《Summer Pockets》 Short Story~在夏日的绚烂之中~野村美希篇

来自萌娘书库
跳转至: 导航搜索

《Summer Pockets》 Short Story~在夏日的绚烂之中~

野村美希篇】

ハサマ

译者:书书

日本語 中文

<バランスは常に一定ではなく>

 ドブにはまった。
 夏休みの中頃。私、野村美希は街中でドブに片足を突っ込んでいた。
「まさかこんなことになるとは……」
 なかなかの段差……スパッツでなければ、えらいことになっていただろう。
 さて、もう片足もドブに突っ込まなければ、力を入れられそうもない。
 両足をドブで汚すか、それとも誰か通りかかるのを待つか。
 遠い目をしながらそんなことを考えていると。
「のみき……何してるんだ?」
「ん、鷹原か?」
 鷹原羽依里。
 夏休みを利用して、この鳥白島にやってきた青年。
 わざわざ何もないこの島にやってきて、ブラブラしている変わった男。
 まあ、裸になる奴や、卓球以外のことを考えられない奴よりはずいぶんマシだ。
 それに、しろはや蒼、紬に水織先輩などといった、ちょっと難しい者たちからも信頼されているところを見ると、どうやら悪い奴じゃないらしい。
 かくいう私も、それなりに信頼はしている。
「見てわからないか? ドブにはまっているんだ」
「えっと、趣味?」
「そんなわけないだろう。ちょうどいい、手を貸してくれ」
「ああ、わかっ――」
「なぜ顔を赤くする?」
「いや、だってパンツが見える」
「スパッツを履いているだろ?」
「どっちにしろスカートの中にあるんだろ? もうそれはパンツだ」
「ちがうぞ?」
「それに、水着の方が露出度も高いだろ?」
「水泳部にとって、水着はフォーマルみたいなものだし」
「独特の感性を持っているんだな?」
 どうやら元々男子校にいたらしく、よく島の女の子と話すわりにこういうところはだめらしい。
 正直、こういうところには好感が持てる。
「あ、とりあえずそこから出るのを手伝うよ」
「ああ、頼む」
 鷹原の手を取り、ドブから片足を引っこ抜く。まあ、ドブというより側溝だ、それほど汚れてはいない。
「すまない、助かった」
「いや、別にいいけど。なんでそんなことになったんだ?」
「ちょっとバランスを崩してな、それでこのざまだ」
「ふらついたのか? 熱中症とかかも、気を付けないと」
「いや、単純にバランスを崩したんだ」
「そうか……にしても」
 鷹原が、ジロジロと私を見てくる。
「なんだ? 人をジロジロと見るな。失礼だと習わなかったのか?」
「いや、それはゴメン。でもなんか、いつもと違う気がして」
「ほう、気が付いたか」
「女の子がちょっとでも変わったら、それに気付いてあげて、褒めるとモテるって聞いたことがあるんだ」
「なるほどな。しかし、そのジロジロと相殺されるだろ」
「そうかも……」
「まあ助けてもらった分、私の中の鷹原の株は上がった。それじゃあな」
「ああ、気をつけてな」
 私は鷹原に背を向け、歩いていこうとするが。
「おっと!」
 ――ガボンッ!
「……」
「えええ……?」
 ドブにはまった。
「のみき、何してるんだ?」
「いや、ちょっとバランスを崩してな」
「さっきも崩したんだろ? 本当に熱中症じゃないのか?」
「いや、そうではない……」
「でもフラフラしてるぞ? ちょっと水分とって、体冷やした方がいいって」
「本当にそれは大丈夫なんだ」
「とりあえず、ハイドログラディエーター改の水を頭にかぶってみたらどう…………ん?」
 私のいつもと違うところに、やっと気が付いたようだ。
「ハイドログラディエーター改がない!?」
「やっと気が付いたか」
 鷹原は不思議そうな目で私を見ている。
「そんなに珍しいか?」
「そりゃ、会った時から持ってるところしか見たことがないからな、すごく新鮮な姿だ」
「かも知れんが、普通に考えておかしいとは思わないのか?」
「なにが?」
「常に水鉄砲を背負ってる高校生の方が珍しいだろ」
「まあ……それはそうだけど」
 ものすごく腑に落ちないという顔をしている。
「出先で置き忘れてしまったようでな、今は持っていないんだ」
「とりあえず、もう一度引き上げてもらえるか?」
「ああ、わかった」
 鷹原の手を握り、ドブから抜け出す。
 お互い、手をギュッと握っている。
「……」
 ふむ……これはちょうどいいかもしれない。
「鷹原、頼みがあるんだが」
「ん? なんだ?」
「このまま手を繋いでてもらっていいか?」
「え!? いや、えっと……」
「まあ、別に嫌ならいいんだ」
「嫌じゃない! 嫌じゃないけど……」
「なんだ?」
「恥ずかしい……」
「乙女か……」
「男子校の人間は、乙女よりも恥じらいが強いんだ」
 ものすごく挙動不審だ……。どうやらギャグで言っているわけではないようだ。
「っていうか、何で手を繋いだままにするんだ? もしかしてのみき、俺のことを好――……~~~っ!」
「恥ずかしがるなら余計な冗談を言うな」
「すいません……。で、何で手を繋ぐんだ?」
「ああ、バランスがとれなくてな」
「……?」
「ハイドログラディエーター改を装備してないと、私はバランスが取れなくなるんだ」
「ははっ、いやまさか。ヒゲを切られたネコじゃないんだから」
 そう言いながら鷹原は笑う。
「いや、本当だ」
「え? マジで……?」
「信じられないか? だったら手を放して少し離れてみろ」
 鷹原はコクリと頷いて、私から少し距離を取る。
 私は歩いて鷹原のもとに向かう……が。
 ――ガボボッ!
「ええええ……?」
「見ろ、今度は両足でドブに落ちた。わざとこんなことをすると思うか?」
「思わない……。え、マジなのか?」
 鷹原は手を差し出して、私をドブから引っ張り上げた。
 結局、両足ともずぶ濡れになってしまった。
「そういうわけだ。すまんがよろしく頼む」
「わかった」


 私は鷹原と手を繋ぎ、浜辺を歩く。
「この辺りにあるのか?」
「ああ。確か最後は、この辺りに置いたと思う」
「ちなみになんで?」
「裸を見ると反射的に撃ちそうになるんだ。浜辺で持っていると、罪もない裸を無差別で撃つ可能性があるからな。その予防だ」
「もはや病気だ」
「街中で裸になる奴がいるせいで、行動が沁みついてしまったんだ」
 そんなことを話しながら、ハイドログラディエーター改を探す。
 砂浜、岩場、浅瀬、鷹原に手を掴まれながら見て回るが……。
「見つからない」
「もしかして、波にさらわれたりとか……」
「波にさらわれた……だと?」
 そうなってしまってはもう探しようがない。
 しかし、それ以外考えられない……。
 あれからずいぶん時間も経っているし、沖の方にまで流されたのでは……。
「ど、どうしよう、鷹原」
「――っ! ちょ、ちょっと待って」
 鷹原は急に顔を真っ赤にして、私から視線を反らしている。
 言ってしまえば照れているようだ。
「なんだ……?」
「いや、いつもだったら『私はどうすればいい、鷹原?』とかだろ? 何でそんなに弱気なんだよ?」
「だって……ハイドログラディエーター改がないんだぞ? ハイドログラディエーター改が!」
「ちょっとよくわからない……」
 なぜわからないんだ!?
「ど、どうしよう……?」
「えっと、他に心当たりの場所は……」
「わかんない……」
「……弱気なのやめて。すごい動揺する」
「うん……がんばるけど」
「いや……なんかもう、普通の女の子みたいだ」
 どこにいったんだ、ハイドログラディエーター改……。
 あれがなければ、私は……。
「鷹原……もうちょっとだけ、頼らせてもらっていい……?」
「いいけど、ホント弱気やめて?」
「でも……どうしていいかもうわからない」
 迷惑をかけている自覚はある。
 でも本当に、どうしていいかわからない。





