这不能吃的。如果吃了的话,肯定又会忘记吃过这东西了。
「嗯,今天的还有点甜呢」
 为什么这人能吃下去呢。
「啊,对了。我做了不少呢,也有空门家的份」
「pon!」
 我咬上了稻荷寿司。
 很甜。
 非常甜……身体里,大脑中都在震荡。
 这已经不是比喻了。
 稍微松一口气,我一定会失去意识的。
「看来你很喜欢嘛,那就好」
 ……为什么这个雌性人类,能够那么平静地吃下那个稻荷寿司呢。
 难道这和毒蛇毒不死自己是一回事吗?
「po……pon!」
 我把碟子里的稻荷寿司都吃完了。
 可是,因为说了有送的,所以应该还有很多。
 我拍了拍碟子。
「还要吗?」
「ponpon」
 我要在这里全部吃完。
 不然,小苍会很危险。
 我一定要阻止这种事情发生。
 由我来守护小苍!

※ ※ ※ ※ ※

「pon!?」
 醒来之后,我发现我趴在沙滩上。
 燥热的沙滩和湿润的海风。
 我为什么会在这里呢?
 怎么来的都不记得了。
 不过,隐隐记得是在满腹之后,心中充满了某种满足感。
 不过肯定是很重要的事情,肯定会想起来的。
 所谓忘记,就是那么回事。
「哈、哈……」
「pon?」
 沙滩的入口那里有个雄性人类。
 那是另一个小苍愉快的仆人。
 他还经常蜕皮。
 虽然现在也在蜕皮……在入口那里做什么呢。
「po」
「嗯? 啊,是苍那里的稻荷啊,抱歉,现在没时间管你」
 雄性好像在很紧张地观察着周围。
 看来是在警戒什么。
「……(吞口水)」
 他吞了一口口水,试着走进沙滩。
 一转眼,他就倒向路边那一侧,快速翻滚着。
 biu!的一声,水仿佛激光一般穿过了雄性刚才在的地方,在地上留下了一个拳头大小(人类的)坑。
 对拥有野兽眼睛的我来说可不是难事。
 从远端的铁塔上,传来的杀意。
 没记错,应该是小苍的朋友,叫做野美希的女孩子。
 她似乎在用着能够喷出水的道具来猎杀那个雄性。
『那里的暴露狂! 只有海水浴场能脱衣服。想出去就快穿上衣服!』
「所以都说了衣服被风吹走了啊!」
『谁管你。你去拿备用的来』
「别搞笑了啊喂! 那你帮我拿一下啊!」
『拒绝。反正你肯定趁着我离开铁塔然后溜走的吧』
「切……暴露了吗」
 小苍的仆人还真的是怂啊。
「……可恶,我只是想回家啊,只是想早点回家啊……」
 不,看来是有正经的理由吧。
「世界不可思议的回播……! 裸族篇看不了了啊!!」
 还是个很无所谓的理由。
「……嗯……?」
「pon?」
 视线接上了。
「稻荷啊……你是狐狸来着吧?」
「pon」
「……人类最开始为了遮蔽身体是用的树叶。可是那玩意不仅不经用,还很低俗」
 仆人一边说着什么很难懂的话,一边走了过来。
「从原始直到现代,都有能够继承的衣服。所以,只要得到那个,我就能出去了」
「po……pon……?」
 他的眼神很危险。我的身体感觉到了一丝危险。
「狐狸的毛皮啊——! 借给我——!」
「po,pon————pon——————!!」
 虽然我被吓得想逃跑,可是没有注意到脚下,结果踩在了坑里,摔倒了。
 雄性那雄武的手抓住了我。
「稻荷,get!」
「pon——! ponpon————!」
「借来的……绳子————!」
 他用不知道从哪取出来的绳子,把我绑在了他的胸前。
 非常非常紧。
「po……poq……」
 这究竟是怎样的凌辱呢。
 为什么我一定要紧贴这个雄性,还要被他称作衣服呢。
「嘿嘿,小薄本里的绑法还派上用场了呢」
 到底是怎么个绑法啊???
 如果我作为一个少女自尽的话,没准下场还能好点吧??
 仆人得意洋洋的看向了铁塔。
「野美希! 这下没意见了吧! 我可是穿着上等的毛皮啊!」
 这人是白痴吧。
『可恶,我没意见』
 那边也是白痴啊!
 仆人得意洋洋地走出了沙滩。
 这人,不会是想要就这么走向居民区吧。
 这难道就是公开处刑吗。
 我绝望地闭上了双眼。
 救……救救我……小苍……。
「我说你————! 在干什么呀ーーー!」
 听到了熟悉的声音,我睁开了眼睛,同时身体也轻了起来。
 看来绑着我的绳子被松开,我也从仆人那里解放了。
 然后,我感受到的不再是那坚硬的肌肉墙壁,而是一片柔软的、能够包容一切的温暖。
「稻荷,没事吧!?」
「pon——! pon——!」
 小苍来救我了!
『那里的暴露狂,在海水浴场外禁止脱衣服,去死吧』
「别,别啊! 呀啊啊啊啊啊啊啊啊啊ーーー!」
 仆人被野美希的水枪射中了。
「呀! 噫! 等,回,回……去! 呀! 卟……」
 他被射击到不能再动为止。
 这报应理所应当。
「真是的,要不是野美希告诉我,都不知道要受多大的罪」
 小苍抱着我,摸摸我的头。
「很害怕吧,稻荷。以后不要再靠近这笨蛋了」
「pon……pon~」
 我很老实地靠在小苍的怀里。
 很柔软,很幸福。
「顺便,一起去打工吧,稻荷」
「pon」

