万葉集

来自萌娘书库
跳转至: 导航搜索

作品名:万葉集(まんようしゅう)

編者:大伴家持

延暦二年

『万葉集』(まんようしゅう、萬葉集)は、7世紀後半から8世紀後半ころにかけて編まれた日本に現存する最古の和歌集。天皇、貴族から下級官人、防人などさまざまな身分の人間が詠んだ歌を4500首以上も集めたもので、成立は759年(天平宝字3年)以後とみられる。各巻は、年代順や部類別、国別などに配列され、各巻の歌は、雑歌・相聞歌・挽歌の三大部類に分けられている。

巻第一