「えーっと、一旦冷静になるか」
「どうやって?」
「えーっと、天善に教えてもらった方法だけど、ワカメを頭にかぶるとか」
「わかった……かぶる」
「えー……?」
「ワカメ……取ってきてもらえる……?」
「いいけど……」
 困ったような表情で、鷹原は海に入り、ブチブチとワカメを取ってくる。
 私はそれを受けとり、早速頭にのせてみた。
「……」
「……」
「……何か言って」
「……ワカメと髪の色が似てるから、遠目からだと髪が伸びたみたいに見える」
「そう……、似合う?」
「どうだろう? ワカメだしな……」
 ……しかし、磯臭い。
 この匂いを嗅ぎ、ワカメの冷たさを感じ……私はこう思うようになっていた。
「……何をしてるんだ、私は?」
「冷静になったな」
「ああ、すまない。弱気になっていた」
 あまりにどうかしてる行動に、少し冷静さを取り戻した。
 こんなことしてる場合じゃない、探しに行かなければ。
「鷹原、次の場所に行きたい。手を貸してくれ」
「ああ」


 私は鷹原と手を繋ぎ、今度は住宅街を歩く。
「次はどこまで行けばいいんだ?」
「駄菓子屋だな。子供達が見つければ、きっと鑑定のために蒼の元に持ち込むだろう」
「おお、冷静になったおかげだな」
「認めたくはないが、天善には感謝しなければな」
「でも駄菓子屋かー……。手を繋いで行ったら、蒼に冷やかされそうだ」
「問題ない。事情を説明すれば、蒼もわかってくれるはずだ」
「っていうか、普段はどうしてるんだ? 学校とか、買い物とかでもハイドログラディエーター改を背負って生活してるのか?」
「そんなわけあるか。夏休み限定の現象だ」
「どういうことだ?」
「それはだな――」
 鷹原の質問に答えようとした時のことだった。
「――あ?」
「ん?」
 鷹原が黒髪の少女を見つけると小さく声を上げ、彼女もまた同じようにこちらを見つけ、不思議そうな顔をしている。
 どうやら知り合いのようだ。
 少女はスーツケースを引きながら、こちらに近づいてくる。
「エロいことする気だ!」
「しない!」
 開口一番、なかなかすごいことを言ってきた……。
「鷹原、知り合いか?」
「うん、羽依里の知り合いだよ!」
「こんなに馴れ馴れしい態度なのに、位置は知り合いなのかよ」
「それじゃあ冒険仲間かな?」
「そうか。一応だが、もし鷹原に好意があったり、秘かに付き合っていたりしたら悪いから言い訳をさせてくれ」
「いや、そういう仲じゃないから」
「彼女が好意を持っているかもしれないだろ?」
「もしそうなら本人たちの前で言っちゃだめだろ?」
 もっともだ。そこまで気が回らなかった。
「実は私は、ハイドログラディエーター改がないとバランスが取れなくなるんだ」
「ハイドロ?」
「ウォーターガンだ」
「ここに来るまでに数度ドブに落ちた。そこを助けてもらい、そして送ってもらってるんだ」
「おー……」
 少女は少し考えこむ。
「浦島太郎的なことだね!」
「いや……ちがう」
 どうしてそんな発想になる……。
「よくわかんないけど、ひげを失ったネコの様な状態なんだね?」
「ああ、その通りだ」
 理解が早いのか遅いのか、よくわからない。
 けれど、これで誤解を招くこともないだろう。
「そういうわけだ。またな、鴎」
「あ、二人ともちょっと待って」
「ん?」
 鴎と呼ばれた少女は、私たちの前に立つと、スーツケースに座る。
 そして親指を立ててグッとそれを立てた。
「ヘイ彼女ー! 乗ってく?」
「……どういうことだ?」
「なるほど、そういうことか……助かる」
「鷹原!? お前、理解しているのか?」
「アナタ、乗る。私、押す。羽依里も、押す。遠慮せずに乗っちゃってよ♪」
「いや、理解はできたが……いいのか?」
「まあ、よく乗ってるし、よく押してる」
「普段からこんなことしてるのか!? しかし、大切そうなスーツケースだ。乗ってもいのだろうか?」
「もちろんっ! ひげ猫団として、ひげのない猫は見逃せないよ」
「……ひげ猫?」
「まあ、そういうのがあるんだ」
「そうか、ではお言葉に甘える……。二人ともありがとう」


 私はスーツケースに乗り、鴎と呼ばれる少女と鷹原に押されて前に進む。
「乗り心地はどう?」
「なかなかいいものだな。視点も変わって気持ちがいい」
「だよねー」
「ありがとう。本当に助かる」
「いえいえー。ところで羽依里」
「どうした?」
「二人で押すの、バランス難しくない?」
「確かに……一人の方が楽だったかもな」
「ねー」
 三人でそんなことを話しながら、駄菓子屋の前へと到着した。
 店の中では蒼が暇そうに外を眺めていたが、私たちの姿を見てこちらへとやって来た。
 スーツケースに乗る私、それを押す鷹原と鴎という少女。
 それを見て、鷹原に声をかけた。
「何あんた? のみきの奴隷にでもなったの?」
「ちがう。これにはちょっと訳があるんだ」
「ふーん? あれ? そっちの子は?」
「初めまして、奴隷二号です」
「おい! その流れだと、俺が奴隷一号みたいだろ」
「ちがうの?」
「俺は奴隷じゃない!」
「ってことは、もしかしてのみきが一号で、羽依里が……ご、ご主人様的な……」
「蒼?」
「はっ! きっとあたし、今から三号にスカウトされるのね!」
「すごい発想の子だ」
「きっとスーツケースの中には、いろんな形のものが……」
「いや、蒼。悪いが正気に戻ってくれ」
「っていうか、のみきに先越された!」
「撃つぞ?」
「ちょっと? 至近距離でそれは――……って、あれ?」
 蒼は、いつもと少し違う様子の私に気が付いたようで、それと同時に妄想の世界から帰ってきたようだ。
「ハイドログラディエーター改は?」
「どこかに置き忘れた。ここに届いているかともったが……その様子だとないようだな?」
「そうね。今日はまだ、鑑定に来る子少ないし」
「そうか……」
 ここに来れば何とかなると思ったのだが……。
 思わずため息が出てしまう。
「あ、そうだのみき。灯台に行ってみるか?」
「……? 私は灯台になんて行っていないが」
「でもほら、紬がゴミ拾いしてるだろ? 海に落ちてたりしたら、きっと拾ってくれてる」
「なるほど! それは名案だ!」
 ぬいぐるみやパリングルス、彼女は様々なものを拾っている。
 ハイドログラディエーター改が落ちていれば、きっと拾ってくれているはずだ。
「よし、それじゃあ乗ってくれ」
「いや、灯台まではアップダウンが激しい、スーツケースは厳しいだろう」
「じゃあ歩いて行くか?」
「ああ」
「それじゃあ、私はここで離脱だね。ひげ、見つかるといいね」
「ひげを探してるわけじゃないが、ありがとう」
 私は鷹原の手を取り、駄菓子屋を後にする。
「ええっ? 何であの二人、手を繋いでんの?」
「店員さん、それは私から説明しよう」
 そんな声が後ろから聞こえてきていた。