※ ※ ※ ※ ※

「非常感谢——」
 小苍在岛上名叫粗点心店的地方打工。
 她好像是被叫做看板娘
 所谓打工,应该是一种用劳动换取食物的行为吧。
 换来一种叫做酸菜的东西带回家。
「接下来……」
 小苍稍微有点不安分了。
 在窗玻璃前看着自己的脸,用手指拨弄着刘海。
 还很注意自己的裙子长度,还会把自己上衣的高度稍微调低一点。
 走进了店里面,做了很多次深呼吸。
 我是知道原因的。
「有——人——在——吗」
 那个名叫羽依里的雄性。
 只要这个人类来了,小苍就……说白了,发情了。
 我这个野兽可是不会放过这个细节的。
「你又来啦? 还真的闲啊」
「别这么说啊,稍微有点礼貌好不好」
「反正你来了我又不开心」
 骗人的。小苍现在超开心的。
「我可是很开心的」
「诶……!? 你,你见到我会开心??」
 刚才,绝对发情了。
「不是,像是这种能够让大家聚在一起的地方啊」
「啊……啊……说,说的是啊! 这种地方确实能够留下很多回忆啊」
 小苍每次都是重复这种自爆式的问答。
 真的已经习惯了。
 不过,每当看到这幅情景,我也会很开心。
 肯定是因为小苍也很幸福吧。
 毕竟,我所不能满足的东西,羽依里能够满足。
 虽然时间不长,不过我和他之间也亲近了不少。
 无论是在睡着的小苍身边,还是担心她。
 只要他在,我就能安心了。
 小苍肯定也是这么觉得呢。
 所以──……
「呼啊啊啊啊啊~……」
「pocya~……」
 两人都张嘴打了呵欠。
「苍……好歹是女孩子,打呵欠至少用手遮一下嘴巴啊。稻荷你那也太新奇了,那个,有点懵」
「嗯……看店,拜托了」
「明白了,如果有我实在搞不定的就叫醒你」
「嗯……」
 看着小苍睡着了,我也闭上了眼睛。
「稻荷也睡了啊? 我说,那可是大太阳底下啊」
 羽依里抱起了熟睡的我。
 应该是把我放进了阴凉里吧,真的很用心呢。
 不过,这种漂浮在空中的感觉。
 让我想起了过去。

