东方求闻口授/茨木华扇(文文新闻)

来自萌娘书库
跳转至: 导航搜索
< 魔理沙&琪露诺   东方求闻口授   ZUN的后记 >


Thkoushou17.jpg

第九十五季 卯月の三
霞網の是非は如何に?
第九十五季 卯月[1]之三
霞网问题将如何解决?
垂直に張られた網の正体とは 垂直张开的网的真面目是

  霞網の是非に関わる協議会が行われた。霞網とは、山中に垂直に張られた網の事で、寝ぼけていると引っかかったりしてしまう為、見つけ次第撤去をするのだが、またすぐに張り直されたりといたちごっこを繰り返していた。長らく誰が何の為に張ったのか不明であったが、最近その謎が解明した。

  今日举办了有关霞网的协议会。所谓霞网,是指在山中垂直张开的网,由于如果睡迷糊了的话就有可能会上当,所以一经发现就会立刻拆除掉,但每次拆掉后很快便有人再次安上,长时间不知是什么人为了什么安的,但最近这个谜团终于被解开了。

  霞網は、空中に漂う霞を集める為に張られているのだという。霞は仙人の主食であり、比較的高値で取引が行われているとされる。その装置を発明したのは河童だ。

  霞网是为了收集空中漂浮的霞张开的。霞是仙人的主食,能卖不错的价格。发明这个装置的便是河童。

  霞を捕まえて売る事が出来れば確かに経済が潤うだろう。しかし、網のお陰で鳥達にも被害が出ているという問題点も無視できず存在し、協議会は白熱した。

  如果能捕到霞卖掉的话确实能赚很多钱。但是,因为网的缘故,也有很多鸟类被误捉了。协议会在这点上吵得很热闹。

  妖怪の山に住む仙人、茨木華扇さんはこう語る。

  住在妖怪之山上的仙人,茨木华扇小姐如此说道。

「あ、いや、霞って……網で捕まえるもんだったんですか? それはともかく、野生の鳥に被害が出るのであれば、禁止した方が良くありませんか?」

“啊,不,霞什么的……原来是用网捕捉的东西吗?先不管那个,如果野生的鸟会受到伤害的话,就应该停下来吧?”

  河童は、野生の鳥に被害が出るのであれば被害が出ないように改良するだけだ、我々には霞を取る権利がある、とあくまで強気だ。

  河童始终坚持说那只要改良成不会让野生的鸟受到伤害的网就可以了,她们有捕捉霞的权利。

  それに対し、華扇さんは、

  华扇小姐关于这点如此说道,

「霞ばっかり食べたりしないですよ。それに食べたとしてもその辺で簡単に手に入りますし……。わざわざ買う人が居るんですか?」

“我也不是只吃霞的。而且食物什么的随地都有的……会有人特地买吗?”

  協議会での結論は「空を飛ぶ生き物に影響ある網は禁止」という事になった。程なくして河童は霞のみを捕まえる新型の霞網を開発したようだが、霞自体の販売が上手くいかず霞網は減っていくだろうと予想される。ただし、霞を効率よく捕まえる技術は何かに活かされる事だろう。

  协议会的结论是“禁止使用对飞天的生物有影响的网”。虽然没过多久河童就研究出了只会捕捉到霞的网,但由于买霞的人没有预想的多所以霞网照理说应该会变得越来越少吧。但是,能够有效率的捕捉到霞的这种技术肯定会在某些别的地方派的上用场的。

(射命丸 文)

(射命丸文)


东方求闻口授 ~ Symposium of Post-mysticism.


本模板所包含条目,其原文及译文均来自THBWiki。感谢THBwiki提供原文及翻译文本。

  1. 卯月:日本历四月。