 灯台に続く道を、手を繋ぎながら歩く。
 バランスを崩して、遠ざかろうとする私を、鷹原は引っ張ってくれて、そのたびに彼に密着をしてしまう。
「すまんな」
「いや……大丈夫だ」
「そのわりに挙動が怪しい」
「密着されると恥ずかしい」
「いや、じゃあやはりすまない」
「でも、男としては悪い気はしない」
「そうか」
 男子校で女性に慣れていないが、それなりに女性に縁がある。
 何とも生きにくそうな生態をしている。
「いっそのこと、初めから腕を組んだ方がいいだろうか?」
「それは……難易度が高い」
「そうか?」
 試しに近寄り、腕を軽く組んでみた。
「……」
「……」
「すまない、確かに難易度が高い。さすがの私でもはじゅかしい」
「噛むほどだもんにゃ」
「お前もか」
 腕を組むのはやめ、手を繋ぎ直す。
「お、鼻歌が聞こえてきた」
「では、紬は灯台にいるみたいだな」
「またからかわれたりするんだろうな……」
「まあ、私から説明するから大丈夫だ」
 私たちは手を繋いだまま、灯台の元へと歩いていった。


「紬、ちょっといいか?」
「むぎゅ、ノムラさん! それにタカハラさんもです!」
「ああ、今ちょっと時間あるか?」
「はい、大丈夫ですよ。シズクも呼んできましょうか?」
「そうだな、頼む」
 灯台には紬と一緒に水織先輩もいるようだ。
 どうやら二人でヌイグルミを繕ったり、乾かしたりしているようだ。
「あら、珍しい組み合わせね? それに……」
「むぎゅ? どうしたんですか?」
「手を繋いでるわ」
「おー! おふたりは、仲良しなんですね!」
「そうね、仲良しなのね♪」
「いや、まあ……」
「まあ、悪くはないかな」
「それで、ごよーじは何ですか?」
 からかわれたらからかわれたで腹が立つだろうが、それで済まされるのは、何というか少し腑に落ちない……。
 まあいいが。
「実は、ハイドログラディエーター改が行方不明なんだ」
「あのごつごつした水鉄砲ね? でも、どうして灯台に?」
「もし波にさらわれていたりしたら、ここに流れ着くかと思ってな」
「紬、今日のゴミ拾いの中に、ハイドロはなかったか?」
「そですね。そういうものはありませんでした」
「そうか……残念だ」
「見かけたらお知らせします」
「ああ、頼む」
 ここに無いとなると……あとは足で探すしかないか。
 鷹原には迷惑をかけてしまうことになるかもしれない。
「落ち込んでるけど、そんなに大切なものだったの?」
「まあ、そうだな。あれがないとバランスが取れなくなるんだ」
「それ、どういう仕組みなの?」
「この夏は、常に大量の水を背負っていたからな。無くなった時にバランスが取れなくなるんだ」
「そういう理屈だったのか!」
「でも、そんな極端にバランスが取れなくなるものなの?」
「いや……静久、こう考えてみろ。片方のおっぱいがなくなるって」
「――!? そ、それは一大事ね! 確かに、バランスが取れなくなりそう……」
「そうだろ?」
 水織先輩は時々、当たり前のように胸の話をすることがある。
 けれど何故か、蒼や男連中はそれを認識していないふしがあった。
「紬……ちょっといいか?」
「むぎゅ?」
 二人には聞こえないよう、紬に耳打ちをする。
(水織先輩だが、時々胸の話をしているように思うんだ)
(そですね。静久の話は、半分以上がおっぱいです)
(そんなにか!?)
(はい。ですが、わたしやタカハラさんには聞こえているんですが、皆さんにはおっぱいが聞こえていないみたいです)
 やはりそうか。
(あとはカモメさんにもおっぱいは聞こえているみたいです)
 さっきの少女か。
 紬と鷹原はともかく、どうして私とあの子だけなんだ?
 自分の胸に手を当てて考えてみる。
「……」
 何となく理由が理解できた。
 まあいい……。
 耳打ちをやめて、二人にも聞こえるように先ほどの話を続けることにした。
「そういうわけで、まっすぐ歩けなくて困っているんだ」
「そう、まるでひげの無いネコね」
「とてもかわいそうということですね」
「ちがうぞ」
「あ、もしかして、それが原因でパイリくんと手を繋いでたの?」
「そうだな。鷹原には悪いが、頼らせてもらっている」
「仲良しだからではなかったんですね」
「そうだな」
「え?」
 鷹原がさみしそうな顔をしている。
「いや、仲がいいことを否定したわけじゃないぞ? 頼らせてもらっているし、信頼もしている」
「そ、そっか……」
 今度は照れている。
 蒼もチョロいと思っていたが、こいつもこいつで似たようなところがあるな……。
「ふふふっ♪ やっぱり仲良しなのね」
「あの、ノムラさん。バランスがとれないというのであれば、こういうのはどうでしょう?」
「ん? なんだ?」
「片側に重りをもって歩くんです」
「まあ……悪い発想ではないが、いったい何を持って歩く?」
「ノムラさんには、こちらをお勧めします」
 紬はタタタッとベンチの方に向かうと、何か大きなものを持ってきた。
「あら、さっき修理して、ベンチで乾かしてたワニのヌイグルミね?」
「はい、メガネカイマンのパリーちゃんです」
「これずいぶんデカいな」
「ハナガラサラマンダーのナガラさんと同じくらい大きいです」
「か、かわいいじゃないか……パリーちゃん」
「ノムラさん、気に入っていただけましたか?」
「あ、ああ……。持って帰ってもいいのか?」
「いいですよ、かわいがってあげてください」
「あ、ああ。ありがとう!」
「シズクが綿を追加してくれたので、むぎゅ~ってすると気持ちいいですよ」
「わにゃ~……」
「ちなみに、おっぱいと同じ柔らかさに調節したの。パイリくんも触ってみる?」
「そう言われて触れる男はなかなかいないと思う」
「帰ったら、ぜひむぎゅむぎゅさせてもらう」
「はーい。それでは、気を付けてお帰り下さい」