 那应该是2、3年前的夏天吧。
 那时我还不懂得人话。
 一到晚上,就会有人类拿着灯笼走进山里。
 那个夏天拿着灯笼的不再是大人,而是一个雌性小孩。
 脚步明显很生涩,而且脸上的表情也很害怕。
 我们野生动物是不会靠近那个人类的。
 因为人类会带着很危险的东西。
 山中时不时飞舞着的发光蝴蝶。
 好像大部分人类都看不见,不过我们野生动物是能看见的。
 然后我们动物的本能就告诉我们,不要去碰那种蝴蝶。
 所以,我们都没碰过。
 可是那个雌性小孩,居然傻到去摸蝴蝶。
 我虽然不能理解,但起了兴趣。
 因为,她在摸了蝴蝶后,仅仅是不能动一段时间,然后就能继续走了。
 莫非,那个蝴蝶并非本能所告诉我的那般危险呢?
 我起了好奇心。
 所以我决定去找蝴蝶。
 我所找到的蝴蝶,不仅小,光也很微弱。
 我心底里相信着。
 这能赢。
 赢得毫无意义。
 真是愚蠢的野性本能。
「pon————!」
 结果,我触摸了蝴蝶之后,脑袋里充满了各种奇妙的东西……
 不可思议的信息量。那是身为狐狸的我所不能理解的知识、情感、记忆……
 我算是切身体会了摸蝴蝶的危险。
 本能又告诉我,我这样会死的。
 可是……
 在逐渐稀薄的意识中,我看到了一片白色花田。
 我都不知道山里居然还有这种地方。
 难道是那个世界吗? 有很多发光蝴蝶在那飞舞着。
 有点像是在冷水中漂浮的感觉。
 在闪烁的视野中,我听到了人类的声音。
(────不变精神的话,我也不会变的精神的)
 这是谁呢……
(──不笑的话,我也笑不出──)
 我再也笑不出来了吗……
(虽然夜里的山────险……、要加油)
 加油的话……会有好事发生吗?
(因为我是、────的姐姐啊)
 我是……姐姐……? 谁的?
(──,等我)
 这是在……让谁等着吗……
 一直在担心着谁的声音。
 我一直被那种感情笼罩着。
 被怀抱着。
 一直在向我大脑中传递着。
 直到我完全失去意识。
 
「……没事吧? 你,还活着,吗?」
 听到了别人的声音,是人类的女孩子。
 不知怎的,非常非常的怀念。
 睁开了眼睛,眼前是那个拿着灯笼的女孩子,她一脸不安地看着我。
 白色花田倒是哪都没有了。
 好像我是倒在了山道的正中央。
「po……pon……?」
「太好了,你都不动了,真的好担心」
 haodanxin──好担心……?
 这一刻,我听到的人类的【语言】。
 以前都是当做有点感情的声音的,可是刚才,我理解了那句话的意思。
 为什么呢。
 我能听懂人话了。
 脑子里本来一团乱麻,可是现在已经都不怎么记得了,只剩下了人类的知性。
「那个? 嗯……你是,狐狸吧?」
「pon?」
「……为什么呢,好像有点怀念啊……?」
 小苍歪了歪头。
「pon……」
 我也歪了歪头。
 为什么,我会觉得这个女孩子是【小苍】呢?
 我歪着脑袋,看着【小苍】。
 胸中卷起了很多感情。
 开心、悲伤、喜悦、抱歉、爱意。
 还有,使命感──
 为了【小苍】,我必须要帮她找那些发光蝴蝶。
 我到底怎么了呢。
「总之,得先继续啊」
 小苍看了看灰暗的山路。
「pon、pon」
 我跑到小苍前面,摇了摇尾巴。
「嗯? 什么?」
「pon」
 我不断回头,看着小苍将要走向的山路。
「要我跟着你吗?」
「pon!」
 我身为野生动物,自然能够明白发光蝴蝶在哪里。
 因为它们肯定在直觉告诉我的危险之地飞舞着。
 所以,无论是带领小苍,还是让她规避危险,都易如反掌。
 很容易就找到了发光蝴蝶,告诉了小苍。
「啊! 七影蝶! 你很厉害嘛想,小狐狸!」
 我被小苍夸了。
 真的非常……非常地高兴。

