东方求闻口授/洩矢诹访子(文文新闻)

来自萌娘书库
跳转至: 导航搜索
< 丰聪耳神子   东方求闻口授   比那名居天子 >


Thkoushou11.jpg

第百二十三季 葉月の一
妖怪の山に異変?
第一百二十三季 叶月[1]之一
妖怪之山发生异变?
紙面から 内容简介

②またも赤い霧…紅霧異変との違いは

②再次涌出红雾…与红雾异变的不同点是

⑤紅魔館は静観の構え

⑤红魔馆决定采取静观的措施

噴火の兆候か 难道是火山喷发的预兆吗

  霧深い夏の日である。山に不気味な光で照らされた赤い霧が現れ、一部で騒然となった。

  那是在一个雾很大的夏日。山上出现了被令人毛骨悚然的光照亮的红雾,引起了很大的轰动。

  幻想郷では何故か赤い霧が出る事が多い気がするが、今回の霧は少し様子が異なる。どうやら間欠泉の奥底から大量の水蒸気と赤い光が漏れているようだ。

  幻想乡不知为何总是出现红雾,但这次的雾看样子与平时有些不一样。看样子是从间歇泉的深处涌出了大量的水蒸气跟红光。

  妖怪の山は、千年ほど昔に大噴火したのを最後に最近は大人しいが、れっきとした荒ぶる火山である。間欠泉は妖怪の山の噴火口では無いが、赤い光の柱は噴火を彷彿させて不気味だ。

  妖怪之山在大约千年前有发生过大喷发但自那之后便变得很老实了,但是仍是座活火山没错。间歇泉虽然不是妖怪之山的喷火口,但红光的柱子让人联想到喷发的样子,很是令人害怕。

  もちろん、噴火したとて我々に大きな影響は無い。千年前の噴火の時は、盛大な火祭りとして盛り上がったものだ。強いて言えば人間は全て逃げ出し、火に関係する妖怪が少し強くなる程度である。

  当然,就算是喷发了也不会有太大影响。千年前喷发的时候,甚至被当做盛大的镇火节搞得很是热闹。要说的话就是人类全都会逃走,与火相关的妖怪会稍微变强点的程度。

  果たして、突如として現れた赤い光の柱は噴火と関係があるのだろうか。

  不知这突然出现的红色的光柱与喷发有什么关系。

「噴火じゃ無いよ。あの赤い光はマグマじゃなくて核融合炉の光だもん。太陽と同じ光だよ」

“才不是喷发呐。那个红色的不是熔岩是核融合炉的光。是跟太阳一样的光”

  間欠泉センター関係者の守矢諏訪子さん(神様)はそう語る。マグマは、鬼が入る位熱いと言われるいわゆる『鬼神泉』の事である。地獄には沢山あるが、地上には滅多に無い。

  间歇泉中心的关系者洩矢诹访子女士(神)这么说道。熔岩是指鬼能够进去泡温泉程度的温度的火,俗称“鬼神泉”。地狱虽然有很多但地上很少。

「噴火は関係無いよ。もし噴火に関わる何かが起こったとしても、私が日付を調整するから……」

“跟喷发没关系哦。即使发生了跟喷发有关的什么事,我也会调整喷发的日子的……”

  彼女は大地の神でもあるらしい。つまり噴火を調整するだけの力が有るのだろう。自信満々にそう語った。

  据说她是大地之神。就是说应该有着能够调整喷发程度的力量吧。她自信的这么说道。

  しかし、幻想郷が閉ざされてからの噴火はまだ無い。当然、我々天狗や河童も避難しなければならないだろう。中でも人間は完全に逃げ場を失う事になる。噴火に対する準備さえしてあれば、一時的に逃す事も容易いだろうが……。

  但是,自从幻想乡被隔离后还未发生过喷发。当然,我们天狗跟河童也必须避难。人类或许会完全的失去逃生之路。但如果事先准备好对喷发的对策的话第一时间让人类逃脱也是没问题的……

(射命丸 文)

(射命丸文)


东方求闻口授 ~ Symposium of Post-mysticism.


本模板所包含条目,其原文及译文均来自THBWiki。感谢THBwiki提供原文及翻译文本。

  1. 叶月:日本历八月。根据新闻的时间和内容,这个时间发生在地灵殿的故事几个月前,所以有可能这个事件就是由神奈子给予空八咫乌的力量所引起的。