 私と鷹原は、紬と水織先輩に見送られて灯台をあとにした。
 いや、忘れてはいけない。パリーちゃんも一緒にだ。
 パリーちゃんを小脇に抱え、私たちは灯台から町への道を歩いていく。
「バランスはちゃんととれてるか?」
「ん、さっきよりはずいぶんマシだが、まだ少しふらつくな」
 さすがにドブには落ちないだろうが、まっすぐ歩いているつもりでも微妙に曲がっていく。
 高い段差がある場所もあるし、少し危ないかも知れない。
「鷹原、手を繋ぐほどではないが少し不安だ、掴まってもいいか?」
「ああ、もちろんだ」
 私は鷹原の袖をつかみ、ゆっくりと彼の後をついていく。
 しかし……いいものをもらった。思わず顔がほころんでしまう。
 いやいや、迷惑をかけている身で、ニヤニヤはしてられない。
 顔を見られないよう、少し俯いて歩こう。





「しかし鷹原、パリーちゃんはどこに飾ればいいと思う?」
「玄関に置いて、トラの敷物みたいにするのは?」
「なるほど、ワニに出迎えてもらう生活か……それは癒しだな」
「え? 採用……?」
「いや、まだ採用ではない。この大きさなら、抱き枕のように使うこともできるだろう」
「食われそうだ」
 そんなことを話しながら歩いていく……。
 踏んでしまったら可哀想だから、やはり玄関はやめておくべきか……。
「おー! 羽依里にのみきー! 何してんだ?」
「良一、邪魔してやるな、ダブルスの最中のようだ」
「どこに卓球台があんだよ……? で、何してんだ、羽依里?」
「ああ、ちょっとのみきと探し物をしててさ」
「へー、何さがしてんだ? っていうか、のみきはさっきから何で黙ってんだ?」
「……」
 玄関か……抱き枕か……。
 いかん、また顔がほころんできた。
「お、おいおいおい! 羽依里の袖をギュッとしながら、笑顔で俯いてるぞ!」
「しかも、プレゼントらしきヌイグルミも持っているな」
「待って、変な誤解をし始めるなよ?」
「鷹原はのみきと付き合っているのか?」
「言ったそばから!」
「羽依里……こいつ、ちょっと乱暴な奴だけどさ、すげーいい奴だから、ちゃんと頼むな」
「そういうんじゃないから」
 うん、やはり玄関だな。帰ったらワニ……いい生活じゃないか。
「のみきも、少しは何か言ったらどうだ?」
「ん、ああ。えへへ……ふふっ。そうだな」
「うおーーー!? なんか女の子っぽい反応してるーーー!」
「鷹原、幸せにしてやってくれ」
「ちがっ! ちょっと、のみきさん!?」
 だがやはり……抱き枕も。しかし、熱帯夜が続いている事を考えると。
「もし抱き付いて寝たりしたら、迷惑だろうか? 鷹原、意見をくれないか?」
「えっ?」
「――っ! い、いや……なんか俺たち、聞いちゃいけないこと聞いたな」
「すまん。そこまでの関係だったとは知らず……」
「いや、謝るな! なんか誤解があるんだと思う! 俺もわかんないけど!」
「ふふっ……これから、楽しくなりそうだな」
「のみき!?」
「お、おお……じゃあ俺は秘密基地に戻るかな」
「俺も、特訓があるからな」
「おおおお! 誤解したまま行くな!」


 少し止まっていたようだが、私たちはまたゆっくりと歩きだした。
「さっき、良一と天善の声が聞こえた気がしたが、気のせいか?」
「え? 全く気付いてなかったのか?」
「そうだな。ハイドログラディエーター改がないせいで、裸センサーが反応しなかったのかもしれん」
「なんだ裸センサーって」
「ところでさっきの質問の答えはまだか? パリーちゃんに抱き付いて寝たら、暑いし迷惑なのかどうか」
「熱帯の動物だし大丈夫じゃないか?」
「なるほど。盲点だった……やるじゃないか鷹原」
「う、うん」
 しかし、これだけ探しまわっても、ハイドログラディエーター改が見つからない
 やはり波にさらわれ、どこかに行ってしまったのだろうか?
 一縷の望みを託し、二人で海沿いをずっと歩いて探す。
 やがて、砂浜から港、テトラポッドや岩場のある方にまでやってきた。
「……あ」
「ん、しろはか?」
 どうやらここは彼女の釣り場らしく、少し困った顔でこっちに視線を向けていた。
 最近は人を避けてるようだし、あまり邪魔してしまっては悪いだろう。
「行こうか、鷹原」
「あ、ちょっといい?」
 こいつ、普通に話しかけた……。
「ん、少しくらいなら」
 しろはも普通に答えた。
「のみきが今、ハイドログラディエーター改を無くして困ってるんだ」
「……。名前、カッコイイね」
「あ、ああ。ありがとう。しろははこのセンスをわかってくれるんだな」
「うん。そっちのぬいぐるみは?」
「ああ、こっちはパリーちゃんだ」
「普通だね」
「もらいものだからな」
「でさ、ハイドログラディエーター改が無いせいで、バランスが取れなくてまともに歩けないみたいなんだ」
「……どういう仕組み?」
「この夏、あれ持って走り回ってたせいで、ハイドロ筋が発達したらしい」
 初めて聞く単語だ。
「うん、大体わかった」
 ……わかったらしい。
「それで、私に何の用?」
「見かけたら連絡が欲しいんだ」
「わかった。もし見かけたら……――っ!?」
「どうした?」
 しろはは、急に視線を海に向け、グイっと竿を後ろに引いた。
「アタリの気配がする」
「何か釣れそうなのか?」
「う、うん……ちょっと待ってて」
 しろははそう言って、リールを急いで巻き上げる。
 すると……。
「えっと、もしかしてこれって」
 しろはが釣り上げたのは。
「ハイドログラディエーター改!」
 私たちの目的のものだった。


「ありがとうしろは、おかげで助かった」
「ううん。でも、どうして魚以外のものばかり釣れるんだろう……」
 私はしろはからハイドログラディエーター改を受け取り、肩にかける。
 パリーちゃんは、両手で抱きしめ、左右のバランスがとれるようにした。
「それじゃあ帰るか?」
「そうだな。鷹原、今日はありがとう」
「いや、気にしないで。見つかってよかったな」
 今日、何度も繋いだ手を今一度とり、私たちは握手を交わす。
 そしてその手を放して一歩踏み出すと。
「あ……れ……?」
 目の前の景色が横になって……。
 じめんが……ちかづいて……。
「のみき!?」
 めのまえが……まっしろに……。