「poq……」
 风里的气味变了,我也睁开的眼睛。
 看来,又一天过去了。
 还真的睡了不少啊。
 梦到了以前的事情。
 撑起后足,好好伸了一下耳朵、背部、尾巴。
 对了,小苍的话……
「呼……呼……」
 睡在羽依里的膝盖上了。
 至于羽依里,好像也睡着了。
 两位都因为夜晚的使命而太疲劳了吧。
 没办法,我来看店吧。
 因为,一到晚上,二人又要拼命了。
 夏天的太阳还真的很努力呢。
 哪怕沉下去了,天空还是明亮的。
 明明冬天很快就会黑下去。
 看来也是想要让小苍多休息一会吧。
 我向着太阳伸出了前足。
 可是,夜晚终究会来临。
 夜晚的山里绝对称不上宁静。
 会有很多虫鸣。
 虽然很热闹,不过反而令人安心。
 我听着这些虫的合唱,坐在进山路前。
「怎么? 苍还没来啊」
「pon」
 今晚羽依里先来了。
「那家伙不会睡着了不来吧」
 那倒不用担心。
 狐狸的嗅觉可比人类灵敏数百万倍。
 我已经闻到赶向这里的小苍的味道了。
 她应该是在跑吧。
 啊,停住了。好像在很拼命地调整呼吸。
 过了一会,小苍出现了。
「好像久等了? 稍微迟到了一点」
「真这么想的话就跑过来啊」
「那样巫女装会乱的啊。男人就应该说“我刚来”才对吧」
「那应该对跑过来的女孩子说」
 小苍很不坦率。
 明明迟到了,却还是很想见羽依里而跑过来。
 不过,这是仅仅我才能知道的,小苍的可爱之处。
「说回来,今晚要加油了」
「嗯,注意点啊」
「该小心的是你。千万别摸啊」
「所以你注意点啊」
「嗯? 你这回答啥意思? 难不成……不会摸七影蝶但是会摸我!?」
「不是,有机会就去摸七影蝶」
「所以别摸啊ーーーー! 摸我啊ーーーーー!」
「啊,可以吗!?」
「如……如果你真要摸的话……稍微」
 小苍一如既往。
 不过这番打趣,反而让小苍精神起来了。
 所以,这应该是必备的一环了。
「那么,走吧」
「所以别摸七影蝶啊」
「好、好」
「太敷衍啦!」
 两人开始走上山道。
 仔细看看,这情景还真是不可思议。
 因为我完全没想到,会见到小苍和别人在一起的日子。
 在这夏夜的使命中。
 直到小苍无事回家为止,我都在她身边。
 我曾觉得那是我的使命。
 我也很自豪。
 我也能调整一下小苍所触摸的发光蝴蝶的数量。
 那就是我……一只狐狸所能做到的极限。
 很遗憾,我也只能做到那么多。
 可是,在这个夏天,伙伴增加了。
 如果是这个人的话,肯定能够支撑着小苍吧。
 他能够代替我,做到我所做不到的事情。
 我确实感到有点遗憾和寂寞。
 不过,想到小苍,我就应该高兴。
 因为──
 小苍的笑脸变多了。
 小苍变得更可爱了。
 小苍越来越喜欢自言自语了。
 小苍时不时开始说令人害羞的话了。
 小苍开始发呆了。
 对我来说,那果然令人感到高兴。
「稻荷? 怎么了?」
「快点帮忙引路啊,你不帮忙,我们很难办的」
「pon!」
 因为我最喜欢小苍了。