东方求闻口授/物部布都

来自萌娘书库
跳转至: 导航搜索
< 封兽鵺   东方求闻口授   苏我屠自古 >


Futo2.png

古代日本の尸解仙
物部布都 Mononobe no Futo

能力 風水を操る程度の能力
危険度
人間友好度 不明
主な活動場所 人間の里等

  長い間、自分自身に呪いをかけて眠っていた古代人である。一旦死ぬ事で輪廻転生の輪から外れる、という方法で不老不死の仙人を目指している。実際にはそう上手く行くはずもなく、やはり死神に目を付けられているそうだ。

  同じ手段で現代に生きる豊聡耳神子に比べて幻想郷に馴染めていなく、順応性が低いと思われる。それは過去の彼女を見ても窺うことが出来る。生前(?)も、大陸から来た仏教に馴染めず、古来から信仰されていた神道に近い道教にすがったのだ。現在も豊聡耳神子に仕えると共に、道教を信仰している、筈だが、行っている術や格好は、まだ何か中途半端に過去の遺物を引きずっているようである。だがしかし、それが彼女の持ち味とも言える。

  能力は申し訳程度に風水に関係する物、という言い方をしている(*1)が、彼女のそれは自然信仰という意味で神道のそれと余り変わらない。道教の勉強をする前から身に付けていたものを、そのまま今の能力としている。その為、何処か古くさいのに伝統の重みを感じない。

  性格は温厚なのだが、考え方も古代のまま変化していないのか普通の人間とは完全にずれており、その点に置いては仙人らしい風格を持っているとも言える。
  現在は豊聡耳神子と行動を共にしたり、独自に修行(*2)に励んでいるという。

尸解仙

  仙人の一番の大仕事は、寿命と戦う事である。死神との争いという形になる事が多いが、それは容易な事では無い。仙人とは、人間以上に死なないよう努力し続ける種族だとも言える。

  そんな中でも、尸解仙は既に死んだ者として振る舞い、寿命から逃れようとする仙人である。

  尸解仙になる方法は様々であるが、彼女が行った方法は「肉体を完全に捨てて、何かの物体に魂を宿らせる。然るべき時が来たらその物体が自分の姿になり、代わりに屍は物体へと変化する」という物らしい。彼女が使った物体はお皿だそうだ(*3)。

  実は復活する際に肉体を捨てているので、ある程度自由な姿に変化できるのだが、多くの尸解仙は元に近い姿を取るのだという。それはある程度自分の姿に愛着を持っていたり、他の人に認識してもらう為である。彼女もそんな感じで古風な姿をしているが、豊聡耳神子は現代に合わせた姿に変えたそうだ。

対処法

  本人はただ修行し、自分の力が増していく事が楽しいだけの様だ。人間に敵対心は無さそうに見える。恐れる事は無いだろう。
  逆に妖怪に対しては理由無しに敵対心を持っている様である。おそらく、幻想郷のルールに馴染めず、人間が妖怪に怯えていた頃の記憶で動いているのだろう。その為、彼女の周りには争いが絶えないようだ。

  人間を妖怪から助けてくれる事もあるが、彼女の周りには必要では無い争いが多く、どちらかというと迷惑である。近くに居ない方が賢明だ。

(*1)能力は自己申請。
(*2)と、時差ボケを治す事。
(*3)同様の手段で復活した豊聡耳神子は、宝剣だという。

古代日本的尸解仙
物部布都 Mononobe no Futo

能力 操纵风水的能力
危险度
人类友好度 不明
主要活动场所 人类村落等

  通过长时间自己诅咒自己从而沉眠的古代人。以一旦死去就从轮回转生之轮脱离出来这种方法达成不老不死的仙人。但实际进行时却没这么顺利,结果还是要被死神看见并找上门来的样子。

  比起用同样的手段在活到现在的丰聪耳神子,她似乎并不亲近接纳幻想乡,大概是适应能力低的缘故。这个能从过去的她当中窥看出一二。在生前(?)也没有接纳从大陆传来的佛教与自古以来的神道教,反而信仰了道教,于是理所当然的,使用的法术和模样也不彻底的拖着过去落伍那套的影子。不过,这倒不如说是她的作风好了。

  虽然自己辩解说能力是跟风水有关的东西(*1),不过对她来说这种自然信仰的意义跟神道的那方面根本没多大变化。在学习道教之前自己身上已经存在的东西,也继续成为了现在的能力而行使着。就因为这样,她身上的什么地方总是能和某种古老的传统感相重叠。

  虽然性格温厚,但思考方式也跟古时一直亳无变化,与普通人完全脱节了,然而且姑且不论这点的话,也可说是很有仙人那种风格。
  现在有时候会和丰聪耳神子一同行动,有时候则自己一人在努力修行(*2)。

尸解仙

  作为仙人的最重要的一件事,就是跟寿命斗争吧。由此演变而成的跟死神战斗的形式也很多,但这并非什么容易的事。仙人可以说是,人类为了到达不死而一直不断努力的种族。

  其中,尸解仙就是既能让已死的人的复活,又能逃过寿命限制的仙人。

  成为尸解仙的方法有很多,她所用的方法似乎是“完全舍弃肉体,把灵魂寄宿到某个对象之上。到适当的时候,这对象就会变成自己的姿态,取而代之尸体就会变化为对象的姿态”。她所使用的对象看来是皿(*3)。

  虽说事实上复活的时候会舍弃自己的肉体,变化成什么姿态在某程度上是自由的,但多数尸解仙都会选择变回原来自己近似的姿态。这是因为对自己外表的某种程度的怀恋,以及想为了让他人能认知自己吧。因此她变成了这种感觉很古风的姿态,而神子则变成了这种比较跟现代合得来的姿态。

对应方法

  本人仅仅是对修行以及不断增加自己力量这样的事相当享受而已。似乎对人类没有敌对心。应该是无须害怕她的。
  但反过来却对妖怪抱有无缘由的敌意的样子。恐怕是过去还是人类时对妖怪存有恐惧的记忆在作怪吧。就因为这样,围绕在她身边的战斗也从没停息过。

  虽然她也会从妖怪手上救出人类,但发生在她身边的本来没必要的战斗也多得很,不管哪个都令人烦恼。所以最好还是不要靠近她。

(*1)能力是自己申请的。
(*2)例如说,治好自己的时差问题。
(*3)用同样的手段复活的丰聪耳神子,使用的是宝剑。


东方求闻口授 ~ Symposium of Post-mysticism.


本模板所包含条目,其原文及译文均来自THBWiki。感谢THBwiki提供原文及翻译文本。