「……すまんな、鷹原」
「いや。落ち着いたか?」
「ああ……」
 気が付けば私は、鷹原の部屋で横になったいた。
 暑い中を歩き回ったせいか、軽い熱中症になってしまったようだ。
 あの場で倒れてしまったものの、パリーちゃんがクッションになったおかげで、特にケガはなかった。
「鷹原、今日はずっとすまなかった」
「いや、どうせ暇だし別にいいよ」
「これ以上迷惑かけるのも悪い、そろそろお暇するとしよう」
「いやいやいや、もう少し休んでけって」
「しかし……」
「親御さんと離れて暮らしてるんだろ? 何かあったら大変だし」
「しかし、これ以上甘えるわけには」
「いや、別にそんなの気にしないからさ、存分に甘えていけって……」
「なるほど……。では鷹原が甘えさせてくれるというわけだな?」
「その言い方……意識しちゃうからやめて」
「ふふっ。ああ、わかって言っているからな」
 私がそう言いながら笑うと、鷹原はバツが悪そうに笑った。
 何とも面白い奴だ。
「鷹原」
「ん?」
「この夏……この島に来てくれてありがとう」
「どうした急に」
「いや、島のみんなが楽しそうだからな。しろはのあんな態度は久しぶりに見た」
「そっか……楽しいって思ってくれてるんなら、来たかいがあったな」
「もちろん、私も楽しいと思っている」
「だから……意識しちゃうから」
「まあ、そういうわけでお前には感謝している」
 私は言葉を続ける。
「だから、鷹原にも島を楽しんでほしい。私の面倒なんて見ずに、遊びに行ってきてくれ」
 そうい言うと、鷹原は照れたように窓の外に顔を向けた。
「いや、まあ……あんまりゆっくりのみきと話すこともなかったから、これはこれで楽しい」
 そして無理やり作ったような、いつもの顔でこちらを向きなおしてきた。
「だからまあ、これも島を楽しんでるってことで」
「そうか……。楽しんでくれてるならいいんだ」
 私は少し力を抜いて、加藤家の天井を見ながら、吹き出すように軽く笑った。
 気を使ってくれているのか、それとも本音なのか、どちらにせよ嬉しい言葉だった。
「では、もう少し休ませてもらう。もし寝てしまったら適当な時間に起こしてくれ」
「ああ、寝る前に麦茶飲んどけ」
 返事をして体を起こし、軽く水分を取って、私は再び横になった。
「のみき……家に帰った後もさ、もし体調悪くなったら呼べよ?」
「ん、なんだ? 来てくれるのか?」
「ああ、どうせ暇だから、いつでも行ける。まあ、役に立つのかは怪しいけど」
「そうか……」
 私しかいない、あの部屋に鷹原が来ることを想像してみる。
「……」
 ……なるほど。
「だったら体調を崩すのも、たまには悪くないかもな……」
 何かほんの少し、私の心のバランスが、誰かに傾いたような気がした……。

 <平衡不一定能够时常保持住>
 
  踩到沟里了。
 正是暑假中间。我,野村美希,一不小心一只脚踩到沟里去了。
「想不到居然成了这样子……」
 这高度差还真大……幸好我穿着贴身裤,不然可就了不得了。
 可是,如果不把另一只脚拿进来,我也使不上力气。
 到底是把两只脚都搞脏以求出去,还是在这等着别人来救。
 我看着远方思索着。
「野美希……你这是在干啥?」
「嗯,鹰原吗?」
 鹰原羽依里。
 他是个借着暑假来这里的青年。
 特意来到这什么都没有的岛上,还到处闲逛。
 不过,比起天天不穿衣服的、以及脑袋里只想着乒乓球的来说,算是正经多了。
 况且,他也能和白羽、苍、紬、水织学姐那种一般不太好相处的人搞好关系,怎么看也不像是个坏人。
 所以我也挺信赖他的。
「你看看就知道的吧? 我踩进沟里了」
「那个,兴趣?」
「怎么可能啊。你来的正好,拉我一把」
「好好,我知道——」
「你干啥脸红啊?」
「不是,因为看得到你胖次啊」
「我这不是穿着贴身短裤吗?」
「不管怎么说那也是裙子里面吧? 那已经算胖次了」
「不是吧?」
「况且,泳装的露出度不是更高?」
「对游泳部来说,那可是正装啊」
「看来你口味很独特啊?」
 看来,他身为男校学生,虽然能和岛上的姑娘们对话,但这种时候就很怂了。
 说实话,我对这种挺有好感的。
「啊,总之我先帮你出来」
「嗯,麻烦了」
 我抓住了鹰原的手,把脚从沟里拔了出来。不过这个仅仅是路边的侧沟,所以脚上不是很脏。
「抱歉,帮大忙了」
「没关系啦,倒是你怎么掉进去了?」
「稍微有点没站稳,所以才这么狼狈」
「头晕吗? 现在还是要小心中暑的」
「不是,就是没站稳」
「这样……话说回来」
 鹰原他紧紧地盯着我。
「怎么了? 你不知道这么盯着别人很不礼貌吗?」
「啊,抱歉。不过总感觉你和平常有点不一样啊」
「是吗,你察觉到了啊」
「我以前听说,如果注意到女孩子的细微变化并且称赞的话,就能变的受欢迎呢」
「原来如此。可是,你那个眼神很欠揍啊」
「确实……」
「不过多亏你帮了我,你在我心中的评价上升了。那么我先走了」
「小心点啊」
 我背过身,正准备离开。
「哎呀!」
 ――砰通!
「……」
「嗯……?」
 踩进沟里了。
「野美希,你这是干什么呀?」
「不是,好像没站稳」
「你刚才也这么说的吧? 真的没中暑吗?」
「不是,没那可能啊……」
「不过你可是摇摇晃晃的啊? 稍微喝点水降降温吧」
「我真的没事啊」
「总之,先用那把水之剑斗士改来冷静…………嗯?」
 他好像终于意识到我到底和平常哪里不一样了。
「水之剑斗士改不见了!?」
「你终于发现了啊」
 鹰原满脸不可思议地看着我。
「这么稀奇的吗?」
「因为这可是从我见到你以来头一回啊,感觉还是很新鲜的」
「或许吧,不过怎么想不都觉得奇怪吗?」
「什么?」
「经常背着水枪的高中生才稀罕吧」
「这个……确实」
 看来他踏实了不少。
「应该是出去的时候掉了,所以不在身上」
「总之,能再把我拉上去吗?」
「行啊」
 我握住了鹰原的手,爬出了水沟
 两人的手正紧紧地握在一起。
「……」
 嗯……这样感觉正好。
「鹰原,想拜托你件事」
「嗯? 什么啊?」
「能就这样握着吗?」
「啊!? 不是,这个……」
「讨厌的话就算了」
「不是啊! 倒是不讨厌……」
「怎么说?」
「太害羞了……」
「你是少女吗……」
「男校的学生可是比少女更害羞的啊!」
 动作很慌张……看来他真的不是在说笑。
「还有,为什么要握着啊,难不成你喜……~~~!」
「太害羞了所以别乱说啊!」
「对不起……所以,为什么要握着啊?」
「因为我现在站不稳啊」
「……?」
「因为没有水之剑斗士改了,所以我站不稳」
「哈哈,怎么可能。你又不是被剪了胡须的猫」
 鹰原边说边笑。
「不,这是真的」
「啊? 真的……?」
「你不信是吗? 那么不妨松开手」
 鹰原点了点头,和我拉开了一段距离。
 我走向了鹰原……然而。
 ――嘎啵啵!
「不是吧……?」
「你看,这回我两只脚都掉沟里了。难不成你会觉得我故意这么做吧?」
「倒是不会……嗯,真的假的?」
 鹰原伸出了手,把我从沟里拉了出来。
 到头来,两只脚都湿透了。
「就是这么回事,所以麻烦了」
「明白了」


 我和鹰原手牵着手,走在海边。
「在这里吗?」
「嗯,我没记错的话,最后应该是丢在这里了」
「顺便问问,为什么?」
「因为我见到裸体就会开枪啊,特别是在海边的话,很容易误伤无辜,所以就把它放下了」
「你这病的不轻啊」
「因为街上有那种人,所以已经成为习惯了」
 我一边说着,一边寻找着水之剑斗士改。
 沙滩、石堆、浅滩,我拉着鹰原的手找了不少地方,可是……。
「找不到啊」
「难不成,是被海浪打走了……」
「被海浪……打走了?」
 那样的话怕是找不回来了。
 可是,我只能想到那个……。
 因为已经过了不短的时间了,怕不是已经被冲到外边了……。
「怎,怎么办啊,鹰原!」
「等,等一下!」
 鹰原突然满脸通红,把视线别往别处。
 说干脆点就是害羞了。
「怎么了……?」
「不是,如果是平昌的你肯定会说『我该怎么办啊,鹰原?』才对吧? 怎么突然这么弱气了啊?」
「因为……水之剑斗士改不见了啊!?」
「我有点搞不明白……」
 为什么搞不明白啊!?
「这,这可怎么办……?」
「那个,其他有可能的地方……」
「我不知道啊……」
「……别这么弱气了。我心里可是小鹿乱撞啊」
「嗯……我努力一下」
「不是……怎么说呢,你这已经是个普通的女孩子了」
 你到底去哪里了啊,水之剑斗士改……。
 如果你不在,我可就……。
「鹰原……能再稍微,麻烦你一会儿吗……?」
「可以是可以,不过能不这么弱气了吗?」
「可是……我真的不知道该怎么办了」
 我当然知道这是在添麻烦。
 可是,我已经真的不知道该如何是好了。


 


「所以,先冷静一下吧」
「怎么冷静?」
「怎么说呢,之前天善教过我,把裙带菜扣脑袋上」
「我知道了……给我扣上」
「啊……?」
「裙带菜……能帮我拿点过来吗……?」
「倒是可以……」
 鹰原一脸困惑,跑到海里摸了几把裙带菜上来。
 我接过来,立马就扣头上了。
「……」
「……」
「……你说点什么啊」
「……因为颜色和你头发挺像的,所以远看像是头发长了」
「这样……合适吗?」
「这该怎么说呢? 毕竟这是裙带菜啊……」
 ……可是,好腥啊。
 闻着这股味道,加上裙带菜的清凉……我终于想到了一点。
「……我到底是在干什么呀?」
「冷静下来了啊」
「是啊,对不起。突然变得弱气了」
 因为这行为实在是太不合常理了,我稍微找回了一点冷静。
 现在可不是做这个的时候,得去接着找了。
「鹰原,去下一个地方吧,手借我一下」
「行」


 我握着鹰原的手,走在商店街。
「接下来去哪里啊?」
「粗点心店吧。如果被孩子们捡到的话,肯定会拿到苍那里去鉴定的」
「冷静下来就是不一样,思路很清晰啊」
「虽然不太想承认,真的要感谢下天善啊」
「不过粗点心店啊……就这么牵着手去的话,苍肯定会冷眼相对吧」
「没问题的。只要好好说清楚,苍肯定能理解的」
「话说回来,平常是什么样的啊? 难不成在学校或者买东西的时候也是背着水之剑斗士改的吗?」
「怎么可能。只有暑假会这样」
「怎么回事啊?」
「那是因为――」
 我正要回答鹰原的疑问。
「――啊?」
「嗯?」
 鹰原看着一个黑发少女发出了声,她也同样看了过来,满脸的不可思议。
 看来是熟人啊。
 少女拉着行李箱靠了过来。
「你这肯定是要非礼人家!」
「才没有!」
 这一开口就不得了啊……。
「鹰原,你认识她吗?」
「嗯,我是羽依里的熟人!」
「明明这么亲近,定位仅仅是熟人吗?」
「那么就是冒险伙伴?」
「这样,事前先说一下,如果你对他有好感或者你们在交往,那么抱歉,不过让我说清楚」
「不是那种关系啊」
「说不定她对你有意思啊?」
「如果真那样能不说清楚吗?」
 真的是,这都反应不过来。
「是这样的,我没有水之剑斗士改的话就不能保持平衡了」
「水?」
「那是水枪的名字」
「来这之前已经好几次掉进沟里了,所以才让他帮忙,一直走到这里」
「哦……」
 少女稍微思索了一下。
「好像跟浦岛太郎差不多呢!」
「不是……不对吧」
 为什么能想到那里……。
「虽然有点不太明白,有点像胡子被剪了的猫咪?」
「差不多吧」
 还真不知道她到底是理解得快还是慢。
 不过,至少对方没有误解。
「就这么回事,那么回见了,鸥」
「啊,两位请等一下」
「嗯?」
 这名为鸥的少女站在了我们面前,然后,一屁股坐在了行李箱上。
 然后立起了大拇指。
「嘿,姑娘! 坐吗?」
「……什么意思?」
「原来这样,这意思啊……帮大忙了」
「鹰原!? 你听懂了吗?」
「你,坐上来。我,来推。羽依里,也来推。不要客气,坐上来嘛♪」
「不是,听倒是听懂了……没问题吗?」
「反正,经常坐,也经常推」
「平时就这样的吗!? 可是这行李箱很重要的吧。我坐上去没问题吗?」
「没事的! 胡子猫团可不会放过没有胡子的小猫的」
「……胡子猫?」
「总之就是这么回事」
「是吗,那么我就不客气了……谢谢二位啊」


 我坐在行李箱上,名为鸥的少女和鹰原在后面推着。
「感觉怎么样?」
「还真不赖。换了个视角也挺舒服」
「对吧~~~」
「谢谢你。真的帮大忙了」
「不用谢~。会说回来,羽依里」
「怎么了?」
「两个人推,感觉不好掌握平衡啊?」
「确实……一个人推说不准还舒服点」
「是吧~」
 三个人说着闲话,就走到了粗点心店前。
 苍本来在店里发呆,看到我们就走了过来。
 坐在行李箱上的我,还有鹰原和名为鸥的少女。
 她看着我们,问向了鹰原。
「你这咋了? 成了野美希的奴隶了?」
「不是。这有原因的」
「是吗? 嗯? 旁边的是?」
「初次见面,我是奴隶二号」
「喂! 照你这么说,我不就成了奴隶一号了!」
「不是吗?」
「我可不是奴隶!」
「这么说来,难不成野美希才是奴隶一号,羽依里是……主人之类的吗……」
「苍?」
「哈! 我肯定要被发展成三号了!」
「这孩子想象力真足」
「这行李箱里面肯定有不少东西……」
「苍,抱歉,拜托你正经点」
「而且,野美希跑前面去了!」
「射你哦?」
「等等? 这么近实在是――……啊,等等?」
 苍终于是发现了我与往常的不同,并且从妄想的世界回来了。
「水之剑斗士改呢?」
「不知道放哪里了。我猜可能已经被送到这里了……看来是没有啊」
「是啊。今天来要鉴定的孩子都没几个」
「是吗……」
 本来想着来到这里就有办法的……。
 下意识叹了口气。
「啊,对了,野美希啊。要不去一趟灯塔?」
「……? 我没去过那里啊」
「不过,紬不是在那里捡垃圾吗? 加入掉进海里的话,说不准就飘过去了」
「原来如此! 确实是个主意!」
 她可是捡了包括玩偶和品客在内的不少东西。
 如果水之剑斗士改掉进海里的话,她一定会捡起来的。
「行,那么坐上来吧」
「算了,去灯塔的路可不平坦,行李箱不太方便啊」
「那么走过去吗?」
「是啊」
「那么,我就先撤了。希望能找到胡须呢」
「虽然不是找胡子,不过谢谢你啊」
 我拉上的鹰原的手,离开的粗点心店。
「啊? 为啥那两人要手拉手?」
「店员小姐,这点就让我来解释吧」
 身后传来了这样的对话。


 我们手拉手走向灯塔。
 每当我站不住而要倒地的时候,鹰原都是一把拉住我,然后就贴在一起了。
「抱歉」
「那个……没事」
「这反而显得很有问题啊」
「贴一起很害羞的嘛」
「那抱歉」
「不过,身为男性不觉得有啥就是了」
「是吗」
 他身为男校生,看来不是很会对付女性,但是很有女人缘。
 这环境也是不容易啊。
「要不,直接抱住胳膊怎么样?」
「这个……有点难啊」
「是吗?」
 我试着凑了过去,抱住了他的手臂。
「……」
「……」
「抱歉,确实有点难。我都有点嗨咻了」
「你这都要咬涩头了啊」
「你也是啊」
 放开手臂,重新拉住了手。
「哦,听到那首歌了」
「看来紬是在的了」
「估计又要被戏谑了……」
「我来说明吧,没问题的」
 我们手拉手,走向灯塔。


「紬,能稍微打扰一下吗?」
「姆Q,是野村啊! 鹰原也来了啊!」
「是啊,现在有空吗?」
「当然有啊。要我把静久叫来吗?」
「确实,那么拜托了」
 看来水织学姐也在啊。
 好像她们在缝补玩偶啊。
「哎呀,这组合还真不常见呢? 况且……」
「姆Q? 怎么了吗?」
「手牵着手呢」
「哦~~~! 两位关系很好呢!」
「是啊,关系很好呢♪」
「不是,那个……」
「这个,确实不差」
「那么,有什么事情吗?」
 本来想着被捉弄就被捉弄算了,结果就这样过去,总觉得有点不踏实……。
 算了,也行吧。
「实际上,水之剑斗士改不见了」
「那个很威猛的水枪吗? 可是,为什么要来灯塔?」
「因为可能被海浪带到这里来了」
「紬,今天检的垃圾里有水枪吗?」
「这个的话,印象里没有呢」
「是吗……可惜」
「看到的话就告诉你一声」
「拜托了」
 这里也没有啊……看来只能用脚找了。
 又要给鹰原添麻烦了。
「看你脸色不好呢,那东西那么重要吗?」
「因为没有那玩意,我就站不住了」
「什么原理啊?」
「因为夏天经常背着很重的水枪啊。水枪没了,自然保持不了平衡了」
「这么个原理啊!」
「可是,真的有这么夸张吗?」
「不是……静久,这么想。欧派少了一个」
「啊!? 确,确实很重要呢!这确实不能保持平衡了……」
「对吧?」
 水织学姐时不时会理所当然地谈起胸部。
 可不知道为什么,苍和那群男孩子并没有认识到这点。
「紬……稍微问一下」
「姆Q?」
 我背着那两人和紬说起了悄悄话。
(我总觉得,水织学姐时不时会说起胸部啊)
(确实呢。静久说出的话,大半都是欧派呢)
(这么夸张!?)
(是呀,可是,除了我和鹰原,其他人好像听不见呢)
 果然。
(然后,鸥好像也听得到欧派呢)
 刚才那位啊。
 先不说紬和鹰原,为什么我和那位少女也听得到?
 我稍微摸了摸自己的,想了一下。
「……」
 好像有点明白了。
 行吧……。
 我们就此打住,回到刚才的会话中。
「总之就这么回事,因为完全不能好好走了,所以挺麻烦的」
「感觉就跟没了胡子的小猫一眼呢」
「感觉很可怜呢」
「不是啊」
「啊,所以才要拉着乳依里的手吗」
「是啊。虽然有点对不起他,不过真的帮大忙了」
「原来不是因为关系好啊」
「是啊」
「啊?」
 鹰原一脸寂寞。
「啊,我可没说关系不好啊? 毕竟都拜托你了,说明我是信赖你的」
「是,是吗……」
 这次害羞了。
 一直都觉得苍很软,没想到这家伙也挺像她的……
「哼哼哼♪ 果然关系好呢」
「那个,野村啊。既然是因为掌握不了平衡的话,这样怎么样?」
「嗯? 怎么说?」
「抱着一个重物就可以了」
「嗯……倒是可以,不过抱着什么呢?」
「我觉得这个挺适合野村的」
 紬小跑向了长凳,抱着什么东西回来了。
「这不刚修好放长凳上晾干的鳄鱼玩偶吗?」
「对,这是眼镜凯门鳄巴里」
「这玩意还真大啊」
「和花纹蜥蜴小花一样大呢」
「不,不也挺可爱的吗……巴里」
「野村觉得怎么样啊?」
「啊……我能带回去吗?」
「可以哦,好好照顾它吧」
「啊,非常感谢!」
「静久还加了不少棉花,抱起来超级舒服的」
「哇喵……」
「况且,我还调整了一下柔软度,和欧派差不多了。乳依里要不要摸摸看?」
「我觉得这时候应该没有男生敢摸了」
「那我回去后就好好抱抱它了」
「好~~~,那么回去路上小心啊」


 我和鹰原向紬以及水织学姐道别,离开了灯塔。
 对了,可不能忘记它。巴里也在一起呢。
 我把巴里抱在身边,从小路往回走。
「站得住吗?」
「比刚才好多了,虽然还有点摇晃」
 虽说不会掉进沟里了,可是也不能笔直往前走。
 而且也有地方存在高度差,估计会有点危险。
「鹰原,虽然不至于说要牵手了,可我还是有点不安,能拉住你衣服吗?」
「行啊,没问题」
 我抓住了鹰原的袖子,慢慢地跟在他后面。
 不过……这可真是个好定西。下意识开始想入非非了。
 不不不,这可是在添麻烦,可不能笑嘻嘻的啊。
 我为了不让他看见脸,默默底下了头。


 


「不过鹰原啊,你觉得巴里该放哪里啊?」
「放在大门那里,当个老虎垫那样的?」
「原来如此,开门就是鳄鱼的生活啊……还真不错」
「啊? 采用了……?」
「不不不,还没呢。这么大的话,当个抱枕用也挺好的吧」
「感觉你要被吃了」
 我们边说边走着……
 如果不小心踩了也太可惜,果然还是放大门那里吧……。
「哦! 羽依里和野美希啊! 你们干啥呢?」
「良一,别打扰他们,正好在训练混双呢」
「哪来的乒乓球桌啊……? 所以,羽依里啊,你们干啥呢?」
「和野美希找东西呢」
「嘿,你们找啥呢? 还有,野美希怎么一直不说话啊?」
「……」
 放大门……还是当抱枕……。
 不行,表情又开始变软了。
「喂喂喂! 她拉着羽依里的袖子不说,还低头笑呢!」
「况且,还抱着一个像是礼物的玩偶啊」
「且慢,你们别误会了啊?」
「难不成鹰原和野美希在交往吗?」
「我刚想说这点啊!」
「羽依里……这人,虽然有点暴力,不过她可是个好姑娘,拜托你了」
「不是这回事啊」
 嗯,还是放大门吧,回来开门就是鳄鱼……这生活真不赖。
「野美希,你也不说些什么?」
「嗯,啊~~。诶嘿嘿……哼哼。是啊」
「呜哦哦哦哦ーーー!? 整个人都变成个女孩子啦ーーー!」
「鹰原,祝你们幸福啊!」
「不是! 等下,野美希小姐!?」
 可是……抱枕也不错啊,不过,想到热带这持续的夜晚。
「如果我抱着睡的话,会不会很麻烦啊? 鹰原,你怎么看啊?」
「诶?」
「不,不是……好像,我们是不是听见啥不该听见的了?」
「抱歉。没想到你们都走到了那一步……」
「不是,别道歉啊! 应该是有误会! 我也不知道她说的什么啊!」
「哼哼……以后可有的玩了」
「野美希!?」
「哦……那我先回秘密基地了」
「我也还有特训的」
「呜哦哦哦哦! 不要带着误解离开啊!」


 刚才好像停了一下,我们又开始慢慢走了。
「刚才好像听到了良一和天善的声音,是错觉吗?」
「啊? 你完全没注意到吗?」
「是啊。因为没有水之剑斗士改了,所以我的裸体感知也出问题了」
「什么啊裸体感知」
「说回来,能回答下我刚才的疑问吗? 如果我抱着巴里睡的话,它会不会中暑啊」
「反正它也是热带的动物,没问题吧?」
「原来这样,盲点了……鹰原你可以啊」
「呜,嗯」
 可是,都转了这么久,也没见到水之剑斗士改的影子
 难不成,果然还是被海浪带走了吗?
 我们带着些许的希望,沿着海边慢慢寻找。
 到头来,我们从沙滩走到港口,一路走到了有小屋子的岩石滩。
「……啊」
「嗯,白羽吗?」
 看来这里是她钓鱼的地方,正满脸困惑地看着我们。
 她最近刻意避开人群,看来不能太麻烦她。
「上吧,鹰原」
「那个,能打扰一下吗?」
这人,就这么搭话吗……。
「嗯,稍微的话」
 白羽也很平静地回答了。
「野美希正因为水之剑斗士改不见了,挺困扰的」
「……那名字,挺帅气的」
「啊,谢谢。白羽也明白这感觉吧」
「嗯,那个玩偶呢?」
「啊,这个小家伙叫巴里」
「很普通呢」
「因为是别人送我的」
「然后,因为水之剑斗士改不见了,所以她就站不住了」
「……什么原理啊?」
「好像是因为夏天一直背着它,所以水肌变发达了」
 这词头一回听到。
「嗯,大概明白了」
 ……她好像也听懂了。
「所以,找我什么事?」
「如果看到它的话就说一声」
「知道了,如果看到的话……嗯!?」
「怎么了?」
 白羽看着海面,把鱼竿往上拉。
「好像有东西上钩」
「能钓上什么吗?」
「嗯……稍等一下」
 白羽边说着,边把绳子收了上来。
 然后……。
「那个,难不成这个是」
 白羽钓上来的东西是。
「水之剑斗士改!」
 正是我们要找的东西。


「谢谢你白羽,帮大忙了」
「不用谢,可是,为什么我总是能钓上一些不是鱼的东西呢……」
 我从白羽手里接过水之剑斗士改,背上了肩。
 至于巴里,则是抱在了怀里,从而保持住平衡。
「那么,回去吧?」
「差不多了。鹰原,今天谢谢你」
「不用在意啦,能找到挺好的」
 我再一次握上今天不知道牵了多久的手。
 然后放开手,往前走了一步。
「怎……么……?」
 眼睛里的景色开始倒下……
 地面在……接近……
「野美希!?」
 眼前……发白……


「……抱歉,鹰原」
「没事,缓过来了?」
「嗯……」
 等我反应过来,已经躺在鹰原的房间里了。
 可能是因为在大热天里到处跑,结果有点中暑了。
 虽然当时直接倒下了,幸亏巴里在下面垫着,所以没受伤。
「鹰原,今天真的抱歉了」
「没事,反正我也闲」
「再添麻烦就不好意思了,现在就回去」
「别别别,你再休息会吧」
「可是……」
「你不是一个人住吗? 出了事就麻烦了」
「可是,再这样的话」
「我也不介意的,你就好好躺着吧……」
「这样……那么,也就是鹰原你特地照顾我的?」
「你这说的……我会意识到的所以打住」
「哼哼,我知道才这么慢说的」
 我这么说着就笑了出来,鹰原也不好意思地笑了起来。
 还真是个有趣的家伙。
「鹰原」
「嗯?」
「这个夏天……谢谢你来到这岛上」
「怎么了突然」
「没啥,因为大家都玩得很开心啊,白羽那样子我都不知道多久没见过了」
「是吗……既然你们觉得开心,那我就没有白来」
「当然了,我也挺开心的」
「所以啊……你这么说我会意识到的」
「总之,我真的很感谢你」
 我继续说着。
「所以,鹰原你也好好享受这个岛吧,别管我了,出去玩呗」
 话音刚落,鹰原有点害羞地看着外面。
「不是,怎么说呢……反正也没怎么好好和你说过话,这样也挺不错的」
 然后很勉强地用平常的表情看向我。
「所以,这也是在享受这个岛的生活,不是吗」
「这样……你觉得开心就行」
 我稍微放松了一下,看着加藤家的天花板,轻轻地笑了。
 无论这是客套话还是真心话,真的很让人开心。
「那么我就先休息会儿。如果睡着了,时间差不多就叫醒我」
「行,睡前喝点麦茶吧」
 我坐起身来,补充了一点水分,然后又躺下了。
「野美希……回家后啊,如果不舒服,记得叫我」
「嗯,怎么了? 你会来吗?」
「是啊,反正我很闲,随时都能去。不过,能不能能帮上忙就不清楚了」
「是吗……」
 我想象了一下,那个除了我之外的房间,鹰原进来后的情景。
「……」
 ……原来如此。
「那么,偶尔病一下,也不是什么坏事嘛……」
 似乎,我心中的天平,稍稍往谁倾斜了那么一点点……